WiMAXサービスエリアの確認方法!エリア外だった時はどうする?

※当記事はPRを含みます。
※カシモWiMAXは株式会社マーケットエンタープライズの関連会社、株式会社MEモバイルが運営しています。

「WiMAXを契約しようと思っているけれど、住んでいる地域がエリア内かわからない」ということもあるでしょう。

そこで今回はWiMAXのサービスエリア確認方法や、エリア外だった時の対処法について解説します。

これからWiMAXを契約しようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1分でわかる!記事の内容

WiMAXエリア判定をする前の基礎知識

「WiMAXってプロバイダがたくさんあるけど、何が違うの?」という疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでここでは、WiMAXの基礎について解説します。

どのWiMAXも通信エリアは同じ

WiMAXには20種類以上のプロバイダがありますが、通信エリアや通信の質は全く同じです。

auUQ WiMAXカシモWiMAXなど、WiMAX系列はすべて同じ回線を利用しています。ルーターも同じ製品を利用しているプロバイダがほとんどです。

唯一異なるのは月額料金なので、WiMAXを契約する際は月額料金を比較してみてください。

WiMAXの回線は全部で3種類

WiMAXの回線は下記の3つです。3つの中から最も繋がりやすい回線に自動接続されます。

  • au5G:エリア拡大中の次世代回線(現在は首都圏など一部エリアのみ)
  • au4GLTE:広い範囲で安定して使えるauの通常回線
  • WiMAX2+:WiMAX独自の高速モバイル通信回線

