モバレコエアーとWiMAXホームルーターを比較!どっちがおすすめ?

※当記事はPRを含みます。
※カシモWiMAXは株式会社マーケットエンタープライズの関連会社、株式会社MEモバイルが運営しています。

オンラインゲームやYouTubeの動画を快適に楽しむため、ホームルーターの導入を検討されている方も多いのではないでしょうか。

しかし、どこも同じようなサービスに見えて、何が違うのか・何を基準に選べばいいのか、悩んでしまいますよね。

そこで本記事では、ホームルーターの中でも人気が高いモバレコエアーとWiMAXのホームルーターを比較しました。

1分でわかる!記事の内容
  • モバレコエアーもWiMAXも5G通信が実質無制限で使える
  • 通信速度が速いのはWiMAXのホームルーター
  • WiMAXプロバイダの中でもカシモWiMAXがおすすめ

【結論】モバレコエアーよりもWiMAXがおすすめ

結論から言うと、モバレコエアーよりもWiMAXの方がおすすめです。

どちらも5G通信が無制限で利用できるホームルーターですが、料金や端末はそれぞれ大きく異なります。

契約してから後悔しないために、事前にしっかり比較しておきましょう。

ここでは、端末代金や通信速度、キャンペーンの受け取りやすさなどの点から、どのような点がおすすめなのか解説していきます。

(1)WiMAXのほうが端末代金が安い

ホームルーターを利用する際には、端末購入をする必要がありますが、端末代金はプロバイダごとに異なります。

(税込) モバレコエアー
Airターミナル5
カシモWiMAX
HOME 5G L13
端末代金 71,280円
実質無料
27,720円
実質無料
割引サポート -1,980円/36回 -770円/36回

モバレコエアーの場合は、Airターミナルを71,280円(税込)で販売しており、これはWiMAX HOME 5G L13の倍以上です。

端末代金は割引サポートで実質無料になるものの、分割払いの途中で解約すると残債が発生します。

例えば分割36回払いを1年で解約する場合の残債は、Airターミナルが47,520円(税込)、WiMAX HOME 5G L13が18,480円(税込)です。

このように、端末代金によって解約時にかかる費用が異なります。利用期間が決まっていない場合は、端末代金が安いものを選んでおきましょう。

(2)WiMAXのほうが通信速度が速い

通信速度 モバレコエアー
Airターミナル5
カシモWiMAX
HOME 5G L13
最大速度 下り:2.1Gbps
上り:非公開
下り:4.2Gpbs
上り:286Mbps
平均速度 下り:114.01Mbps
上り:11.2Mbps
下り:157.97Mbps
上り:25.35Mbps

上記の表を見るとわかるように、最大速度・平均速度ともにWiMAX HOME 5G L13の方が優れています。

最大速度とは、技術規格上の通信速度の最大値で実際にその速度が出るわけではありません。

平均速度は、実際に利用している人のデータから平均値を求めたもので、自分が使うときの速度に近いものです。比較する際には平均速度に注目しましょう。

一般的にはネットを快適に利用できる通信速度は、下り30Mbps以上、上り10Mbps以上と言われています。

どちらの平均速度も目安以上ですが、速度重視で決めるなら目安を大幅に上回るWiMAXを選んだ方がよいでしょう。

(3)WiMAXのほうがキャンペーンが適用されやすい

(税込) モバレコエアー
Airターミナル5
カシモWiMAX
HOME 5G L13
月額割引 1ヵ月目:1,320円
2〜12ヵ月目:3,080円
13〜36ヵ月目:4,180円
37ヵ月目以降:5,368円
1ヵ月目:1,408円
2ヵ月目以降:4,818円
キャッシュバック 17,000円
キャッシュバック
Amazonギフト券
10,000円分
キャッシュバック
受け取り条件
24ヵ月間の継続利用 なし

