WiFiの乗り換え先はどこがおすすめ?最適なタイミングは?選び方・手順も

※当記事はPRを含みます。
※カシモWiMAXは株式会社マーケットエンタープライズの関連会社、株式会社MEモバイルが運営しています。

現在利用しているWiFiの速度が遅いなど不満がある人や、引っ越しのタイミングなどで、WiFiの乗り換え先を探している人もいるでしょう。

しかし、正直なところWiFiを乗り換えるといってもどこに乗り換えればいいのか、いつ乗り換えるのが良いのか迷っている人が大半なのではないでしょうか。

この記事ではWiFiのおすすめ乗り換え先の他に、乗り換えに最適なタイミングや乗り換え先の選び方についても解説していきます。

WiFiを乗り換えたいと考えている人はぜひ参考にしてみてください。

WiFiの乗り換え先は主に3種類

WiFiの乗り換え先は主に「光回線」「ホームルーター」「ポケット型WiFi」の3種類に分けられます。


それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

速度重視なら「光回線」

光回線の最大のメリットは他の2種類に比べて速度が格段に速いことです。

光回線は自宅に回線を引き込み、ルーターを経由して無線通信であるWiFi化しています。

そのため、基地局の電波を受信してインターネットを提供しているホームルーター・ポケット型WiFiよりも高速な通信を実現しています。

速度が速く通信も安定していますが、開通に工事が必要なため手続きや確認が煩雑になる傾向があるのがデメリットです。

手軽にWiFiを導入するなら「ホームルーター」

ホームルーターは自宅に据え置きで利用するWiFiルーターです。

光回線には少し劣りますが通信速度や環境も比較的安定しており、何より電源を挿すだけでWiFiを利用できるようになる手軽さがメリットです。

基地局から電波を受信しているため、壁などの障害物に弱いのが弱点ですが、置き場所を工夫することで解決できます。

外でも使うなら「ポケット型WiFi」

ポケット型WiFiは小型のモバイルルーターです。

ホームルーターと違い、手のひらサイズのため外出先にも持っていけます。家でも外出先でも同じインターネット環境を整えられるのはポケット型WiFiの強みです。

しかし、ホームルーターよりも速度が遅かったり、同時に繋げる端末の台数が少ないケースが多いです。

複数の端末をポケット型WiFiに繋いで使う予定の人は同時接続台数も事前に確認しておきましょう。

WiFiの乗り換え先の賢い選び方

WiFiを乗り換える際にチェックしておきたいのは以下の5つの項目です。

それぞれの項目について詳しく解説していきます。

(1)違約金負担・キャッシュバックがあるか

現在契約しているWiFiのサービスによっては、更新月以外に契約を解除すると違約金が発生する場合があります。

また光回線の場合には開通に工事が必要で、工事費がかかるケースもあるため、乗り換えの際に何かと費用がかかります。

しかし、このような費用を乗り換え先のプロバイダが負担してくれるケースやキャッシュバックで相殺できるキャンペーンを行っているサービスもあるのでチェックしてみましょう。

