車載用WiFiのおすすめ5選!車内で使えるWiFiの種類・ルーターの選び方

※当記事はPRを含みます。
※カシモWiMAXは株式会社マーケットエンタープライズの関連会社、株式会社MEモバイルが運営しています。

車での移動が多い人の中には、車内でWiFiを使いたいと思う人も多いのではないでしょうか。

そんな時に便利なおすすめの車載用WiFiを紹介します。車内でどんな種類のWiFiが使えるのか、ルーターの選び方についても詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

【カシモWiMAX】
無制限の5Gプランがお得!
カシモWiMAX

カシモWiMAXのポケット型WiFiは車載WiFiにもおすすめ!

5Gの高速通信がデータ無制限で使えるため、長距離ドライブでも快適にネットが楽しめます。

初月は1,408円(税込)。翌月以降はずっと4,818円(税込)のまま変わりません。

今なら当サイト経由でAmazonギフト券10,000円分が必ずもらえます!

月初の申し込みが断然お得!

【結論】車載WiFiはポケット型がおすすめ

まず結論からいうと、車載WiFiを契約するならポケット型WiFiがおすすめです。

ポケット型WiFiの最大のメリットは「持ち運べる」点で、ドライブ中はもちろん車外でも利用できます。

本記事ではシガーソケットに挿すタイプの車載用WiFiも紹介していますが、基本的に車内かつ走行中のみの利用となり、車外での利用はできません

そのため、車載WiFiとしてポケット型WiFiを契約すると、以下のようなシーンで活用できます。

  • 車中泊をするとき
  • 帰省先の実家にWiFi環境がないとき
  • ドライブ中に子どもが動画視聴やゲームをするとき
  • 旅行先で調べ物をしたり地図をみたいとき

