スマホが通信制限になるとどうなる?解除方法や避けるための対策を解説

※当記事はPRを含みます。
※カシモWiMAXは株式会社マーケットエンタープライズの関連会社、株式会社MEモバイルが運営しています。

スマホを利用していると怖いのが通信制限です。実際に通信制限になるとどうなるのでしょうか。

この記事では、通信制限にかかるとどうなるのか、いつ解除されるのかなどを解説しています。通信制限を避け、快適にスマホを使うためにおすすめのプロバイダも紹介しているので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

3行でわかる!記事の内容
  • 通信制限とは、データ容量を使い切って通信速度が低下する状態のこと
  • 通信制限は月の初めに解除されることが多い
  • 通信制限を回避するためにWiFiの使用も検討しよう

スマホが通信制限にかかるとどうなる?

通信制限は、スマホのデータ使用量が規定の値を超えると通信速度が低速となる機能です。スマホで月々に利用できるデータ容量は、契約内容によって変わります。

ほとんどのプロバイダが通信制限時の速度を「128kbps」に設定しています。

この速度になると、画像の読み込みに時間がかかったり、動画の視聴ができなかったりと、日常でスマホを使う際に不便な速度です。

スマホの通信制限が解除されるタイミングと方法

スマホの通信制限が解除されるタイミングと、解除の方法について解説していきます。

解除のタイミング

通信制限の解除のタイミングはプロバイダによって異なりますが、月の始めや、月の請求開始日などが解除のタイミングとして設定されている場合が多いです。

自身のスマホを契約しているプロバイダがいつのタイミングで速度制限を解除しているのか、気になる人は契約内容などを確認してみてください。

解除するための方法

切り替えのタイミングがまだまだ先だけど通信制限にかかってしまった、というケースもあるでしょう。

解除のタイミング以外に通信制限を解除するための方法がいくつかあるのでまとめてみました。

データ容量をチャージする

プロバイダによっては、追加でデータ容量をチャージできます

1GBあたり1,100円(税込)で販売している場合が多いようです。通常の月額料金などに比べると割高となっていますが、チャージすることで通信制限を解除できます。

購入したデータ容量を超えてしまうと、再度通信制限にかかってしまうので、使用量には注意が必要です。

WiFiを活用する

WiFiを活用するのも1つの手です

自宅や職場、学校などにWiFi環境がある場合は、それらのWiFiに繋ぐことで速度制限の影響なくインターネットが利用できます。

カフェや駅などでもフリーWiFiが提供されている場所があります。フリーWiFiはセキュリティ面に不安がありますが、どうしても必要な場合は利用しましょう。

>>おすすめのWiFiはこちら<<

スマホのデータ容量を確認する方法

スマホキャリア各社のデータ容量を確認する方法について解説します。

ドコモの確認方法

ドコモの場合、「My docomo」からデータの使用量を確認できます。

  1. My docomo」にログイン
  2. 「データ通信量」をタップ
  3. データ通信量が表示されるので確認

auの確認方法

auの場合、「My au」から通信量を確認できます。

  1. My au」にログインする
  2. プラン情報下「もっとみる」をタップ
  3. データ通信量が表示されるので確認

ソフトバンクの確認方法

My SoftBank」からデータの使用量を確認できます。

  1. My SoftBank」にログイン
  2. 「メニュー」から「使用量の管理」をタップ
  3. 「詳細をみる」からデータ容量の確認

スマホの通信制限を避けるための対策

スマホの通信制限を避けるための対策として主に5つの方法が挙げられます。

  • WiFiを利用する
  • モバイルデータ通信の設定を変更する
  • アプリのバッググラウンド更新をオフにする
  • 位置情報サービスの設定を変更する
  • スマホの料金プランを見直す

