WiFiのデータ容量の目安は?超えたらどうなる?容量別のおすすめWiFiも

※当記事はPRを含みます。
※カシモWiMAXは株式会社マーケットエンタープライズの関連会社、株式会社MEモバイルが運営しています。

毎日何気なく使っているWiFiですが、どれくらいのデータ容量が自分にとって適切なのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

この記事では、WiFiのデータ容量の目安について詳しく解説していきます。データ容量を超過してしまった場合や、容量を選ぶときのポイントまで徹底解説。

容量別に契約におすすめのプロバイダも紹介しているので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

WiFiのデータ容量の目安一覧

WiFiのデータ容量の目安として、100GBの容量でできることを以下にまとめました。使用しているサイトや機器、利用状況でも変動があるのであくまで目安となっています。

サービス名 100GB利用 1日あたり
Webサイトの閲覧 約33万回 約11,000回
メールの送受信 約20万9000通 約7,000通
LINE通話 約5,550時間 約24時間
Netflix 約330時間 約10時間
TikTok 約185時間 約6時間
Zoom 約200時間 約6時間
YouTube 約163時間 約5時間
音楽の視聴(1曲5分) 約25,000曲 約830曲
オンラインゲーム 約280時間 約9時間

100GBあればデータ容量の残量を気にすることなく、インターネットを楽しめます。

ただし、MM総研による「携帯電話の月額利用料金とサービス利用実態(2023年1月調査)」によれば、スマホでのWiFiデータ通信量の平均は10.64GBでした。

そのため普段使いであれば、タブレットやPCでの利用も含めて20GBほどあれば十分という人が多いでしょう。

WiFiのデータ容量超過後はどうなる?

WiFiのデータ容量を超過してしまったら、その後はどうなるのでしょうか。詳しく解説していきます。

速度制限とは?

通信制限とは、通信速度に制限がかけられて低速での通信しかできなくなる状態です。

契約しているプランのデータ容量を使い切って上限を超えてしまった場合に速度制限となります。また、無制限プランを契約していても、短時間に大きいデータ容量を連続で通信すると一時的に速度制限がかかります。

回線には多くの利用者がいるため、利用者が快適に通信を行える環境が必要です。そのため、通信が集中した場合に制限をすることで回線を保持しています。

個人の通信量だけでなく、エリア全体の通信量が対象の場合もあるので、夜間などに通信速度が遅くなったなと感じたら速度制限の可能性があります。

速度制限にかかったときの対処法

WiFiが速度制限にかかってしまった時の対処法はいくつかあります。主な対処法は以下の通りです。

  • テザリング
  • 無料のWiFiスポットを利用する
  • 速度制限が解除されるまで待つ

WiFiが速度制限にかかってしまった時の対処法として、テザリングがあります。

テザリングはスマホのデータ容量を使用してパソコンやタブレットにWiFiを提供します。そのため、スマホのデータ容量の残量に注意しましょう。

無料のWiFiスポットを利用するのも1つです。ただし、無料のWiFiスポットは不特定多数の人が利用するためセキュリティ面が脆弱です。仕事の内容のやり取りや重要な情報を扱うWebサイトへのログインは避けてください。

最後に、速度制限が解除されるまで待つことも対処法の1つです。データ容量を使い切ってしまった場合は翌月1日や、請求の更新日などに通信制限が解除されるのでそれまで待ちましょう。

無制限プランを契約しているけど通信量が集中してしまい通信制限にかかった場合や、夜間などの時間帯による通信制限は一時的なものです。時間をおいてから再度通信をためしてみてください。

速度制限にかからないようにする方法

通信制限にかからないようにするには、データ容量の上限があるプランを契約しているか、無制限のプランを契約しているかで対策方法が違います。

まずデータ容量に上限があるプランを契約している場合は、バックグラウンド通信をオフにしたり、位置情報を切ったりすることで、気が付かないうちに利用しているデータ容量を減らせます。

設定を変更して気を付けていても頻繁に速度制限にかかるようであれば、契約しているプランのデータ容量が適切ではないのかもしれません。プランの変更や乗り換えを視野に入れましょう。

無制限のプランを利用しているのに関わらず速度制限にかかってしまうケースは、短時間に大きいデータ容量を集中して通信した場合です。

映画を何本も一気にダウンロードしたりすると速度制限にかかる可能性が高くなります。使用するデータ容量の大きい通信は、ある程度分けて行うと良いでしょう。

夜間や土日など、回線の利用者が集中している時間帯に速度制限にかかってしまう場合は、利用する時間をズラすことで対処できます。どうしても利用が不便な場合は、他社への乗り換えも検討してみてください。