このように、ポケット型WiFiは車内でも車外でも使える点から、車載用WiFiに比べて利便性が高いと言えます。

選ぶ機種によっては光回線並みの高速通信が利用可能なので、ネットがサクサク楽しめるでしょう。

ただし、ポケット型WiFiはスマホと同じようにバッテリー充電型なので、充電が切れると使えなくなる点には注意が必要です。事前に充電しておきましょう。

長時間の移動であれば、充電用のコードやモバイルバッテリーを忘れないようにしましょう。また、シガーソケットから充電できる車載充電器などを用意しておくと安心です。

>>おすすめの
ポケット型WiFi3選はこちら

車内で使えるWiFiの種類

車の中で利用できるWiFiには次の3種類があります。


それぞれ詳しく解説していきます。

車載用WiFi|シガーソケットに挿すだけで簡単接続

車載用WiFiは、シガーソケットに挿すことで電源をとり、車内でWiFi環境を整えられます。

シガーソケットに挿すだけで接続ができるので、大きなルーター端末や不要な配線を減らせるのがメリットです。

車での利用を前提にした高温や低温に耐えられる設計なので、夏場や冬場に車載用WiFiを置きっぱなしにしても問題ありません。

ただし、シガーソケットから電源をとるという形の特性上、エンジンをかけていない駐車中はWiFiを利用できないのがデメリットです。

また、車以外の場所では利用できませんので、ご注意ください。

>>おすすめの
車載用WiFi2選はこちら

ポケット型WiFi|車外でも使える

ポケット型WiFiは小型のルーターを介してWiFiを利用できるようになります。

充電式なので、車内でも車外でも利用できます。ドライブ先の観光地などでも利用できるのがポケット型WiFiのメリットです。

また、端末やプロバイダも豊富なため自分に合ったサービスを選べます

ポケット型WiFiは、車内での利用は想定されていないため、車載用WiFiに比べると高温に弱いです。

車内でポケット型WiFiを利用した後は車内に放置せず、持ち帰るようにしましょう。

>>おすすめの
ポケット型WiFi3選はこちら

スマホのテザリング|WiFiの契約が不要

スマホのテザリングを利用すれば、特に追加で必要な端末や配線を調達する必要なく車内でWiFiを利用できるようになります。

車載用WiFiやポケット型WiFiと違い、新たに回線契約をしなくてもWiFiを利用できるのもメリットです。

テザリングを利用すると、スマホのデータ容量を大量に消費してしまいます。

データ容量が少ないプランを利用している人は通信制限にかからないように注意しましょう。

【車載用WiFi】おすすめルーター2選

ここからはおすすめの車載用WiFiを2つ紹介します。

  • パイオニア「DCT-WR100D」
  • KEIYO「AN-S117」

パイオニア「DCT-WR100D」

(税込) DCT-WR100D
プラン 365日プラン 30日プラン 1日プラン
料金 13,200円 1,650円 550円
端末代金 27,500円
事務手数料 0円

DCT-WR100Dはパイオニアが提供している車載用WiFiです。

ドコモ回線を利用でき、LTE通信が無制限に楽しめるため、車内で動画を見る際でも快適です。

最大5台まで同時に端末を接続できるので、同乗者の多い長距離ドライブにもぴったりとなっています。

料金プランは、「365日プラン」「30日プラン」「1日プラン」の3種類から選べます。

車の利用頻度に合わせて料金プランを選べるので、毎日車を使う人から旅行で1日だけWiFiがほしいという人まで幅広くカバーしています。

KEIYO「AN-S117」

(税込) AN-S117
期間 1日 30日 60日 90日
チャージ料金 1GB:220円 5GB:880円 20GB:2,200円 50GB:4,620円
2GB:385円 10GB:1,210円 40GB:3,520円 100GB:6,600円
5GB:600円 30GB:2,750円 60GB:4,620円
端末代金 19,800円 (10GB/30日間付)

「AN-S117」はSIM契約をせずに車内でWiFiを使えるのが魅力のルーターです。

チャージ専用サイトから、決められた期間のデータ容量をチャージすることでWiFiを使えます。最短で1日から、最長90日まで期間を選べます。

また、ルーターを持ち運ぶこともできるので、充電さえあれば車外でも利用できます。

購入時に30日間利用可能な10GB分のデータ容量がついてくるので、煩雑なセットアップがないのも嬉しいポイントです。

また「AN-S117」はクラウドWiFiを採用していますが、同社にはSIMフリーのルーターもあるため、あわせて検討してみてください。

【ポケット型WiFi】おすすめルーター3選

ここでは、車内だけではなく車外でも使える、ポケット型WiFiのおすすめ車載用ルーターを紹介します。

速度が速い・料金が安い・レンタルできるなど目的別におすすめの車載用ルーターをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

    
サービス名 データ容量 5G対応 月額料金
(税込)
端末代金
(税込)
下り平均
通信速度(※2)
バッテリー
容量
スマホセット割 キャンペーン 公式サイト
カシモWiMAX
5G X12
実質無制限 4,818円
→初月1,408円
27,720円
実質無料
116.23Mbps 4,000mAh au・UQモバイル
最大1,100円/月
Amazonギフト券
10,000円
キャッシュバック

詳細
楽天モバイル
Rakuten WiFi
Pocket 2C
実質無制限 × 3,278円 7,980円 28.02Mbps 2,520mAh なし プランセットで
端末代金1円

詳細
WiFiレンタルどっとこむ 5GB〜
実質無制限
一部対応 3,565円〜
14,220円(※3)
レンタル無料 機種による 機種による なし 当サイト限定
特別価格

詳細
▼4社目以降はこちら
    
サービス名 データ容量 5G対応 月額料金
(税込)
端末代金
(税込)
下り平均
通信速度(※2)
バッテリー
容量
スマホセット割 キャンペーン 公式サイト
モンスターモバイル 100GB × 2,948円 レンタル無料 26.57Mbps 4000mAh なし カード申し込みで
5,000円還元

詳細
Ymobile
Pocket WiFi®
5G A102ZT
実質無制限
月7GBまで
4,818円 10,800円 71.15Mbps 5,300mAh ワイモバイル
550円/月

詳細
au
5G X12
実質無制限 5,458円
→1~13ヵ月目:4,908円
27,720円 116.23Mbps 4,000mAh なし 機種代金
最大11,000円割引

