【2024年6月】おすすめの無制限ポケット型WiFi6選!

※当記事はPRを含みます。
※カシモWiMAXは株式会社マーケットエンタープライズの関連会社、株式会社MEモバイルが運営しています。

ネットをたくさん使う人は、「毎月の速度制限がストレス」「いつも容量を気にして使っている」という方も多いのではないでしょうか。

今のデータ容量に満足できないなら無制限ポケット型WiFiを検討してみてください。

現在、無制限プランがあるサービスはWiMAX(au)・楽天モバイル・ワイモバイルの3つです。

この記事では、各サービスの月額料金や通信速度などを比較して、メリット・デメリットとあわせて解説しています。

1分でわかる!記事の内容
  • 無制限ポケット型WiFiの種類は3つ
  • 比較ポイントは月額料金・端末代金・通信速度
  • おすすめの無制限ポケット型WiFiは「カシモWiMAX

【6月】おすすめ無制限ポケット型WiFi
カシモWiMAX
無制限の5Gプランがお得!

カシモWiMAXでは、無制限の5Gプランがお得な価格で利用できます。

初月は1,408円(税込)。翌月以降はずっと4,818円(税込)と、シンプルでわかりやすい料金体系が魅力です。

価格.comのモバイル回線プロバイダ人気ランキング2023では、総合ランキング第1位を獲得。

今なら当サイト経由でAmazonギフト券10,000円が必ずもらえます!

WEBで完結!最短即日発送

無制限ポケット型WiFiの種類

ポケット型WiFiを契約したいと思っても、どんな種類や違いがあるかわからないという方も多いでしょう。

無制限で利用できるポケット型WiFiの場合は主に以下の3つの種類に分けられ、それぞれ異なる特長を持っています。

  1. WiMAX
  2. キャリア系
  3. 楽天モバイル

ここからは、無制限プランがあるポケット型WiFiの種類について詳しく解説します。

1.WiMAX

WiMAXのポケット型WiFiは、独自のWiMAX回線とauの4G・5G回線が利用できます。

データ容量無制限のプランのみのポケット型WiFiで、料金と速度のバランスがよいのが特長です。

最新端末の「X12」は、下り最大速度3.9Gbpsと光回線並みの速度に対応しています。

他社に比べてWiFiルーターのスペックが高いため、無制限かつ高速通信を楽しみたい方によいでしょう。

複数のプロバイダが提供しており、キャッシュバックや割引キャンペーンなどを比較してお得なプロバイダを選ぶことができます。

WiMAXについてより詳しく知りたいという方は、おすすめWiMAXプロバイダ20社を徹底比較した以下の記事もあわせてチェックしてみてください。

>>無制限ポケット型WiFi比較はこちら

2.キャリア系

キャリア系のポケット型WiFiは、ドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイルのポケット型WiFiのことをいいます。

キャリアの高品質な回線を使えるため、通信速度が速くて安定しているのが特長です。しかし、他社よりも料金が高いというデメリットがあります。

キャリア系のポケット型WiFiで無制限プランがあるのはauワイモバイルのみです。しかし、auは同じ回線・端末のWiMAXの方が安く、ワイモバイルは5G通信が月7GBまでの制限があります。

ドコモ・ソフトバンクに関しては、ポケット型WiFi用の無制限プランがありません。ドコモは最大30GB(※)まで、ソフトバンクは最大50GBまでです。

高速通信を無制限に安く使いたいなら、WiMAXを選んだ方がよいでしょう。

>>無制限ポケット型WiFi比較はこちら

※ドコモはポケット型WiFi専用プランがないため、スマホプラン+データ通信プランのセット利用が必要です。

3.楽天モバイル

楽天モバイルのポケット型WiFiは、楽天の独自回線とパートナー回線であるau回線を無制限で利用できます。

料金プランは3GB・20GB・無制限の従量制で、実際に使った分だけ支払う仕組みです。

無制限に利用しても月額料金は3,278円(税込)の格安料金で、端末代金もセット値引きで1円になります。

初期費用なども無料なので、とにかく安い無制限WiFiを探している方によいでしょう。

ただし、楽天のポケット型WiFiは5G通信に対応していません。通信速度においては他社に劣るというデメリットがあります。

>>無制限ポケット型WiFi比較はこちら

無制限ポケット型WiFiを選ぶときのポイント

無制限ポケット型WiFiを選ぶ際に失敗しないためには、以下の3つのポイントが重要です。

  1. 月額料金
  2. 端末代金
  3. 通信速度・対応エリア

ここからは、このポイントについて詳しく解説します。どれか1つだけを見るのではなく、それぞれチェックしておきましょう。

月額料金

ポケット型WiFiを選ぶ際には、まず月額料金をチェックしましょう。

ポケット型WiFiの月額料金は容量が小さいほど安く、容量が大きいほど高くなります。そのため、無制限のポケット型WiFiは低容量のプランに比べると高額になるケースが多いです。

まずは自分に必要な容量を把握して、適切なプランを選べるようにしてください。

なお、一部のサービスでは最初の数ヵ月だけ割引になり、途中から通常料金に戻るケースもあります。

ポケット型WiFiを選ぶ際には割引価格で判断するのではなく、契約期間中にかかる総額の料金で判断しましょう。

>>無制限ポケット型WiFi比較はこちら

端末代金

無制限のポケット型WiFiを利用するには、WiFiルーターが必要です。

サービス名 機種 端末代金
(税込)
WiMAX・au X12 27,720円
実質無料(※)
楽天モバイル Rakuten WiFi
Pocket 2C
7,980円
1円
ワイモバイル
(ソフトバンク)
A102ZT 28,800円
10,800円
ドコモ SH-52B 35,640円
※カシモWiMAXの場合