乗り換えの際にはキャンペーン等を上手に活用することで、こうした初期費用の負担をなるべく減らせます。

(2)スマホとのセット割引はあるか

プロバイダによっては、スマートフォンとのセット割を行っているところもあります。

スマホの月額料金から1,000円ほど割引になるセット割プログラムがほとんどです。全体の通信費を抑えられるので、ぜひセット割を活用しましょう。

ソフトバンク、au、ドコモの3大キャリアの他に、ワイモバイルやUQモバイルなどの格安SIMでもセット割になるサービスがあります。

自分の使っているスマホがセット割になるのか事前に確認してみましょう。

(3)WiFiを使う場所が提供エリア内か

WiFiを使う場所によっては、サービスの提供エリア外の場合があります。

主に山間部や離島ではサービスが提供されていないことがあるので注意が必要です。

とくに、ポケット型WiFiをアウトドアで利用しようと考えている人は契約前に提供エリアを確認しておきましょう。

主要都市部での利用であれば利用に問題はありませんが、まれに5Gの提供範囲外のこともあるので、5Gを利用したい人も提供エリアを確認しておくと安心です。

(4)料金は利用期間の総額費用を比較する

料金プログラムによって、使う年数が経つほど料金が高くなっていくものもあります。

この場合は、使う期間をたとえば3年と決めて、その場合の利用料金の総額を計算して比較するようにしましょう。

初月が安くても、そのあとの料金が高くて結局通信費がかさんでしまっては乗り換えても意味がありません。

また、端末の費用も総額費用の計算に入れるのを忘れないようにしましょう。月額の料金が安くても、分割払いの端末料金の負担によっては高くつく場合もあります。

月額の料金の安いポケットWiFiを選ぶだけでなく、端末の代金のサポートがついているサービスを選ぶようにすると通信費を抑えられます。

(5)速度は実測値を比較する

各サービスでは、端末の速度の「理想値」を表記している場合がほとんどです。

理想値」は技術的に出すことが可能な数値でしかなく、理想値の速度が出ることは無いといっても過言ではありません。

そのため、各社の端末を比較する際には実際に計測された速度、つまり「実測値」を比較する必要があります。

実測値は「みんなのネット回線速度」などのサービスで調べられるので、契約を検討しているプロバイダのサービスや端末の実測値を事前に調べて比較してみましょう。

【光回線】おすすめの乗り換え先

ここからは光回線のおすすめ乗り換え先を紹介します。

ソフトバンク光

ソフトバンク光
(税込) 集合住宅
(1ギガ)
戸建住宅
(1ギガ)
月額料金 4,180円 5,170円~
5,720円
工事費 26,400円
(特典適用で0円)

ソフトバンク光は、ソフトバンクが提供している光回線です。

そのため、ソフトバンクやワイモバイルのスマホユーザーはセット割が適用されます。

セット割を適用した場合、ソフトバンクは月額最大1,100円(税込)、ワイモバイルは月額最大1,650円(税込)がスマホ料金から割引され、全体の通信費を抑えられます

またソフトバンク光では、他社からの乗り換えの場合、違約金や撤去工事費用を最大10万円まで還元してくれるので、ぜひチェックしてみてください。

NURO光

(税込) NURO光
プラン 2ギガプラン 10ギガプラン
3年契約 5,200円 5,700円
2年契約 5,700円
契約期間なし 6,100円 8,300円
事務手数料 3,300円
基本工事費 44,000円

NURO光はソニーネットワークコミュニケーションズが提供している光回線です。

回線速度が速く、オンラインゲームなどに適しています。

最大2ヵ月間の解約無料期間があるので、実際の通信環境を試しながら検討できるのがメリットです。

他社からの乗り換えの際には、違約金や撤去費用を最大6万円まで還元してくれるので安心です。

GMOとくとくBB光

(税込) GMOとくとくBB光
プラン ファミリー(戸建て) マンション
月額料金 5,390円 4,290円
基本工事費 26,400円
(特典利用で0円)
事務手数料 3,300円

GMOとくとくBB光は、NTT回線を使用しているため安定した通信が魅力の光回線です。

料金プランがシンプルでわかりやすく、また長く使用してもずっと変わらない月額料金となっています。

利用の途中で割引の適用が切れて通信費が跳ね上がるといったことがないので安心です。

GMOとくとくBB光では、他社からの乗り換えで最大4.5万円の違約金や撤去費用を還元しています。

【ホームルーター・ポケット型WiFi】おすすめの乗り換え先

ここからはホームルーター・ポケット型WiFiのおすすめ乗り換え先を紹介します。

モバレコエアー

(税込) 1ヵ月目 2~12ヵ月目 13~36ヵ月目
基本料金 5,368円
端末代金 71,280円
月月割
(36回)
-1,980円/月
モバレコエアー
特別ハッピープライス
キャンペーン(36回)
-4,048円 -2,288円 -1,188円
利用料金 1,320円 3,080円 4,180円
※37ヵ月目以降は、5,368円(税込)/月です。