上記はモバレコエアーとカシモWiMAXのキャンペーンを比較したものです。

どちらも月額割引やキャッシュバックで、お得に利用できることがわかるでしょう。

月額割引やキャッシュバック額をみると、モバレコエアーの方がお得に感じますが、24ヵ月間の継続利用が条件です。

カシモWiMAXなら継続利用などの条件がないだけではなく、オプション加入や手続きも不要でキャッシュバックを受け取れます。

キャンペーン条件はサービスによって異なりますが、不安な方は複雑な条件がないカシモWiMAXのようなサービスを選びましょう。

WiMAXの最新キャンペーンを比較した記事もありますので、あわせてご確認ください。

モバレコエアーとWiMAXホームルーターの違いを比較

モバレコエアーとWiMAXは、どちらも工事不要で即日開通でき、非常に便利です。では、どのような点が違うのでしょうか。

  1. ルーターの性能を比較
  2. 通信回線・対応エリアを比較
  3. 通信速度(実測値)を比較
  4. 月額料金・セット割引を比較
  5. 端末代金を比較

(1)ルーターの性能

モバレコエアーはソフトバンクエアーと同じルーターを利用しており、通信品質はソフトバンクと同じです。

またWiMAXにも様々なプロバイダがありますが、同じWiMAXならルーターの品質は変わりません。各ホームルーターの性能をまとめたので、ぜひ参考にしてください。

モバレコエアー
Airターミナル5
WiMAX
HOME 5G L13
端末画像 HOME 5G L13
下り最大速度 2.1Gbps 4.2Gbps
上り最大速度 記載なし 286Mbps
5G対応
サイズ
(高さ×幅×奥行)
約225×103×103mm 約W100×H207×D100㎜
重さ 約1,086g 約635g
同時接続台数 128台 WiFi:32台
有線LAN:2台
工事 不要 不要
開通 即日 即日

モバレコエアーは「Airターミナル5」、WiMAXは「Speed Wi-Fi HOME 5G L13」が最新機種です。

どちらも5G対応のホームルーターで、両者ともに工事が必要なく、ルーターをコンセントに挿すだけで即日開通できます。

大きな違いは下りの最大通信速度で、WiMAXは4.2Gbpsの高速通信が可能です。できるだけ通信速度を速くしたい方は、WiMAXを選ぶとよいでしょう。

なお、「〇〇WiMAX」と名前のつくサービスは、すべてUQ WiMAXの回線を使っています。そのため、各WiMAXプロバイダの速度を比較しても、ほとんど変わりません。

速度の「上り」「下り」とは?

メール送信やデータアップロードに関わるのが「上り」、メール受信や動画視聴などに関わるのが「下り」です。


ネット利用では特に下りが重要になるので、速度を重視する方は、なるべく下り速度の数字が大きいルーターを選びましょう。


1,000ごとに単位が変わり、kbps<Mbps<Gbpsの順に大きくなります。

通信速度の目安

快適にお家時間を楽しむにあたり、どのくらいの通信速度があればよいのか把握しておきましょう。

用途必要下り速度目安
Webサイト閲覧1Mbps
LINE(トーク)1Mbps
LINE(ビデオ通話)0.5Mbps〜1.5Mbps
X(旧Twitter)閲覧2Mbps〜3Mbps
YouTube視聴0.7Mbps〜5Mbps
オンラインゲーム30Mbps〜100Mbps

通信速度は、データの読み込み速度である下り速度が重要です。

基本的には、1MbpsあればWeb閲覧やLINEトークといった基本的な操作はできます。

X(旧Twitter)は、画像や動画などのコンテンツがある場合は、3Mbps程度あると安心です。3Mbpsなくてもテキストのみの読み込みなどはできるでしょう。

動画サイトは画質によって必要な容量が変わりますが、低画質であれば0.7Mbps程度でも再生可能です。ただし、高画質動画になると5Mbps以上は欲しいところです。

オンラインゲームなどを快適に行うなら30〜100Mbpsあるとよいでしょう。

check!