WiFiルーターは販売元や性能によって本体価格が異なりますが、通常1万円〜3万円程度で購入できます。

速度が速い高性能な端末や最新機種は端末代金が高額になるケースが多いです。

サービスによっては無料レンタルや割引で実質無料になることがあるため、必ずしも負担する必要があるわけではありません。

WiFiの導入費用を抑えたい方は、端末の割引キャンペーンがあるサービスを選びましょう。

>>無制限ポケット型WiFi比較はこちら

通信速度・対応エリア

無制限ポケット型WiFiを選ぶ際には通信速度や対応エリアをチェックしましょう。

通信速度は対応している回線と利用する端末、環境によって異なります。

サービス名 機種 最大速度
(下り)
平均速度
(下り)
対応エリア
WiMAX・au X12 3.9Gbps 107.03Mbps WiMAX 2+
au 4G
au 5G
楽天モバイル Rakuten WiFi
Pocket 2C
150Mbps 27.54Mbps 楽天 4G
パートナー回線(au)
ワイモバイル
(ソフトバンク)
A102ZT 2.4Gbps 80.06Mbps SoftBank 4G
SoftBank 5G
ドコモ SH-52B 4.2Gbps 124.99Mbps docomo 4G
docomo 5G
参考:みんなのネット回線速度

最大速度と平均速度の違いは?

最大速度は、各サービスが公表している技術規格上の最大値です。実際使っている時にその速度が出るというわけではありません。

平均速度は、実際に出ている速度のことです。計測時の環境、時間帯などの条件によって異なる結果が出ます。


最大速度は各サービスの公式サイト、平均速度はみんなのネット回線速度などで確認できます。

通信速度を比較する際は、実際に計測された速度である平均速度で比較するのがおすすめです。

なお、通信速度とあわせて対応エリアも必ず確認しましょう。使いたい場所が対応エリア外の場合、せっかくWiFiを契約しても利用できません。

対応エリアは、各社の公式サイトで確認できます。

>>無制限ポケット型WiFi比較はこちら

データ無制限でも速度制限がかかることはある

無制限のポケット型WiFiと言っても、完全無制限で利用できるわけではありません

ポケット型WiFiは、回線の混雑状況や通信環境により、通信速度が低下する場合があります。

また、月間のデータ容量に上限がなくても、3日で10GB以上使うと通信速度が制限されることもあるため注意してください。

ここでは、速度制限がかかる条件と制限時の通信速度を解説します。

速度制限がかかる条件

速度制限の条件は、各サービスによって異なります。詳しい条件は、以下をご確認ください。

サービス名 速度制限の条件 制限期間
WiMAX・au 短期間に多くのデータ通信を利用した場合 混雑する時間帯
楽天モバイル 公平なサービス提供または環境により
速度低下する場合あり
不明
ワイモバイル
+アドバンスオプション
3日間で約10GB以上利用時
※月7GB超過後は4G通信のみ
当日18時から
翌日1時まで
ドコモ 月30GB以上利用時 翌月まで

WiMAX・auと楽天モバイルに関しては、速度制限の条件として決まった容量はありません

短期間でデータを使いすぎたり回線が混雑したりしない限り、速度が制限されることはないでしょう。

ワイモバイルはアドバンスオプションを追加すると月7GB超過後も4G通信が使い放題になります。

しかし、3日間で約10GB以上利用時は夕方から深夜までの速度が制限されるため、注意してください。

なお、ドコモはスマホプランが無制限でも、データシェアで利用できるのは30GBまでです。30GB超過後は翌月まで通信速度が制限されます。

制限時の通信速度

次に、制限時の速度をみていきましょう。

サービス名 最大データ容量 制限時の
最大速度
WiMAX・au 実質無制限 非公開
楽天モバイル 実質無制限 非公開
ワイモバイル
+アドバンスオプション
3日間で約10GB 1Mbps
ドコモ 30GB 1Mbps

決まったデータ容量の上限がない、WiMAX・au、楽天モバイルは制限時の最大速度は公表されていません。

一方、ワイモバイルとドコモは制限時の最大速度が1Mbpsに制限されます。以下の表に1Mbpsでできることをまとめてみました。

1Mbpsでできること
LINE・Skype メッセージ
音声通話
ビデオ通話
WEBサイト ニュースサイト
通販サイト
SNS X(旧ツイッター)
Instagram
Facebook
YouTube 360p以下
480p以上

最大速度が1Mbpsに制限されても、全く使えないというわけではありません。

テキストメインのLINEのやり取り、WEBサイトやSNSの閲覧などであれば、問題なく利用できます。また、360p程度の動画も視聴可能です。

画像メインのサイトやSNS、高画質動画などは読み込みに時間がかかるため、多少不便に感じるかもしれません。

できるだけ速度制限がないポケット型WiFiを選びたいなら、WiMAXや楽天モバイルがおすすめです。

>>無制限ポケット型WiFi比較はこちら

おすすめの無制限ポケット型WiFi3選

実質無制限に使えるポケット型WiFiを比較し、料金や速度に優れたおすすめのポケット型WiFiを紹介します。

サービス名 データ容量 月額料金
(税込)
端末代金
(税込)
通信速度
(下り平均)
スマホセット割 キャンペーン 公式サイト
カシモWiMAX

実質無制限

4,818円

実質無料

(分割支払いの場合)