ただし、5G回線は最も高速に通信できますが、現在都心などの一部エリアのみ提供されています。

現在もエリアを拡大中なので、今後郊外でもつながることが可能かもしれません。

郊外エリアではau 4G LTEかWiMAX2+に接続されることが多いでしょう。

WiMAXのエリア確認方法

WiMAXがお住まいの地域で通信できるか、どのように確認すればよいかを解説します。

サービスエリアマップで確認する

下記は、WiMAXの公式サイト内にあるサービスエリアマップです。

利用予定のエリアを選ぶと対応エリアかどうかが表示されます。利用場所の番地などの細かい住所がわからない場合でも、気軽に検索することができ便利です。

引用:UQ WiMAX

サービスエリアマップに表示される色は、ピンク・オレンジ・黄色の3色です。

「5G sub6」と「5G NR化」は共に5G通信です。しかし5G NR化は4Gの基地局を利用しており、4Gの速度とあまり変わりません。

仮にお住まいのエリアが5G対応していなくても、快適に通信できることには変わりないので安心してください。

【現在は非対応】ピンポイントエリア判定で確認する

現在、「ピンポイントエリア判定」は利用できません。

従来のピンポイントエリア判定は、ご自宅や仕事場など特定の場所でWiMAXが繋がる〇」「〇~△」「△」「×」の4段階で判定していました。

しかし現在はサービスエリアマップの普及により、ピンポイントエリア判定は利用できません。

お住まいの地域の通信状況は、サービスエリアマップで確認しましょう。

WiMAXのサービスエリアの見方

ここでは、サービスエリアの見方や、エリア外だった場合の対処法について解説します。

4Gエリア内・5Gのみエリア外だった場合

4Gはエリア内、5Gはエリア外という場合は、5G通信は利用できない可能性が高いです。

現状、5G通信は一部エリアのみ対応となっており、全てのエリアで接続することはできません。

しかしWiMAXは、au 4G LTEやWiMAX2+といった4G回線が利用できます。日常生活で不便を感じることはほぼないため、安心してください。

なお、5Gエリアは首都圏を中心に拡大中なので、今後利用できるようになるかもしれません。

前述のサービスエリアマップで今後拡大予定の地域を確認できますので、気になる方は随時チェックしてみてください。

4Gも5Gもエリア外だった場合

WiMAXのサービスエリアマップで、どの色にも属していないエリアがあります。このエリアはサービス対象外で、WiMAX回線が利用できません。

サービス対象外の場合は、下記の対処法があります。

  • 対象エリアになるまで待つ
  • WiMAX以外の回線を利用する
  • 光回線を利用する
  • スマホのテザリングを活用する

対象エリアになるまで待つというのはあまり現実的ではありません。

こういったときには、WiMAX以外の回線や光回線を利用しましょう。光回線はWiMAXと比べると料金は高くなるものの、通信は安定して高速なのでおすすめです。

スマホのテザリング機能を活用する方法もあります。詳細は下記にまとめました。

スマホのテザリングとは

テザリングとは、スマートフォンのインターネット接続を共有し、パソコン等の端末をインターネットに接続する方法のことです。

キャリアの通信網を利用するため広いエリアで利用できる反面、多くのキャリアで事前申込または特定プランの申込が必要で、利用制限があります。

また、テザリングにはスマホのデータ容量を使うため、データ容量の消費が激しく通信制限がかかりやすくなるのもデメリットです。

「スマホのデータ容量を減らしたくない」「データ容量を気にしたくない」という方は、別プロバイダや光回線契約がおすすめだワン


WiMAXのエリア確認ならTry WiMAXがおすすめ

ここでは「Try WiMAX」の説明やお得な契約方法をご紹介します。

15日間無料でお試しできるサービス

Try WiMAX

「Try WiMAX」とは、ポケット型WiFiを無料でお試しできるサービスのことを指します。特徴は下記のとおりです。

  • 2週間完全無料でお試しできる
  • ポケット型WiFi/ホームルーターどちらも試せる
  • 過去180日以内に利用がない方が対象

「実際の通信状況を確認したい」という方向けの、とても便利なサービスです。WiMAXのエリアや通信状況に不安がある方は、「Try WiMAX」を利用してみましょう。

Try WiMAXでエリアの確認やお試しをしたい方は、Try WiMAXの内容について詳しく解説しているこちらの記事をあわせてご一読ください。

お得に契約するなら「カシモWiMAX」がおすすめ

カシモWiMAX

前述のように、WiMAXは全プロバイダが同一回線を利用しており、通信の品質は同じです。

そのため、WiMAXをお得に申し込むためには、月額料金やキャンペーンで比較する必要があります。

おすすめなのは、弊社が運営するカシモWiMAXです。シンプルでわかりやすい料金プランが特徴で、月額料金は初月のみ1,408円(税込)、翌月以降は4,818円(税込)でずっと使えます。

(税込) カシモWiMAX
契約初月 1,408円
契約翌月〜 4,818円
端末分割代金(36回) 770円/月
端末分割払い
サポート(36回)
-770円/月
月額料金 4,818円

他のプロバイダでは月を追うごとに段階的に月額料金が上がることが多いですが、2ヵ月目以降は料金が変わりません

また、当サイトからの申し込みで、Amazonギフト券10,000円分をプレゼントしています。ぜひ検討してみてくださいね。

WiMAXのおすすめプロバイダを比較した記事もありますので、あわせて参考にしてみてください。

WiMAXのエリアに関するよくある質問

WiMAXのエリアに関するよくある質問をまとめます。

WiMAXが繋がりにくい場所は?

WiMAXが繋がりにくいのは、(1)山や森に囲まれた場所や(2)地下やトンネルなどです。

(1)山や森に囲まれた場所は、WiMAXの基地局までの距離が遠く、電波が届きにくい傾向にあります。

また、(2)地下やトンネルはコンクリートが障害となり、電波の進行を妨げて繋がりにくくなることが考えられます。

WiMAXはどこでも使える?

WiMAXは、どこでも使えるわけではありません

県庁所在地や開発が進んでいる中心地は4G回線が使えますが、本州中央や北海道の山岳地帯はエリア外の可能性があります。

WiMAXのエリアマップで見ても、緑色のエリア外の地域がまだ全国的に見受けられます。

エリアとエリアの間だとWiMAXは使えない?

エリアの境界での通信については、エリアの状況により繋がりやすさが変わることがあります。海や山、4G回線が繋がりにくい境界部のエリアは、一概に判断しづらいのが現状です。

利用する環境によっては、「繋がりにくい」「速度が遅い」「まったく繋がらない」ということもあるかもしれません。

もしサービスエリアマップで判断ができなければ、前述の「Try WiMAX」を利用してみてください。

WiMAXにエリア拡大の要望を出すことはできる?

WiMAXでは、エリア拡大の要望を出すことができます。

改善要望は、UQ WiMAXのエリア改善要望受付フォームで受けているので、ぜひ要望を出してみてくださいね。

WiMAXは北海道や沖縄でも使える?

WiMAXは北海道や沖縄でも利用できます。サービスエリアマップによると、札幌市や那覇市といった中心エリアでは5G通信も可能です。

ただし、エリア外の地域もあるため、必ずサービスエリアマップでお住まいの地域の通信状況を確認しましょう。

WiMAXの提供エリア・エリア判定まとめ

今回は、WiMAXのエリアについて解説しました。下記に内容をまとめているので参考にしてください。

1分でわかる!記事の内容
  • WiMAXプロバイダは同じ回線を使っており、通信の品質・エリアは同じ
  • WiMAXの回線は「au5G」「au4GLTE」「WiMAX2+」の3つ
  • WiMAX対応エリアは、エリアサービスマップで確認できる
  • WiMAXのおすすめプロバイダはカシモWiMAX

サービスエリアマップの確認だけでは不安という方は、「Try WiMAX」もぜひ活用してみましょう。