・速度重視なら、WiMAX「Speed Wi-Fi HOME 5G L13」がおすすめ

・実測値で30〜100Mbpsあると快適

(2)通信回線・対応エリア

WiMAXは複数のプロバイダがありますが、利用回線や品質はどれも同じです。

そこで今回は、WiMAXプロバイダの中でも人気が高い「カシモWiMAX」とモバレコエアーを比較します。

モバレコエアー カシモWiMAX
使用回線 ソフトバンク5G
4G LTE
4G
au 5G
au 4G LTE
WiMAX2+
エリア検索 こちら こちら
エリアの広さ
ビル内での
繋がりやすさ

モバレコエアーはソフトバンク回線を利用しています。低い周波数帯を使えるため、モバレコエアーはビル内でも電波が届きやすいのが特徴です。

ただし、使用エリアの範囲は狭く、お住まいの地域では利用できない可能性があります。5G対応エリアも狭いので、必ず事前にエリア検索をしましょう。

対して、WiMAXが利用しているのはau回線とWiMAX回線です。WiMAXは対応エリアが広いのが特徴で、速度が速いというメリットがあります。

通信も安定しているので、転勤が多い方や、地方にお住まいの方には特におすすめです。WiMAXのサービスエリア・対応エリアの確認方法も確認してみてください。


check!

モバレコエアーはビル内で繋がりやすいのが魅力

・地方エリア住まいの方、転勤などが多い方にはWiMAXがおすすめ

(3)通信速度(実測値)

モバレコエアーとWiMAXの実際の通信速度はどれくらいなのでしょうか。みんなのネット回線速度では、下記のようなデータが出ていました。

モバレコエアー
Airターミナル5
WiMAX
HOME 5G L13
平均Ping値45.4ms44.35ms
下り
平均速度
114.01Mbps157.97Mbps
上り
平均速度
11.2Mbps25.35Mbps

Ping値とは、情報伝達の時間を数値化したものです。オンラインゲームの快適性を左右する要素で、Ping値が小さいほどレスポンスが早くなります。

下り速度はデータを受信する速度、上り速度はデータを送信する速度で、どちらも値が大きいほど速いと言うことです。

モバレコエアーとWiMAXの通信速度を比較したところ、どの数値を見てもWiMAXの方が速いことがわかりました。

(4)月額料金・セット割引

WiMAXとモバレコエアーが行っているセット割引は下記の通りです。

プランの詳細は、各プロバイダに問い合わせてみてください。

カシモWiMAX 縛りなしSA端末プラン(購入:36回払い)

WiMAXプロバイダの中でも人気の高いカシモWiMAXの「縛りなしSA端末プラン」を紹介します。

カシモWiMAXは、価格.comのモバイル回線プロバイダ人気ランキング(※)で2年連続第1位を獲得している人気のプロバイダです。

※ 価格.com モバイル回線プロバイダ人気ランキング2023年(集計期間:2023年1月1日~2023年12月31日)

カシモWiMAX 月額料金(税込)
基本料金 4,818円
初月 1,408円
端末代(36回) 770円
端末分割払いサポート(36回) -770円

上記の他にも、様々な割引があります。

  • 自宅セット割(最大1,100円/月)
  • auスマートバリュー(最大1,100円/月)

カシモWiMAXは料金体系が非常にシンプルでわかりやすいのが魅力です。

2ヵ月目以降から料金が変わらず、契約解除の際にかかる違約金もなく、安心して契約ができます。長期間の契約をしたい方には特におすすめです。

さらに、auまたはUQモバイルのスマホユーザーは、セット割が適用されるため月額料金が最大1,100円(税込)の割引になります。

au・UQモバイルを利用している人はさらにお得になるので、ぜひカシモWIMAXをチェックしてみてください。

check!