モバレコエアーはグッドラック社が提供しているホームルーターです。ソフトバンクのホームルーターを提供しているので、安定した通信を実現しています。

料金はソフトバンクで契約するより安くなっています。電源に挿すだけでWiFiを利用できるようになるので、工事ができないアパートにもおすすめです。

違約金や撤去費用も他社からの乗り換えで最大10万円還元されるので、初期費用を抑えられます。

Broad WiMAX

Broad WiMAX
プラン ギガ放題コスパDXプラン ギガ放題縛りなしDXプラン
初月 1,397円 1,397円
1-36ヶ月目 3,773円 3,960円
37ヶ月目以降 4,818円 4,950円
初期費用 20,743円
端末代金 31,680円
事務手数料 3,300円

Broad WiMAXは株式会社Link Lifeが提供しているWiMAXのプロバイダです。

月額料金が安いのが特徴で、36ヵ月までは4,000円以下で利用可能です。そのため、長期的に利用するWiFiを探している人は、通信費全体が抑えられてぴったりとなっています。

違約金は1.9万円まで還元があるので、安心して乗り換えられます。

カシモWiMAX

カシモWiMAX
(税込) カシモWiMAX
契約初月 1,408円
契約翌月〜 4,818円
端末分割代金(36回) 770円/月
端末分割払い
サポート(36回)
-770円/月
月額料金 4,818円

カシモWiMAXは、ずっと変わらない料金プランが魅力のWiMAXプロバイダです。

初月は1,408円(税込)で、その後はずっと4,818円(税込)で利用でき、データ容量は実質無制限なので残量を気にすることなくインターネットを楽しめます。

また、ルーターの種類もホームルーターとポケット型WiFiを選べるので、自分の生活スタイルにあう端末を選択しましょう。

違約金などの負担するキャンペーンはありませんが、Amazonギフト券1万円分がもらえるキャンペーンを実施中なのでチェックしてみてください。

WiFiの乗り換えにおすすめのタイミングはいつ?