(1)WiFiを利用する

自宅にWiFiを導入している場合、自宅のWiFiを利用することでデータ使用量を減らせます

帰宅後にスマホで動画などを視聴する人も多いと思います。忘れずにWiFiに接続しましょう。

また、職場や学校でWiFiを利用できる場合は積極的に活用するのがおすすめです。昼間の時間帯のデータ使用量が減らせるので、通信制限にかかりにくくなります。

駅やカフェなどフリーWiFiを提供している場所もありますが、フリーWiFiは不特定多数の人が利用します。そのため、セキュリティが担保されていないので注意が必要です。

フリーWiFiを利用して、金融機関など重要な情報を扱うウェブサイトにアクセスしたり、仕事の内容をやり取りしたりするのはやめておきましょう。

ホームルーターとポケット型WiFiと端末が選べる「カシモWiMAX」なら、家でも外でも快適で安全なWiFiが利用できます。

(2)モバイルデータ通信の設定を変更する

モバイルデータ通信をオフ設定にすることで、知らない間にアプリに接続していて無駄にデータを使用してしまった、という事態を防げます。

大手キャリアではモバイルデータ通信を設定でオフにすることはできないので注意が必要です。モバイルデータ通信の設定はMVNOでのみ可能となっています。

(3)アプリのバッググラウンド更新をオフにする

アプリのバッググラウンド更新をオフにするのも、データ使用を減らす手段の1つです。

アプリのバッググラウンド更新をオフにしていないと、自動的にアプリの更新をしてしまい、気が付かないうちに余計なデータを使用してしまいます。

更新などはWiFi環境下のみで許可するなど、モバイルデータ通信の設定を変更することでデータ使用量を減らせます。

(4)位置情報サービスの設定を変更する

位置情報サービスは意外とデータ容量を消費します

そのため、使用するデータ容量を減らすのであれば、普段は位置情報サービスの設定をオフにしておくのがおすすめです。

マップなどのアプリを利用する時のみ位置情報をオンにする設定にしておくことで、便利な機能は維持したまま通信量を減らせます。

(5)スマホの料金プランを見直す

さまざまな方法を試してみても、データ使用量が足りなくなって速度制限にかかってしまう場合は、スマホの料金プランを見直すのも検討しましょう

データ通信の残量を気にせずに利用したいなら、大容量~無制限のプランを選ぶのがおすすめです。

また、特定のアプリで使用したデータ容量はギガフリーとなるようなプロバイダやプランもあります。自分のスマホ使用状況と合わせて選んでみてください。

家でも外でもスマホを快適に使うならカシモWiMAXがおすすめ

カシモWiMAX
(税込) カシモWiMAX
契約初月 1,408円
契約翌月〜 4,818円
端末分割代金(36回) 770円/月
端末分割払い
サポート(36回)
-770円/月
月額料金 4,818円

家でも外でもスマホを快適に使うならカシモWiMAXがおすすめです。カシモWiMAXがおすすめな理由は3つあります。

  • データ容量無制限で使える
  • 用途に合わせてルーターを選べる
  • au・UQモバイルのセット割引対象

理由1|データ容量無制限で使える

カシモWiMAXでは、データ容量無制限でWiFiを楽しめます

カシモWiMAXが採用しているWiMAX回線は、47都道府県をカバーしており、5G対応エリアの対応も拡大中です。ホームルーターまたはポケット型WiFiを設置するだけで高速通信が可能です。

データの使用量に上限がないので、映画やオンラインゲームも速度制限を気にせず安心して楽しめます。

理由2|用途に合わせてルーターを選べる

カシモWiMAXでは、2種類のルーター端末を提供しています。ホームルーターとポケット型WiFiから自分の生活スタイルに合った端末を選べます

ホームルーターは自宅に据え置きで利用するルーター端末です。ルーターに同時に接続できる端末数も多いので、スマホやタブレット、パソコンなど家での利用機器が多い人におすすめです。

ポケット型WiFiは、小型のルーター端末を外出先にも携帯してWiFiを利用できます。外出先でもWiFiを気兼ねなく利用できるので、外での作業が多い人はポケット型WiFiもチェックしてみてください。