WiFiのプランを選ぶときの判断基準

WiFiのプランを選ぶときの判断基準とデータ容量の目安は以下の通りです。

  • WiFiを使う機会が少ないなら20GB
  • 大容量かつ安く使うなら100GB
  • 容量を気にせずたくさん使うなら無制限

WiFiを使う機会が少ないなら20GB

WiFiを使う機会が少ないなら20GBのプランを選ぶのがおすすめです。

平日の夜と休日のみの利用であれば、動画の視聴やオンラインゲームをしても20GBあれば十分に楽しめます。

また、20GBのプランは小容量プランとなるので月額料金も最安級のプロバイダやプランが多いです。通信費を抑えたいという人にも20GBのプランがぴったりです。

>>20GBのおすすめWiFiはこちら<<

大容量かつ安く使うなら100GB

100GBは無制限のプランに比べて月額料金が安く設定されています。

100GBあれば上記の表の通り、普段の利用から仕事、趣味まで十分にカバーできるデータ容量です。

そのため、無制限ほどはデータ容量を使わないけど、ある程度データの残量を気にせずにインターネットを楽しみたい人におすすめの容量となっています。

>>100GBのおすすめWiFiはこちら<<

容量を気にせずたくさん使うなら無制限

容量を全く気にせずにインターネットを利用したい人はデータ容量無制限のプランを選びましょう

無制限のプランであれば、使ったデータ容量に関わらず月額料金が定額のため、長期的な利用もしやすくなっています。

家族が多く、複数の端末をWiFiに繋いで通信を行う機会や、在宅メインのため家でパソコンやスマホを利用した作業が多い人は無制限プランを選ぶと安心です。

>>無制限のおすすめWiFiはこちら<<

データ容量別のおすすめWiFi

20GB、100GB、無制限のデータ容量別のおすすめWiFiを紹介します。

【20GB】THE WiFi

(税込) THE WiFi FiT
データ容量 1~100GB
月額料金 1GBまで:1,298円
5GBまで:1,628円
20GBまで:2,068円
40GBまで:2,596円
100GBまで:3,960円
スマホセット割引
端末代金 0円
事務手数料 3,300円
キャッシュバック
違約金 10,780円
支払い方法 クレジットカード
契約期間の縛り 2年契約
5G対応 ×

THE WiFiは、20GBまでの利用がお得なプロバイダです

「THE WiFi FiT」のプランを選ぶと従量制の月額料金となり、1GBから100GBまでデータ容量を利用できます。20GBまでの場合、月額2,068円(税込)と業界でも最安級となっています。

また、20GBを超えてしまった場合でも、従量制のプランなので、データ容量を使い切ったために速度制限になることがありません。データの使用量の多い時でも安心です。

小容量のプランを探している人は、THE WiFiをチェックしてみてください。

【100GB】モンスターモバイル

(税込) モンスターモバイル
MONSTER MOBILE
データ容量 100GB
月額料金 2,948円
初月の料金 2,948円
(日割りなし)
スマホセット割引
端末代金 0円
事務手数料 3,300円
キャッシュバック 最大5,000円
3年間の合計料金
ーキャンペーン
106,128円
実質月額料金 2,948円
違約金 2,948円
2年契約プラン100GBの場合
支払い方法 クレジットカード
契約期間の縛り 2年契約
(縛りなしプランもあり)
5G対応 ×

モンスターモバイルは、14日間のお試し期間があるWiFiプロバイダです。

お試しキャンペーンの対象はデータ使用量が2GB以下の場合に限られますが、実際に使って試せるのできちんと通信できるか不安な人も安心です。

また料金プランも非常に安く、100GB使っても月額2,948円(税込)となっており、大容量を安く使いたい人におすすめのプロバイダとなっています。

モンスターモバイルでは、ルーター端末が無料レンタルのため、他プロバイダで発生する端末料金がありません。解約時に返却するので、解約後のルーター端末の処分に悩まなくていいのもメリットです。

手軽な大容量プランのWiFiを探している人には、モンスターモバイルがおすすめです。

【無制限】カシモWiMAX

カシモWiMAX
(税込) カシモWiMAX
データ容量 実質無制限
月額料金
(縛りなしプラン)
契約初月:1,408円
翌月〜:4,818円
初月の料金 1,408円
(日割りなし)
スマホセット割引 au:最大1,100円/台
UQモバイル:最大1,100円/台
端末代金 実質0円
(770円/月を36ヵ月割引)
事務手数料 3,300円
キャッシュバック Amazonギフト券10,000円
3年間の合計料金
ーキャッシュバック
160,038円
実質月額料金 4,446円
違約金 0円
支払い方法 クレジットカード
契約期間の縛り なし
5G対応
▼実質月額料金の計算はこちら
月額料金(税込) カシモWiMAX
初月 1,408円
1~36ヵ月目 4,818円
機種代金 0円
キャッシュバック -10,000円
合計 160,038円
実質月額料金 4,446円