WiFiを乗り換えるタイミングは、現在使っているWiFiの利用状況によって異なります。

基本的には、以下の3つが解約におすすめのタイミングです。

ここからは、それぞれ詳しく解説していきます。

利用しているWiFiの契約更新月

利用しているサービスがある場合、まずは契約期間の有無を確認してください。

2年契約や3年契約をしている場合、更新月に解約すれば違約金はかからないというケースが多いです。

通常は2年や3年の契約期間が終わるとその後はいつ解約しても違約金はかかりません。

ただし、自動更新になっている場合は2年ごと、3年ごとに更新月がやってくるため、自分の契約内容を把握しておきましょう。

なお、乗り換えにかかる違約金を負担してくれるサービスもあります。更新月以外の解約で違約金がかかる場合は、乗り換えキャンペーンを活用するのがおすすめです。

通信速度が遅いと感じるとき

WiFiを使っていると、「速度が遅くなった」「繋がりにくくなった」と感じることがあります。

一般的にWiFiルーターの寿命は4〜5年程度と言われており、長く使えば使うほど経年劣化するものです。

また、最新の通信規格に合わないなどの理由で、通信速度が低下することもあります。

そのため、すでに長く使っている端末があれば、新しいWiFiルーターに買い換えると同時に乗り換えるのがおすすめです。

キャッシュバックや割引サービスがある乗り換え先を選べば、最新端末にしてもほとんど費用負担なく乗り換えられます。

引っ越し・転勤をするとき

現在、自宅で光回線やホームルーターを利用している場合は、引っ越しや転勤を機に乗り換えを検討しましょう。

光回線は利用する家に光ケーブルを引き入れて使うため、転居先でそのまま使うことはできません。移転の手続きや新居での開通工事が必要です。

次に、ホームルーターは基本的に登録住所以外での利用が禁止されています。引っ越し先で使うには、事前に住所変更をしなければなりません。

なお、WiMAXのみホームルーターでも登録住所以外の利用が認められています。

また、光回線・ホームルーターともに提供エリア外に引っ越す場合は転居先では使えませんので、WiFiの乗り換えが必要となります。

引っ越しや転勤のタイミングは現在のWiFiの契約を見直すのにもとても良い機会です。

WiFiの乗り換え手順

WiFiの乗り換え手順について説明します。

必要書類の準備

まずは契約に必要な書類を準備しましょう。

必要な書類で代表的なものは以下の通りです。

  • 本人確認書類
  • クレジットカードや口座情報 など

本人確認書類は、運転免許証やマイナンバーカードなどが利用できます。

料金の支払いについては各社違いがありますが、口座引き落としまたはクレジットカード支払いが主流となっているので、情報を用意しましょう。

乗り換え先のWiFiの契約

先に乗り換え先のWiFiを契約しましょう。

WiFiを解約すると、その日のうちに使用停止となるところも多いです。新規の契約には申し込みから、ルーターが届いたり、工事を行ったりと時間がかかるケースも多いです。

WiFiが利用できない期間を作らないためにも、先に乗り換え先のWiFiを契約しましょう。

既存のWiFiの解約

乗り換え先のWiFiが利用できるようになったら、既存のWiFiを解約しましょう。

解約方法はプロバイダによって違いますが、電話・ネット、または店舗から解約ができます。

ルーターなどの端末をレンタルしている場合は、解約手続きが済んだら速やかに端末を返却しましょう。コードなどの付属品も忘れずに同梱してください。

WiFiを乗り換えるときのよくある質問

WiFiを乗り換えるときによくある質問についてまとめました。

開通工事を行うときの注意点は?

光回線の開通工事を行う際は、多くの場合穴あけなどの工事が必要になります。

そのため、賃貸物件で利用したい場合は必ず大家や管理会社などに工事の許可を取ってください

また、インターネット対応の物件であっても光回線の開通にあたり、部屋の中へ業者が入って簡単な工事が行われる場合がほとんどです。

その際には立ち合いが必要になるので、予定を空ける必要があります

工事の許可が下りない場合や、立ち合いをしている時間がない場合は、電源を挿すだけでWiFiが利用できるホームルーターも検討しましょう。

キャッシュバックがすぐもらえるのはどこ?

キャッシュバックキャンペーンを実施しているWiFiサービスは複数ありますが、どこで契約するかで還元される時期が異なります。

WiFiサービスの中でも、キャッシュバックをすぐにもらえるのは、以下のサービスです。

  • カシモWiMAX:3ヵ月後
  • Vision WiMAX:3ヵ月後
  • UQ WiMAX:4ヵ月目以降
  • ドコモ home 5G:4ヵ月後

キャッシュバックキャンペーンは、還元金額が高額なほど振込時期が遅かったり、条件が厳しかったりします。

中には、指定の期間内に手続きを済ませないと受け取れなくなってしまう場合もありますので、ご注意ください。

受け取り忘れが心配な方は、なるべく受け取り時期が早くて複雑なキャッシュバック条件がないWiFiサービスを選びましょう。

WiFiルーターの交換はできる?

WiFiルーターの交換は、プロバイダによって対応が異なります

自然故障の場合は交換や修理を受け付けてもらえる場合もあります。故障かなと思ったときは契約しているプロバイダに問い合わせてみるのが良いでしょう。

また、通信が重かったり遅かったりする場合は、一度ルーターを再起動させることで改善する場合もあるので試してみてください。

WiFiの乗り換え方法まとめ

WiFiの乗り換え先には「光回線」「ホームルーター」「ポケット型WiFi」の3種類がありました。

  • 安定した高速通信が必要な人は工事必須の「光回線」
  • 工事不要で家でのみWiFi環境が必要な人は「ホームルーター」
  • 家でも外でもWiFi環境を利用したい人は「ポケット型WiFi」

通信速度を重要視する場合は工事が可能であれば光回線がおすすめです。ただし、工事ができるかどうかは必ず大家・管理会社に確認をとりましょう。

趣味の範囲でネットを楽しむ程度であれば、工事不要で気軽に導入できる「ホームルーター」か「ポケット型WiFi」がおすすめです。

自宅用ならホームルーター、外出先でも使いたいならポケット型WiFiを選びましょう。

キャンペーンを活用してお得に乗り換えたい場合は、カシモWiMAXがおすすめです。ホームルーターとポケット型WiFiのどちらでも端末実質0円・Amazonギフト15,000円分がもらえます。