▼どっちを購入するか迷っている方は、ホームルーターとモバイルルーター(ポケット型WiFi)の違いを解説しているこちらの記事を参考にしてください。

理由3|au・UQモバイルのセット割引対象

auとUQモバイルのユーザーは、カシモWiMAXを契約するとセット割引の対象となります。

セット割引を適用すると、スマホの月額料金から1,100円(税込)の割引となり、通信費全体を抑えられます。

たとえば、auユーザーで「使い放題MAX 5G」の場合、月額料金は7,238円(税込)ですが、セット割を適用すると、6,138円(税込)となります。カシモWiMAXの月額料金を足すと、10,956円(税込)が通信費となります。

UQモバイルユーザで「コミコミプラン」を利用していた場合、月額料金は通常3,278円(税込)です。セット割を適用すると2,178円(税込)となり、カシモWiMAXの利用料金を足しても6,996円(税込)と1万円を下回ります。

au・UQモバイルのユーザーはぜひカシモWiMAXをチェックしてみてください。

▼カシモWiMAXについて詳しく知りたい方や、契約しても大丈夫なサービスなのか気になる方は、カシモWiMAXの評判・口コミを紹介しているこちらの記事をご覧ください。

スマホの通信制限に関するよくある質問

スマホの通信制限に関するよくある質問をまとめました。

通信制限にかかっても使い続けることは可能?

通信制限にかかっても使い続けることは可能です。

しかし、通信速度が128kbpsに制限され、大変低速となっています。そのため、利用できたとしても簡単なウェブサイトの閲覧程度が限界です。

画像を伴うSNSや動画視聴は難しくなるため、WiFiを利用するか、データチャージなどで解除するのがおすすめです。

通信制限にかかる前に通知が届くように設定できる?

ドコモ・au・ソフトバンクの3社では、通知サービスを行っています

通信制限にかかる手前と、かかった時に通知がくるようになっています。ドコモは通知サービスに申し込みが必要なので注意が必要です。

また、Androidは端末側でも所定のデータ通信量を超えた時に通知が来るように設定できます。

データ容量を管理できるアプリはある?

データ使用量を通知してくれるアプリもあります

iPhoneの場合は、Androidのように端末側で通知を設定できないので、アプリでデータ使用量の管理や通知が行えると便利です。

ストアで評価が星4.4の無料アプリ「ギガ残量」や、購入が必要ですがかわいくデータ容量を管理できる「カナヘイの通信量チェッカー」などがあります。ストアで「通信量 チェック」などで検索してみましょう。

通知サービスのないキャリア以外で契約している場合には、ぜひアプリを活用してみてください。

ギガ残量
ギガ残量
無料
posted withアプリーチ
カナヘイの通信量チェッカー
カナヘイの通信量チェッカー
¥160
posted withアプリーチ

スマホの通信制限まとめ

スマホの通信制限についてまとめました。最後におさらいしましょう。

スマホの通信制限まとめ
  • 通信制限にかかると通信速度が128kbpsに制限され超低速に
  • データチャージやWiFiの活用で解除可能
  • 通信制限対策なら「WiFiの活用」「設定の変更」「プランの変更」
  • WiFiを契約するなら、データ容量無制限の「カシモWiMAX」がおすすめ

スマホのデータ容量を使い切ってしまうと、「通信制限」にかかってしまいます。通信制限にかかると、スマホの通信速度が128kbpsに制限され、超低速になります

128kbpsという速度は、簡単なウェブサイトの閲覧ができる程度の速度です。画像の多いSNSや動画の視聴はできなくなります。

通信制限にかかってしまったら、通信制限が解除されるまで待つか、データチャージをして通信制限を解除したり、WiFiを活用したりすればいつも通りにスマホを利用できます。

通信制限にかからないためにも、自宅や職場、学校などのWiFiを活用するのがおすすめです。また、モバイルデータや位置情報の設定を変更することで、データ通信の量を減らせます。

それでも通信制限にかかってしまうようであれば、プランの変更なども視野にいれましょう。

WiFiを活用するなら、自宅でも外出先でも使えてデータ容量の上限が無制限の「カシモWiMAX」がおすすめです。