109.09Mbps

au・UQモバイル
最大1,100円/台
Amazonギフト
10,000円分

詳細
楽天モバイル

実質無制限

3,278円

7,980円

25.13Mbps
× 端末代金1円
キャンペーン

詳細
Ymobile

実質無制限
※10GB/3日

4,818円

10,800円

94.66Mbps

ワイモバイル
550円/台
なし
詳細
5G CONNECT

実質無制限

5,250円

実質無料

109.09Mbps
× 30日間お試し
キャンペーン

詳細
シンプルWiFi

実質無制限

4,840円

レンタル0円

65.72Mbps

au・UQモバイル
最大1,100円/台
なし
詳細

実質無制限

5,458円

16,720円

109.09Mbps
× なし
詳細
※ 通信速度の引用:みんなのネット回線速度
※ 料金は縛りなしプランで比較

上記の表を見ると、無制限で利用できるポケット型WiFiはキャリアもしくはWiMAXの端末であることがわかります。

ソフトバンクとドコモにはポケット型WiFi向けの無制限プランはありません。そのため、スマホの無制限プランにデータシェアオプションをつける場合の情報で比較しました。

ここからは、おすすめの無制限ポケット型WiFiについて詳しく解説していきます。

カシモWiMAX

カシモWiMAX
カシモWiMAXのおすすめポイント
  • 「モバイル回線プロバイダ人気ランキング2023」で総合1位を獲得
  • 最大通信速度3.9Gbpsの高速ルーターが実質無料になる
  • Amazonギフト券10,000円分がもらえる

おすすめの無制限ポケット型WiFi1つ目は、カシモWiMAXです。

カシモWiMAXは、価格.comの「モバイル回線プロバイダ人気ランキング2023」において総合ランキング第1位を獲得する実績を持つWiMAXプロバイダです。

独自のWiMAX回線とauの4G・5G回線に対応しており、最大下り通信速度は3.9Gbpsと光回線並み。

通信制限を気にすることなく快適にネットを楽しみたい方におすすめです。

通信速度と料金のバランスがよいため、コスパ重視で無制限ポケット型WiFiを契約したい方はぜひチェックしてください。

(税込) カシモWiMAX
データ容量 実質無制限
月額料金
(縛りなしプラン)
契約初月:1,408円
翌月〜:4,818円
初月の料金 1,408円
(日割りなし)
スマホセット割引 au:最大1,100円/台
UQモバイル:最大1,100円/台
端末代金 実質0円
(770円/月を36ヵ月割引)
事務手数料 3,300円
キャッシュバック Amazonギフト券10,000円
3年間の合計料金
ーキャッシュバック
160,038円
実質月額料金 4,446円
違約金 0円
支払い方法 クレジットカード
契約期間の縛り なし
5G対応
▼実質月額料金の計算はこちら
月額料金(税込) カシモWiMAX
初月 1,408円
1~36ヵ月目 4,818円
機種代金 0円
キャッシュバック -10,000円
合計 160,038円
実質月額料金 4,446円

カシモWiMAXのメリット・デメリット

カシモWiMAXには、以下のようなメリット・デメリットがあります。

(1) 最大速度3.9Gbpsの最新ルーターが実質無料
(2) Amazonギフト券10,000円分がもらえる
(3) au・UQモバイルユーザーはスマホセット割でお得
(1) 月額料金が最安ではない
(2) 3年未満で解約すると端末の残債が発生する

弊社の関連会社であるMEモバイルが運営するカシモWiMAXは、お得なキャンペーンや割引が充実しているのが特徴です。

通常27,720円(税込)の最新5G端末は「分割払いサポート」の適用で実質0円になります。

なお、端末代金が実質無料になるのは、36回の支払いが終わるタイミングです。分割払いの途中で解約すると残債が発生するため、注意しましょう。

今ならAmazonギフト券10,000円分が必ずもらえるキャッシュバックキャンペーンも実施中。

さらに、au・UQモバイルのユーザーの方ならスマホ代が毎月最大1,100円(税込)割引になるほか、プラスエリアモードが無料で利用できます。

プラスエリアモードとは?

プラスエリアモードは通常月額1,100円(税込)で使えるLTE拡張オプションです。


auのプラチナバンドが月30GBまで利用できます。スタンダードモードでは電波が届きにくい場所でも繋がりやすくなるのが特徴です。


サービス内容やキャンペーン情報についてより詳細に知りたいという方は、カシモWiMAXの評判・口コミをまとめた記事もあわせてご覧ください。

Rakuten WiFi Pocket

画像_Rakuten WiFi Pocket(楽天)
Rakuten WiFi Pocketのおすすめポイント
  • 使った容量で料金が決まる従量制プラン
  • 20GB以上はどれだけ使っても月額3,278円(税込)が上限
  • お得に使い始められる「端末1円キャンペーン」を実施中

おすすめの無制限ポケット型WiFi2つ目は、Rakuten WiFi Pocketです。

楽天モバイルが提供しているポケット型WiFiで、使った容量で料金が決まる従量制プランとなっています。

20GB以上は月額3,278円(税込)で、どれだけ使っても上限金額は変わりません。

現在、お得に使い始められる「端末1円キャンペーン」を実施中ですので、月額料金も初期費用も抑えたい方におすすめです。

なお、Rakuten WiFi Pocketは楽天の独自回線のほか、パートナー回線を利用できます。国内ではau回線がカバーしているため、楽天エリア外でも利用が可能です。