詳細
ソフトバンク
Pocket WiFi®
A101ZT
50GB(※) 5,280円 28,800円 104.1Mbps 5300mAh なし なし
詳細
ドコモ
SH-52B
30GB(※) 8,415円 35,640円 91.96Mbps 4000mAh なし なし
詳細
(※1) 利用期間が36ヵ月間の場合
(※2) 通信速度:「みんなのネット回線速度」から引用
(※3) 当サイト限定の特別価格

カシモWiMAX|料金と速度のバランス◎

カシモWiMAX
(税込) カシモWiMAX
契約初月 1,408円
契約翌月〜 4,818円
端末分割代金(36回) 770円/月
端末分割払い
サポート(36回)
-770円/月
月額料金 4,818円

カシモWiMAXは実質データ容量無制限のWiFiを、ずっと変わらない価格で利用できるのがメリットです。

初月のみ1,408円(税込)ですが、あとはずっと4,818円(税込)で利用できます。途中で割引の期限が終わり、月額料金が跳ね上がるといったことがありません。

通信速度は下り最大速度3.9Gbpsと光回線並み。auの安定した4G・5G回線で快適にネットが楽しめます。

通常27,720円の端末代金は「分割支払いサポート(36回)」の適用で実質0円になるため、初期費用も抑えられます。

今ならAmazonギフト券10,000円分が必ずもらえるキャッシュバックキャンペーンも実施中。

Rakuten WiFi Pocket|月額料金が安い

画像_Rakuten WiFi Pocket(楽天)
(税込) Rakuten WiFi Pocket
データ容量 3GB〜無制限
〜3GB 1,078円
3GB〜20GB 2,178円
20GB〜 3,278円
端末代金 7,980円
実質1円

Rakuten WiFi Pocketは楽天モバイルの料金プランを利用しています。そのため、使ったデータ容量に応じて月額料金が変動します。

5G未対応・下り最大通信速度は150Mbpsと通信品質はWiMAXに劣りますが、データ無制限でも3,278円(税込)の格安料金で利用できるのは大きな魅力でしょう。

ルーター端末も特典を利用すれば実質1円と安く、使うデータ容量が少なければ通信費全体を抑えられます。

WiFiを使う量にばらつきがある、安さ重視でポケットWiFiを探しているという人におすすめです。

WiFiレンタルどっとこむ|1日からレンタルできる

WiFiレンタルどっとこむ
(税込) 1日のレンタル料金 1ヵ月のレンタル料金
SoftBank
K4 無制限
490円 7,090円
SoftBank
E5785 無制限
470円 5,720円
FS030W
50GB
1,980円 5,635円
FS030W
30GB
1,850円 5,545円
SoftBank
E5383 5GB
1,190円 3,565円
端末代金 レンタル無料
送料 発送:550円
返却:517円〜
レンタル料金は当サイト特別価格

WiFiレンタルどっとこむは、必要な時にだけWiFiルーターを貸し出してくれるレンタルサービスです。

1日単位でレンタルを申し込み可能で、15時までに申し込めばその日のうちに発送してもらえます。急いでいる時でも便利なサービスです。

空港のカウンターの他に、郵送やコンビニでも受取・返却が可能なので忙しい人でも端末を受け取れます。

ポケット型WiFiを短期間だけレンタルしたいという人にはWiFiレンタルどっとこむがおすすめです。

▼ポケット型WiFiを提供している事業者は、他にも多数あります。本記事で紹介しているサービス以外も気になるという方は、料金が安いおすすめのポケット型WiFiを紹介している以下の記事をご覧ください。