カシモWiMAXはシンプルな料金プランが魅力のプロバイダです。

月額料金は初月1,408円(税込)、その後はずっと4,818円(税込)から変動がありません。データ容量無制限なので、どれだけ使っても月額料金が変わらず安心なプラン設定となっています。

また、通常27,720円(税込)の端末料金を分割払いに設定すると、分割サポートが適用され、端末代金が実質0円になります。

au・UQモバイルユーザーは、カシモWiMAXを契約するとスマホ料金から毎月1,100円(税込)の割引きとなる、「セット割」も利用可能となっています。

初期費用を抑えて無制限のWiFiを利用したい人は、カシモWiMAXを検討してみてください。

無制限で使えるおすすめポケット型WiFiの中で検討したいという方は、こちらの記事を参考にしてください。

WiFiのデータ容量に関するよくある質問

WiFiのデータ容量に関するよくある質問をまとめました。

WiFiのデータ容量は途中で変更できる?

プロバイダやプランによって違います

この記事で紹介しているTHE WiFi、モンスターモバイルはともにプランの変更が可能です。

ただし、THE WiFiは3,300円(税込)、モンスターモバイルは1,100円(税込)の手数料が発生します。また、両プロバイダともプランの内容によっては変更できないものもあるので注意が必要です。

データ容量や契約期間は、申し込み前にしっかり確認しておきましょう。

海外でWiFiを使うときは何GB必要?

海外でスマホ等を使う場合、一番多く利用するのがウェブ検索とマップです。

動画の視聴などをせず、検索などのみの利用であれば1日あたり300~600MBあれば十分となっています。不安な人は1日あたり1GBと考えておけば、急なトラブルなどがあっても安心です。

旅行の日数などと合わせて総データ量を計算してみてください。

▼海外旅行・出張の際は、ポケット型WiFiを持っていくと安心です。こちらの記事では、おすすめの海外用レンタルポケット型WiFiを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

自宅でもWiFiを使う場合はどれくらい容量があればいい?

普段のデータ使用量や、自宅にどれくらいいるか、利用状況などによって変わります。

しかし、上述の調査によれば、スマホでのWiFiデータ通信量の平均は10.64GBとなっているので、20GBほどを設定すれば最低限のインターネット通信は快適にできると考えられます。

在宅で仕事をすることが多かったり、オンラインゲームが趣味だったり、映画を何本も見たりといったライフスタイルであれば、大容量~無制限のプランを契約するのがおすすめです。

また、家族が多く接続する端末数や同時に通信する量が多い場合も、大容量~無制限のプランを選択していると安心です。

▼以下の記事では、自宅でも使えるおすすめのWiFiを紹介しています。あわせてご一読ください。

WiFiのデータ容量の目安まとめ

WiFiのデータ容量の目安についてまとめました。最後におさらいしましょう。

WiFiのデータ容量の目安まとめ
  • 100GBあればデータ容量の残量を気にすることなくインターネットが楽しめる
  • データ容量を使い切ったり、通信が集中すると速度制限にかかるので注意
  • 家にいる時間が短い、大きな通信はさほどしないのであれば20GBがおすすめ
  • 月額料金は抑えたいけど、データ容量も妥協したくない人には100GBがおすすめ
  • 仕事や趣味でデータ容量を気にせず使いたい場合は無制限プランがおすすめ
  • 20GBは「THE WiFi」、100GBは「モンスターモバイル」、無制限プランは「カシモWiMAX」がおすすめ

WiFiのデータ容量の目安としては、100GBあれば仕事も趣味もカバーできるデータ容量と言えるでしょう。しかし、調査によればスマホによるWiFi通信のデータ通信量の平均は10GB程度です。

そのため、自宅にいる時間が短い人や、あまりデータ通信を行わないという人は、20GBほどデータ容量があれば十分快適にインターネットを楽しめます。

月額料金は抑えたいけど、通信量は多めだという人には100GBがおすすめです。100GBあればゲームや仕事で毎日利用しても、データ容量の残量に安心感があります。

データ容量無制限プランは、在宅メインで仕事をしている人や家族の複数の端末をWiFiに繋いで利用したい人におすすめです。データ容量の上限を気にすることなく使えます。

0GBであれば月額料金が安い「THE WiFi」、100GBであれば手軽さが魅力の「モンスターモバイル」、無制限プランならコスパが良くシンプルな「カシモWiMAX」がおすすめです。