(税込) 楽天モバイル
Rakuten WiFi Pocket
データ容量 3GB〜無制限
月額料金 〜3GB:1,078円
3〜20GB:2,178円
20GB〜:3,278円
初月の料金 日割りなし
スマホセット割引
端末代金 1円
(プランセット値引き)
事務手数料 0円
キャッシュバック
3年間の合計料金
ーキャンペーン
118,008円
実質月額料金 3,278円
違約金 0円
支払い方法 クレジットカード
口座振替
契約期間の縛り なし
5G対応 ×
▼実質月額料金の計算はこちら
月額料金(税込) Rakuten WiFi
Pocket
1ヵ月目~36ヵ月目 3,278円
機種代金 1円
キャッシュバック
合計 118,009円
実質月額料金 3,278円

Rakuten WiFi Pocketのメリット・デメリット

Rakuten WiFi Pocketには、以下のようなメリット・デメリットがあります。

(1) 楽天回線とau回線が格安料金で使い放題
(2) ネットを使わない月は自動的に安くなる
(3) 楽天オリジナル端末が値引きで1円
(1) 5G非対応でキャリア・WiMAXより通信速度が遅い
(2) 自分で回線を切り替えることはできない

Rakuten WiFi Pocketはどれだけ使っても最大月額3,278円(税込)という料金の安さが最大のメリットです。

料金プランは3GB・20GB・無制限の3段階になっており、使った分だけ支払うため無駄がありません。

独自の楽天回線と国内のパートナー回線(au)が使い放題です。ただし、自分で回線を選ぶことはできないため、移動中に回線が切り替わることがあります。

なお、楽天のオリジナル端末は1円キャンペーンを実施中です。5G非対応なので通信速度は他社に比べてやや遅いと感じるかもしれませんが、速度よりも安さ重視の方によいでしょう。

サービス内容やキャンペーン情報についてより詳細に知りたいという方は、Rakuten WiFi Pocket評判・口コミをまとめた記事もあわせてご覧ください。

ワイモバイル

ワイモバイルのおすすめポイント
  • ソフトバンクの5G/4GLTE回線が使えるポケットWiFi
  • オプション加入で4G通信が実質無制限で使える
  • ワイモバイルのスマホユーザーはスマホセット割でお得

おすすめの無制限ポケット型WiFi3つ目は、ワイモバイルのポケットWiFiです。

ワイモバイルのポケット型WiFiはソフトバンク5G/4GLTEの回線を利用しているため、広いエリアで高品質な通信が可能です。

5G回線が7GBまで利用できるプランに「アドバンスオプション」を追加することで4G回線が無制限に利用できるようになります。

ただし3日で10GB以上消費すると速度制限がかかってしまうため、使い過ぎには注意しましょう。

アドバンスオプションを追加した場合の月額は4,818円(税込)です。

なお、ワイモバイルのスマホで以下プランを既に契約している場合、ポケットWiFiの利用料金が毎月550円(税込)割引されます。

  • シンプル S/M/L
  • スマホ ベーシックプラン(新規受付終了)

(税込) ワイモバイル
データ容量 無制限
月額料金 4,818円
初月の料金 4,065円の日割り
セット割引 家族割引サービス:
550円
端末代金 10,800円
事務手数料 無料
(オンラインストア)
キャッシュバック
3年間の合計料金
ーキャンペーン
183,495円
実質月額料金 5,097円
違約金 0円
支払い方法 クレジットカード
口座振替
契約期間の縛り なし
5G対応
▼実質月額料金の計算はこちら
月額料金(税込) ワイモバイル
初月 4,065円
(日割あり)
2~36ヵ月目 4,818円
機種代金 10,800
キャッシュバック 0円
合計 183,495円
実質月額料金 5,097円

ワイモバイルのメリット・デメリット

ワイモバイルには、以下のようなメリット・デメリットがあります。

(1) ソフトバンクの4G回線が使い放題
(2) ワイモバイルスマホと家族割が使える
(3) オンラインストアなら事務手数料が無料
(1) 5G回線は7GBまでしか使えない
(2) 4G通信でも3日間で10GBの制限がある

ワイモバイルはソフトバンクの回線をデータ通信容量の上限なしで利用できる点が魅力です。

しかし、上限なしで使えるのは4G回線のみで、5G回線は月に7GBまでしか使えません。また、3日間で10GB以上利用すると混雑回避など通信品質確保のための速度制御があります。

他社に比べて制限の条件が厳しいため、単純に無制限で使いたい方や速度重視で決めたいという方にはおすすめではありません。

なお、ソフトバンク回線がつながりやすい地域の方やワイモバイルスマホを利用している方であれば、選択肢に入れてもよいでしょう。

オンラインストアなら通常3,850円(税込)の事務手数料0円になるので、初期費用を抑えたい方はネットからお申し込みください。

月100GB使える大容量ポケット型WiFiもおすすめ

ポケットWiFi

今10GB〜20GBのプランでいつも容量が足りなくなっている方は、100GBなどの大容量プランを検討してみてください。

大容量プランは決まった容量までなら制限なく使えるため、ヘビーユーザーでない限りは十分である可能性があります。

ここでは、大容量ポケット型WiFiでできることや特徴・注意点を紹介します。

100GBプランでできること

データ容量が100GBの場合、以下のようなことができます。

サービス名 100GB利用 1日あたり
Webサイトの閲覧 約33万回 約11,000回
メールの送受信 約20万9000通 約7,000通
LINE通話 約5,550時間 約24時間
Netflix 約330時間 約10時間
TikTok 約185時間 約6時間
Zoom 約200時間 約6時間
YouTube 約163時間 約5時間