長期間契約を検討しているなら、カシモWiMAXがおすすめ

モバレコエアー(購入:36回払い)

モバレコエアーの料金プラン詳細は下記の通りです。

モバレコエアー 月額料金(税込)
基本料金 5,368円
1ヵ月目 1,320円
2~12ヵ月目 3,080円
13~36ヵ月目 4,180円
端末料金(36回分割) 1,980円
月月割 -1,980円

モバレコエアーは、36ヵ月間の利用料金が非常に安いのが特徴です。

ただし、36ヵ月目以降はキャンペーン適用がなくなり、5,368円(税込)に跳ね上がるデメリットもあります。

また、解約手数料はないものの、端末代を分割購入した場合は解約時に一括支払いが必要です。

「月額料金が高く不満だけれど、残債の一括払いができないので仕方なく契約を続けた」ということがないように、よく検討しておきましょう。

check!

短期契約を検討している方は、モバレコエアーがおすすめ

また、モバレコエアーは以下の割引を実施中です。

  • おうち割 光セット(最大1,650円/月)

ソフトバンクまたはワイモバイルのユーザーは、月額料金が最大1,650円(税込)割引になるセット割があります。

この割引は価格が変動せず、ずっと続くものなのでソフトバンク・ワイモバイルでスマホを契約している人はぜひチェックしてみてください。

(5)端末代金

モバレコエアーとWiMAXの端末代は下記の通りです。

WiMAXはプロバイダによって端末代金が若干異なるため、弊社の関連会社であるMEモバイルが運営するカシモWiMAXと比較します。

端末名 端末代金(税込)
モバレコエアー
Airターミナル5
71,280円
→月月割(36回)の適用で実質0円
カシモWiMAX
HOME 5G L13
27,720円
→分割支払いサポート
(36回)の適用で実質0円

WiMAXのSpeed Wi-Fi HOME 5G L13は、一括払いでも手が届きやすい金額です。

カシモWiMAXのようにプロバイダによっては毎月の割引で実質無料、もしくはキャッシュバックで実質0円になることもあります。

モバレコエアーは端末代金が高額ですが、月月割を適用することで実質0円での購入が可能です。

ただし、分割払いで実質無料になる場合、分割途中で解約すると残債が発生する点には注意しましょう。

残債支払いが発生する可能性を考慮すると、端末代が安いWiMAXのほうがおすすめです。

check!

安いWiFiルーターなら、WiMAXのほうがお得

モバレコエアーとWiMAXホームルーターの共通点は?