車載用WiFiルーターを選ぶときのポイント

車載用WiFiルーターを選ぶ時のポイントを5つ紹介します。

(1)通信速度は実測値を見る

端末や通信サービスには、最大速度の表記があります。しかし、最大速度は理論値でしかありません。

理論値というのは、技術的に可能な速度であって、通常はその速度が出ることはほぼ無いと考えてください。

とくに、高速で移動している時は通信速度が安定しません。そのため、実際に測定した速度、つまり「実測値」を調べることが大切になります。

実測値は「みんなのネット回線速度」などで確認できます。

(2)必要なデータ容量を確かめる

クラウドWiFiやチャージWiFiを利用する際は、使用するデータ容量を把握しておくと良いでしょう。

多すぎるデータ容量をチャージして無駄にするのももったいないですし、逆にデータ容量が少なすぎて買い足すという場合も余計に費用がかかります。

動画を見るのがメインなのか、何台で使うのかなどを確認して、データ使用量の目星をつけておきましょう。

通信費を損しないためにも、事前にデータの使用量の確認は大切です。

(3)バッテリーの持続時間

シガーソケットから充電できる車載用WiFiは大丈夫ですが、ポケット型WiFiやスマホのテザリングを利用する場合は端末のバッテリー持続時間に注意が必要です。

せっかく端末を持っていても、バッテリーが切れてWiFiが使えなくなってしまっては意味がありません。とくに長距離のドライブの時はバッテリーの残量に注意しましょう。

モバイルバッテリーなど、端末を充電できる機器と一緒に持っていくか、シガーソケットに挿して充電できるコードなどを買い足すことで解決できます。

(4)同時に接続できる台数

端末によって同時に接続できる台数が違います。そのため、事前に自分が購入予定の端末の同時接続台数を確認しておきましょう。

家族や友達と複数人でドライブする機会が多い人はとくに確認が重要です。

5台同時接続可能な端末でも、4人が乗車してそれぞれ1台ずつスマホを接続したら残りは1台のみです。

ナビのためにさらにタブレットを1台繋げば最大になってしまいます。

事前につなぎたい端末の数を想定してから、端末の同時接続台数も確認しましょう。

(5)車以外でもWiFiを使うか

車載用WiFiの多くは車の中で使えるように設定されています。そのため、車外でもWiFiを使いたいかどうかで、選ぶ端末が変わります。

車以外でもWiFiを利用したい場合は、ポケット型WiFiを選ぶと良いでしょう。車でも外出先でも使えるため、ドライブ以外の予定でもWiFiを利用できます。

WiFiは車の中だけで利用し、端末も置きっぱなしにしたいという人は、高温・低温に耐えられる車載用WiFiを選びましょう。

車載用WiFiに関するよくある質問

車載用WiFiに関するよくある質問についてまとめました。

月額料金が無料の車載用WiFiはある?

月額料金が無料の車載用WiFiはありません

データを使用すれば必ず料金が発生します。しかし、無料お試し期間があるポケット型WiFiであれば、お試し期間中は無料で通信を行えます。

ポケット型WiFiの無料お試し期間で実際に利用してみて、通信速度などを試すのも検討してみましょう。

データ無制限で使えるおすすめ車載用WiFiは?

データ無制限で利用できる車載用WiFiは、カシモWiMAXです。

端末料金が分割払いサポートで0円になり、料金プランも金額が変動せず、データ実質無制限で利用できます。

データ無制限のポケット型WiFiを利用する際はカシモWiMAXを検討してみてください。

車載用WiFiを使うときはSIMの契約が必要?

SIM契約不要の端末もあります

本記事で紹介したKEIYO「AN-S117」はSIM契約が不要です。データ容量をチャージして使うため、難しいセットアップもありません。

SIM契約なしの車載用WiFiを探している人はKEIYO「AN-S117」を検討してみてください。

車載用WiFiで快適なドライブを

車内で使えるWiFiには、3つの種類がありました。

車内で使えるWiFiの種類
  • 車内に放置しても大丈夫な設計:車載用WiFi
  • 車内でも車外でもつかえて便利:ポケット型WiFi
  • 新規の契約等が不要:スマホのテザリング

「車内で使う」という特性上、車内の温度や電源のとり方も含めてぴったりなWiFiを選ぶ必要があります。

車内に置きっぱなしにしたい人は「車載用WiFi」、車外でも使いたい場合は「ポケット型WiFi」、すぐに使いたい場合は「スマホのテザリング」を選ぶと良いでしょう。

自分にぴったりな車載用WiFiを選んで、快適なドライブを楽しんでください!