テキストメインのWebサイトの閲覧やメールの送受信であれば、1日では使いきれないくらい利用できます。

動画視聴は少しデータ消費量が多くなりますが、それでも1日5時間程度は視聴が可能です。

プライベートや仕事で一時的に使う分には、月間100GBでも十分と言えるでしょう。

大容量ポケット型WiFiの特徴

大容量ポケット型WiFiの特徴は、無制限ポケット型WiFiに比べて料金が安い点です。

基本的にクラウドSIMと呼ばれる次世代型の通信技術を利用しており、国内では3大キャリアの回線が利用できます。

設備投資などの費用がかかっていないため、比較的安価な料金で提供されているのです。

ドコモ、au、ソフトバンクの3つの回線から自動選択される仕組みで、幅広いエリアでつながります

データ容量は10GB程度の低容量から100GB以上の大容量まであるので、自分にあった容量を選びたいという方におすすめです。

大容量ポケット型WiFiの注意点

大容量ポケット型WiFiは、料金の安さやエリアの広さなどのメリットがある一方、以下のような注意点もあります。

  • 通信回線は自分で選べない
  • 本家のキャリア回線よりも通信速度が遅い
  • 5G非対応で端末のスペックが低い
  • 故障・紛失した場合は機器損害金が発生する

クラウドSIMでマルチキャリアに対応しているものの、回線は自動切り替えなので自分で選ぶことはできません。

また、キャリア回線の一部しか使えないため、本家の回線に比べると速度が遅いというデメリットもあります。端末のスペックも高くないため、速度重視の方は物足りなく感じるでしょう。

クラウドSIMの大容量ポケット型WiFiは多少速度が遅くても、料金が安いポケット型WiFiがよいという方におすすめです。

なお、端末は無料でレンタルできるサービスが多く、基本的には端末代金を支払う必要はありません。しかし、故障・紛失した場合は機器損害金が発生する点には注意してください。

>>大容量ポケット型WiFi比較はこちら

おすすめの大容量ポケット型WiFi3選

月に100GB以上使える大容量ポケット型WiFiを比較し、料金や速度に優れたおすすめのポケット型WiFiを紹介します。

サービス名 データ容量 月額料金
(税込)
契約期間 端末代金 通信速度
(下り平均)
キャンペーン 公式サイト
モンスターモバイル

100GB

2,948円

2年
レンタル無料
18.05Mbps
・14日間お試し
キャンペーン
・カード加入で
5,000円還元

詳細
AiR-WiFi

100GB

3,245円

1年
レンタル無料
22.23Mbps
1ヵ月お試し
キャンペーン

詳細
それがだいじWiFi

100GB

3,267円

2年
レンタル無料
12.52Mbps
30日間お試し
キャンペーン

詳細
Mugen WiFi

100GB

3,300円

2年
レンタル無料
18.21Mbps
30日間お試し
キャンペーン

詳細
the wifi

100GB

3,828円

なし
レンタル無料
21.05Mbps
・30日間お試し
キャンペーン
・最大24,000円分
キャッシュバック

詳細
ZEUS WiFi

100GB

3,828円

2年
レンタル無料
18.24Mbps
最大24ヵ月
月額料金値引き

詳細
※ 通信速度はみんなのネット回線速度の直近3ヵ月のデータを引用

契約期間の縛りがあるプランと縛りなしプランを選べるものは、料金が安くなるプランで比較しています。

大容量ポケット型WiFiは、基本的にドコモ、au、ソフトバンクの回線が使えるクラウドSIMです。

キャリアの回線を借りているため設備投資の費用が抑えられ、比較的安い料金で利用できます。

端末は無料でレンタルできるケースが多いため、初期費用を抑えたい方におすすめです。

毎月100GB程度で収まっているなら、無制限プランよりも料金が安い大容量ポケット型WiFiを検討してみてください。

MONSTER MOBILE

モンスターモバイル
モンスターモバイルのおすすめポイント
  • 100GBの大容量プランが月額2,948円(税込)
  • カード入会特典で5,000円がもらえる
  • 14日間のお試しキャンペーンがある

おすすめの大容量ポケット型WiFi1つ目は、モンスターモバイルです。

月額2,948円(税込)という破格の料金プランで、データ大容量のポケット型WiFiの中でもトップクラスの安さを誇ります。

料金プランは20GB・50GB・100GBの容量ごとに分かれており、契約期間も「縛りあり(2年契約)」もしくは「縛りなし」の2種類から選択できます。

また、セゾンカードデジタルに新規入会で「5,000円分キャッシュバック」がもらえる点や「14日間のお試しキャンペーン」がある点も魅力の1つでしょう。

(税込) MONSTER MOBILE
データ容量 100GB
月額料金
(2年契約プラン)
2,948円
初月の料金 2,948円
(日割りなし)
スマホセット割引
端末代金 無料レンタル
事務手数料 3,300円
キャッシュバック 最大5,000円
3年間の合計料金
ーキャッシュバック
101,128円
実質月額料金 2,809円
違約金 2,948円
2年契約プラン100GBの場合
支払い方法 クレジットカード
契約期間の縛り 2年
※縛りなしプランあり
5G対応 ×
▼実質月額料金の計算はこちら
月額料金(税込) MONSTER MOBILE
2年プラン
1~36ヵ月目 2,948円
機種代金 0円
(レンタル)
キャッシュバック -5,000円
合計 101,128円
実質月額料金 2,809円