ここからは、モバレコエアーとWiMAXの共通点を2つご紹介します。

(1)実質無制限に使える

モバレコエアーもWiMAXも、データ容量無制限で利用できます。

以前は3日間10GBの上限がありましたが、撤廃されたため実質無制限で使えるようになりました。

いずれも「短期間に大量のデータ通信をすると制限がかかる可能性がある」としています。

しかし、大量に使っても通常通り使えたという声も多いため、速度制限はほとんどないと考えてよいでしょう。

(2)工事なしですぐに使える

モバレコエアーとWiMAXのホームルーターは、どちらも直接コンセントに挿します。

「LANケーブルが絡まるのは困る」「ルーターの配線がごちゃつくのが嫌」という方には、うってつけです。

シンプルなデザインでさほど大きくないので、インテリアの邪魔をすることもないでしょう。

光回線のような開通工事は必要なく、ルーターが届けば即日開通できるので大変便利です。

工事費用が必要ないのもうれしいワン


モバレコエアーとWiMAXの評判を比較

モバレコエアーとWiMAXの実際の評判はどうなのでしょうか。ここではユーザーからの口コミ・評判を紹介します。

【WiMAX】実質無制限で利用できる

速度制限が撤廃され実質無制限で使えることを好意的にとらえる口コミが多数ありました。

データ容量の制限がないので、データ容量を気にせず利用できるのは大きなメリットです。

とはいえ、やはり使いすぎると通信制限がかかることもあります。

明確な基準があるわけではありませんが、短時間に大量に通信するときは注意が必要です。

【WiMAX】通信が安定していて速い

「他社からの乗り換えでより快適になった」「通信が安定している」という口コミも目立ちました。

ただし、エリアによっては繋がりにくいこともあるようです。

WiMAXは、UQ WiMAXが「Try WiMAX」という15日間のお試しを行っています。

お住まいの地域でどのような通信状況になるか確認することができ、非常に便利です。

WiMAXのプロバイダは同じ回線と端末を使用するため、通信の品質は同じです。もし気になるようであれば「Try WiMAX」を申し込んでみましょう。

【WiMAX】スマホと合算してもコスパがよい

コスパの良さもWiMAXの魅力のひとつといえます。

スマホとホームルーターをWiMAXにすることで、月額料金を下げられた方もいらっしゃるようです。

ただし、会社やプランによっては解約時に手数料・端末の残債などを請求されるケースがあります。

カシモWiMAXのように36回払いで実質0円にできるサービスもあるので、解約時の出費を減らすための対策も考えておきましょう。


WiMAXの評判
  • 3日間170GB以上使っても制限されなかった
  • 通信が安定している
  • スマホと合算しても安い

【モバレコ】月額料金が安い

モバレコエアーは36ヵ月目まで月額割引が続く、かなり割安な料金体系です。

端末代を分割払いにすると残債を解約時に一括払いする必要がありますが、2年間の通信費が抑えられるのは大きなメリットでしょう。

ただし、37ヵ月目からは5,368円(税込)と金額がかなり上がるため、長期利用する場合は注意が必要です。

【モバレコ】通信が安定している

ライブ配信など通信の安定性が重要なエンタメも、快適に楽しめるという口コミもありました。

ただし、地方エリアなどは通信が遅くなることが多いようです。

モバレコエアーはWiMAXとは違いお試しができないため、エリア検索や口コミでお住まいの地域がどのような状況かをよく確認しておきましょう。

【モバレコ】キャンペーンがお得

時期によってはキャッシュバックキャンペーンも行っているようです。

高額キャッシュバックが受けられるなどの口コミが多数ありました。

しかし、手続きに手間がかかるのがデメリットです。

手続きにはFAXが必要なうえ、1年後にキャッシュバックされるなどタイムラグもあるというものです。

キャンペーン内容や条件は申し込み時期によって異なりますので、公式サイトの記載されている情報に必ず目を通しておきましょう。

モバレコエアーの評判
  • 24ヵ月目までの月額料金が安い
  • ライブ配信も快適に見れる安定性
  • キャッシュバックキャンペーンがお得

WiMAXなら「カシモWiMAX」がおすすめ!

カシモWiMAX

WiMAXを利用するプロバイダであれば、エリアの広さや通信の品質は同じです。

WiMAXを契約するなら、弊社の関連会社であるMEモバイルが運営するカシモWiMAXをおすすめします。

カシモWiMAXは、シンプルな料金プランとキャッシュバックの受け取りやすさに定評のあるプロバイダです。

(税込) カシモWiMAX
契約初月 1,408円
契約翌月〜 4,818円
端末分割代金(36回) 770円/月
端末分割払い
サポート(36回)
-770円/月
月額料金 4,818円

カシモWiMAXは初月が1,408円(税込)、翌月以降はずっと4,818円(税込)で利用可能です。

端末を36回の分割払いで購入すると、月々の分割代が割り引かれて実質0円で手に入るのもカシモWiMAXの大きな強みです。

3年以上の契約を考えている方は、分割払いで申し込んでホームルーター本体にかかるコストを削減しましょう。

なお、当サイト限定でAmazonギフト券が10,000円分もらえるキャンペーンも実施中ですので、以下のボタンからお申し込みください。

▼WiMAXをもう少し比較してから検討したいという方は、WiMAXプロバイダを比較してどこがおすすめかを紹介しているこちらの記事をあわせてご一読ください。

モバレコエアーとWiMAXに関するよくある質問

ここでは、モバレコエアーとWiMAXについて、よくある質問をまとめます。

モバレコエアーとソフトバンクエアーは何が違うの?