MONSTER MOBILEのメリット・デメリット

モンスターモバイルには、以下のようなメリット・デメリットがあります。

(1) 14日間お試しキャンペーン実施中
(2) プラン変更や容量チャージが可能
(3) 最短即日~3営業日以内に発送
(1) 容量超過後は下り最大256kbpsに制限される
(2) 解約後に端末を返却する必要がある

モンスターモバイルは、「14日間お試しキャンペーン」で端末を実際に試せるのが魅力です。実際に使ってみて満足できなければ違約金などの負担なく解約できます。

▼14日間お試しキャンペーン
利用条件はこちら
  • MONSTER MOBILEを初めてお申込みされた方
  • 実施期間中に対象のプランをお申込みされた方
  • 機器発送日を起算日とし、起算日を含む14日以内に「解約の申告」および「機器の返却(発送)」をされた方
  • 機器返却時の送料をご負担いただけた方
  • 使用されたデータ容量が2GB以下の方
  • 発送日の分かる方法にてご返却いただいた方

端末は最短で申し込んだその日に発送してもらえるほか、希望があった場合は次月の月初に発送してもらうことも可能です。

また、モンスターモバイルは、容量アップのプラン変更ができます。「契約期間なし」から「2年契約」への変更や「通信量をアップさせる」変更が可能です。

月の途中でデータを使い切ると最大速度が256kbpsに制限されますが、追加チャージで制限を解除することもできます。

端末はレンタルなので、解約時に返却が必要です。不備や故障があると機器損害金が発生する場合がありますので、不安な方は端末補償に加入しておきましょう。

サービス内容やキャンペーン情報についてより詳細に知りたいという方は、モンスターモバイルの評判・口コミをまとめた記事もあわせてご覧ください。

AiR-WiFi

AiR-WiFiのおすすめポイント
  • 土日祝祭日も当日午後12時までの申し込みで最短即日発送
  • 初めての契約なら1ヵ月間お試しモニター制度が利用できる

おすすめの大容量ポケット型WiFi3つ目は、AiR-WiFiです。100GBプランが月額料金は3,245円(税込)で利用できます。

契約から1年ごとに無料で解約できる期間を設けており、プランの見直しや乗り換えがしやすいのが特徴です。月額330円(税込)のオプションを追加すれば縛りなしで利用することもできます。

30日間のお試しモニターも募集しているため、気になる方はぜひ利用を検討してみてください。

ただし、契約時に縛りなしオプションに加入する場合はお試しモニターの利用はできません。

AiR-WiFiのメリット・デメリット

AiR-WiFiには、以下のようなメリット・デメリットがあります。

(1) 1ヵ月間お試しモニター実施中
(2) 契約期間が1年間でこまめにプランを見直せる
(3) 正午までの申し込みで最短即日発送
(1) 容量超過後は下り最大128Kbpsに制限される
(3) 解約後に端末を返却する必要がある

AiR-WiFiは、1ヵ月のお試しモニター期間でじっくり実際の使用感を確認できます。

▼1ヵ月間お試しモニターの利用条件はこちら
  • 契約初日より25日以内に解約する旨を連絡する
  • 契約時、初月月額・初期事務手数料は通常通り発生し、1ヵ月お試しモニターが適用されると当該のクレジットカード決済が取消返金される
  • 機器(端末本体・化粧箱・説明書・ケーブル・SIMピン等の付属品を含む)を契約より30日以内に返却する
  • 返送時の送料負担は申込者が負担する
  • 短期利用目的・一時利用目的の場合、50GBを超える容量を利用した場合、適用外になる(通常解約となるため、2,970円(税込)がかかる)
  • 契約期間なしのオプションに加入して契約する場合は、1ヵ月間お試しモニターの適用外になる
  • 1ヵ月間お試しモニターを利用する場合、返却処理手数料1,100円(税込)、クリーニング・メンテナンス費用として1,870円(税込)の決済が発生する

契約期間は1年間の自動更新なので、毎年契約の見直しがしやすい点も魅力です。

また、正午までの申し込みで最短即日発送に対応しており、すぐに使い始めることができます。日割り計算は行っていませんが、次月配送予約で注文すれば翌月発送も可能です。

なお、容量プランは100GBプランと20GBプランの2種類から選択でき、いずれも容量超過後は下り最大128Kbpsに制限されます。

AiR-WiFiも端末はレンタルなので、解約後には端末の返却が必要です。水没や破損が心配な方は安心オプションに加入しておきましょう。

(税込) AiR-WiFi
らくらくプラン
データ容量 100GB
月額料金 3,245円
初月の料金 3,245円
(日割りなし)
スマホセット割引
端末代金 0円
(レンタル)
事務手数料 3,300円
キャッシュバック
3年間の合計料金
ーキャンペーン
116,820円
実質月額料金 3,245円
違約金 1,958円
支払い方法 クレジットカード
契約期間の縛り 2年契約
5G対応 ×
▼実質月額料金の計算はこちら
月額料金(税込) AiR-WiFi
らくらくプラン
1~36ヵ月目 3,245円
機種代金 0円
(レンタル)
キャッシュバック 0円
合計 116,820円
実質月額料金 3,245円

サービス内容についてより詳細に知りたいという方は、AiR-WiFiの評判・口コミをまとめた記事もあわせてご覧ください。

それがだいじWiFi

それがだいじWiFi
それがだいじWiFiのおすすめポイント
  • 縛りなしオプションに加入すればいつでも契約解除料0円
  • 平日15時までの申し込みで最短翌日から使える
  • 今なら30日間キャンペーンでじっくり試せる

おすすめの大容量ポケット型WiFi2つ目は、それがだいじWiFiです。

30GBと100GBの2つのプランがあり、どちらも端末代金無料・2年縛りのポケット型WiFiとなっています。

なお、月額143円(税込)の「縛りなしオプション」をつければ、いつ解約しても契約解除料0円で解約可能です。

目立ったキャンペーンや割引はありませんが、30日間お試しキャンペーンを実施しています。

本契約前に使い心地や通信速度をお試しできるため、速度や繋がりやすさが心配な方はぜひお試しを使ってみてください。

(税込) それがだいじWiFi
データ容量 100GB
月額料金 3,267円
初月の料金 3,267円
(日割りなし)
スマホセット割引
端末代金 0円
事務手数料 3,300円
キャッシュバック
3年間の合計料金
ーキャンペーン
117,612円
実質月額料金 3,267円
違約金 3,267円
支払い方法 クレジットカード
契約期間の縛り 2年契約
(縛りなしプランもあり)
5G対応 ×
▼実質月額料金の計算はこちら
月額料金(税込) それがだいじWiFi
1~36ヵ月目 3,267円
機種代金 0円
(レンタル)
キャッシュバック 0円
合計 117,612円
実質月額料金 3,267円

それがだいじWiFiのメリット・デメリット

それがだいじWiFiには、以下のようなメリット・デメリットがあります。

(1) 30月間お試しキャンペーン実施中
(2) 平日15時までの申し込みで最短即日発送
(3) 容量超過時はギガチャージが可能
(1) お試しキャンペーンが使えるのは5GBまで
(2) 解約後に端末を返却する必要がある

それがだいじWiFiでは、30日間のお試しキャンペーンを実施しています。しかし、お試し期間は長いもののキャンペーンが適用されるデータ容量が5GBまでなので注意が必要です。

▼30日間お試しキャンペーンの利用条件はこちら
  • それがだいじWi-Fiを初めて利用される方
  • 期間内に申請、返却手続きを完了いただいた方
  • 期間内のデータ通信量が5GB以下の方
  • 縛りなしオプションに加入されていない方

平日15時までの申し込みで最短即日発送しているので、申し込み後はすぐにポケット型WiFiを使い始めることができます。

なお、実際に使ってみて容量が足りなければ、2GB〜20GBまでデータチャージが可能です。チャージはマイページや問い合わせフォーム、カスタマー窓口で行えます。

他社のポケット型WiFiと同様に端末はレンタルなので、解約するときには返却が必要です。

故障・紛失・水漏れ時も0円で端末交換できる「Wi-Fi安心サービス」がありますので、不安な方は加入しておきましょう。

無制限ポケット型WiFiで通信費を節約する方法

スマホの大容量プランや無制限プランを使っている方は、無制限ポケット型WiFiを使うことで月々の通信費を節約できるかもしれません。

キャリアスマホの無制限プランは割高で、通常7,000円以上の料金がかかります。

(税込) 無制限プラン
月額料金
データシェア
月額料金
データシェア
容量
ソフトバンク 7,425円 +550円 50GB
ドコモ 7,315円 +1,100円 30GB
au 7,238円 無料 30GB

また、スマホのデータ容量をシェアする場合も使える容量に上限がある上、追加オプションが必要なケースが多いです。

それでは、ここからはスマホ代を節約するための詳しい方法をみていきましょう。

格安スマホの少量プランと併用する

データをたくさん使う人は、格安スマホの少量プランと無制限ポケット型WiFiの組み合わせを検討しましょう。

無制限ポケット型WiFiを持ち運んで、自宅でも外出先でもWiFiメインで利用すれば、スマホのプランは安い低容量プランで十分です。

無制限のポケット型WiFiなら、スマホだけではなくパソコンやタブレットも上限なく使えます。

格安SIMと無制限で使えるカシモWiMAXを併用する場合の料金を比較しましたので、参考にしてみてください。

(税込) データ容量 月額料金 カシモWiMAX
併用時の月額
回線
povo 0GB
(1GB〜)
0円
(390円〜)
4,818円
(5,208円〜)
au
HISモバイル 100MB 290円 5,108円 docomo
NUROモバイル 3GB 792円 5,610円 3キャリアから
いずれか選択
IIJmio 2GB 850円 5,668円 ドコモ
またはau
LINEMO 3GB 990円 5,808円 SoftBank
▼6社目以降はこちら
(税込) データ容量 月額料金 カシモWiMAX
併用時の月額
回線
楽天モバイル 3GB 1,078円 5,896円 楽天・au
UQモバイル 4GB 2,365円 6,083円
(セット割適用)
au
mineo 1GB 1,298円 6,116円 3キャリアから
いずれか選択
ワイモバイル 4GB 2,365円 7,183円 SoftBank
ahamo 20GB 2,970円 7,788円 docomo
カシモWiMAXの月額料金は4,818円(税込)です。