モバレコエアーとソフトバンクエアーの最も大きな違いは、月額料金です。

基本料金はどちらも月額5,368円(税込)ですが、モバレコエアーは独自の割引制度を導入しているため、ソフトバンクエアーに比べて安く利用できます。

端末や通信回線は同じなので、料金が安いモバレコエアーの方がおすすめです。

WiMAXとモバレコエアーどっちがおすすめ?

WiMAXとモバレコエアーを比較すると、WiMAXの方がおすすめです。

ルーターや通信の品質が大きく変わらないのに対し、端末代金が安いことやキャンペーンが適用されやすいなど、メリットが多くあります。

WiMAXプロバイダの中でもカシモWiMAXは、業界最安級のシンプルな料金が人気です。

モバレコエアーはなぜ安いの?

モバレコエアーが安いのは、ソフトバンクエアーと同じ通信回線・端末を使っているからです。

基地局を持っているソフトバンクエアーと違い、モバレコエアーはソフトバンクエアーの回線や端末を借りて提供しています。

そのため、通信施設の維持費や端末の開発費を抑えることができ、安い料金で提供できているのです。

WiMAXとモバレコエアーの違いは何?

WiMAXとモバレコエアーの違いは、通信回線・端末・料金の3つです。

WiMAXはUQ WiMAXの通信回線を使っているのに対し、モバレコエアーはソフトバンクの通信回線を使っています。

使っている端末も、WiMAXはHOME 5Gシリーズ、モバレコエアーはAirターミナルシリーズです。

月額料金・端末代金もそれぞれの会社で異なり、WiMAXは4,500円前後、モバレコエアーは契約月によって3,000円〜5,000円となっています。

モバレコエアーのデメリットは?

モバレコエアーのデメリットは以下の通りです。

  • デメリット(1) キャッシュバックの受け取り条件が複雑
  • デメリット(2) Airターミナル5の端末代金が高い
  • デメリット(3) 通信速度が他のホームルーターに劣る

モバレコエアーのデメリットはキャッシュバックの受け取り条件が複雑な点です。

端末の新規購入・2年間の継続利用・契約後の手続きが必要で、条件に当てはまらない場合はキャッシュバックが受け取れません。

また、端末の本体代金が高い割には、通信速度はそれほど速くなくコスパが悪いと言えます。

端末代金は月月割で実質無料になるものの、途中で解約する場合は残債が発生するため注意が必要です。

キャッシュバックの受け取りやすさや端末代金、通信速度を考慮すれば、WiMAXを選んだ方がよいでしょう。

モバレコエアーとWiMAXを比較した結論

今回は、モバレコエアーとWiMAXを比較しました。

料金プランがわかりやすい方がいい
・端末代金を安く抑えたい
通信速度の速さを重視したい
・キャッシュバックは受け取りやすさ重視
月額割引でお得なサービスを選びたい
・ソフトバンク回線を無制限で使いたい
キャッシュバックの金額を重視したい
・ソフトバンク・ワイモバイルユーザー

モバレコエアーは、3年間続く月額割引やキャッシュバック特典が魅力です。

一方でWiMAXは、高性能ルーターがモバレコエアーの半額以下で購入でき、キャッシュバックは手続き不要で受け取れます。

通信状況は、お住まいの地域によって変わるので、エリア検索や口コミで判断しましょう。

もし通信状況を試したければ、UQ WiMAXの「Try WiMAX」を利用してみるのもおすすめです。快適なネット環境を整えて、ぜひおうち時間を楽しんでくださいね。

▼モバレコエアーを解約してWiMAXを利用したい方は、モバレコエアーの解約方法を解説している記事もあわせてご一読ください。