格安スマホの少量プランで比較すると基本料0円のpovoが安いことがわかりました。

家族割やセット割などがない人は、まず「povo」と「カシモWiMAX」の併用を検討してみてください。

au回線以外を選びたいという場合は、ドコモ回線のHISモバイルやソフトバンク回線のNUROモバイルなどを選ぶとよいでしょう。

おすすめの組み合わせはpovo×WiMAX

毎月の通信費を節約したいなら、povoとWiMAXの組み合わせがおすすめです。

povoは基本料0円で、必要な分だけトッピングする仕組みになっているため、トッピングをしなければ月額0円で利用できます。

WiMAXは複数のプロバイダがありますが、契約期間の縛りがなくて端末代金が実質0円になるカシモWiMAXがおすすめです。

(税込) 併用時の
月額料金
povo
月額料金
カシモWiMAX
月額料金
0GB 4,818円 0円 4,818円
1GB
(7日間)
5,208円 390円 4,818円
3GB
(30日間)
5,808円 990円 4,818円
20GB
(30日間)
7,518円 2,700円 4,818円

なお、カシモWiMAXは当サイトからのお申し込みで10,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中です。

お得なキャンペーンを利用する場合は、以下のボタンから公式サイトにお進みください。

完全無制限で使いたいなら光回線がおすすめ

無制限ポケット型WiFiは、あくまでも実質無制限です。データを使いすぎると通信速度が制限される場合があるため、完全無制限で使いたいなら光回線を選びましょう。

ポケット型WiFi 光回線
データ容量
実質無制限

完全無制限
月額料金 3,000円〜5,000円 4,000円〜6,000円
通信速度 普通〜高速 超高速
開通工事 不要 必要
持ち運び 可能 不可
実質無制限と完全無制限の違いは?

実質無制限は、月間のデータ容量に上限がないことです。回線が混雑している時やデータを使いすぎると速度が制限されることがあります。

完全無制限は、データ容量に一切の制限がないことです。光回線は基本的に大容量通信を長時間行っても制限されることがありません。


光回線とは、自宅に光ファイバーを引き込んで繋ぐタイプの高速インターネット回線です。

開通工事が必要で導入には手間や時間がかかりますが、通信速度が速く完全無制限で使うことができます。

固定回線なのでポケット型WiFiのように持ち運びはできませんが、自宅専用の無制限WiFiを探している方におすすめです。

大容量のデータをダウンロードすることが多い方やオンラインゲームを快適に楽しみたい方は、光回線を検討してみてください。

なお、おすすめの光回線はこちらの記事で詳しく解説しています。

無制限ポケット型WiFiに関するよくある質問

ここでは、無制限ポケット型WiFiに関するよくある質問をまとめました。

スマホのキャリア以外でも使えるかどうかやおすすめのWiFiルーターなどの疑問に回答していきます。

そもそもWiFiが必要かどうかについてもお答えしていますので、ぜひ参考にしてください。

無制限ポケット型WiFiはスマホと違う回線でも使える?

無制限ポケット型WiFiは、契約しているスマホのキャリアを問わず利用できます

ドコモのスマホを利用しているからといって、ドコモのポケット型WiFiしか使えないというわけではありません。

例えば、ドコモのスマホを利用している方でも、他キャリアであるauやソフトバンクのポケット型WiFiを使えます。

無制限ポケット型WiFiを比較する際には、キャリアを気にせず自分にあったものを選びましょう。

無制限ポケット型WiFiのおすすめルーターは?

無制限ポケット型WiFiを利用する上でおすすめのWiFiルーターは、WiMAXの最新機種「X12」です。

「X12」は下り最大速度がWiMAX史上最速の3.9Gbpsで、大容量通信・超低遅延・多接続を実現する「5G SA」方式にも対応しています。

とてもスペックの高い端末ですが、本体価格27,720円(税込)と他社に比べて安価な点からコスパがよいと言えるでしょう。

なお、WiMAXプロバイダのカシモWiMAXなら、端末分割払いサポートで実質0円になります。キャンペーンで高性能端末をお得に手に入れることができておすすめです。

無制限ポケット型WiFiは必要ない?

無制限ポケット型WiFiは必要がないケースもあります。

主に、無制限ポケット型WiFiが必要ない人は以下のような方です。

  • 今のスマホプランで満足している
  • パソコンやタブレットを使う機会が少ない人
  • あまりデータ通信を利用しない人

現在20GBや30GBなどのスマホプランを利用していて、通信制限などがなく満足できているなら、無制限プランを契約する必要はありません。

また、スマホの利用がメインでパソコンやタブレットはほとんど使わないという場合も、スマホプランのみで十分です。

WiFiを使うのが月に数ギガ程度であれば、必要なときにスマホのテザリングを利用するだけでよいでしょう。

無制限ポケット型WiFiまとめ

今回は無制限に使えるポケット型WiFiの種類や選び方を解説しました。

現在、エリアやデータ容量の制限が全くない「完全無制限ポケット型WiFi」はありません。無制限に近い状態で使える「実質無制限ポケット型WiFi」のみとなっています。

無制限ポケット型WiFiの中でもおすすめなのは、料金と速度のバランスがよいカシモWiMAXです。

カシモWiMAXでは最新端末が実質無料、Amazonギフト券10,000円分がもらえるキャンペーンを実施しています。

実質無制限ポケット型WiFiをお得に契約したいという方は、ぜひチェックしてみてください。

WEBで完結!最短即日発送