海外用レンタルポケット型WiFiおすすめはこれ!安い・無制限のモバイルWiFi

※当記事はPRを含みます。
※カシモWiMAXは株式会社マーケットエンタープライズの関連会社、株式会社MEモバイルが運営しています。

ポケット型WiFiにはレンタルサービスがあり、海外でも通信できるポケット型WiFiもあります。

そこで今回は、おすすめの海外用レンタルポケット型WiFiをまとめました。

海外旅行や海外出張にあわせてWiFiのレンタルを検討している人は、ぜひチェックしてみてください。

1分でわかる!記事の内容
  • 海外でのポケット型WiFiレンタルは、1か国のみのプラン複数国使える周遊プランがある
  • レンタル費用は1GBで最安600円前後。短期利用ならデータ容量1GB程度で十分
  • 最も安く利用できるのは「フォートラベル GLOBAL WiFi

海外旅行・出張でインターネットを使う方法

海外でインターネットを使う方法として、海外対応のレンタルポケット型WiFi・海外SIM・海外ローミングの3種類が挙げられます。

海外対応
レンタルポケット型WiFi
海外SIM 海外ローミング
こんな人に
おすすめ
・初めての海外旅行/
出張で使いたい人
・複数人で一緒に使いたい人
・海外に行き慣れている人
・スマホやSIMの知識がある人
・料金を安く抑えたい人
・手間をかけたくない人
1日あたりの
料金相場(※)
700円~2,000円 500円~700円 1,000円
申込・返却の
手間
×
※使用する国・地域によって大きく異なる可能性があります。

ここからは、それぞれどのような特徴があるのか詳しく説明していきます。

海外対応レンタルポケット型WiFi

海外対応のレンタルポケット型WiFiは、本体の電源を入れるだけでWiFiに接続できるので、初心者向けの方法と言えます。

受取・返却は必要ですが、レンタルの流れや接続方法が簡単なことが特徴です。

また、ポケット型WiFiは複数台同時に接続することが可能なので、同行者と一緒に使えば1人あたりの費用を安く抑えられます。

ただし、使い方が簡単というメリットがある一方で、受取・返却の手間や端末の持ち歩きが必要というデメリットもあります。

海外SIM

海外SIMは、今使っているスマホに海外対応のSIMカードを挿して使う方法です。

サービスによってはeSIMにも対応していますので、対応スマホがあればオンライン上で手続きしてすぐに利用できます。

他の2つに比べると料金は安く、WiFiルーターを持ち運ぶ必要もありません。ただし、設定がやや複雑なのでスマホやSIMの知識をある程度持っている人におすすめの方法です。

海外ローミング

3つ目の海外ローミングは、現在契約中のスマホキャリアで海外ローミングオプションを申し込んでインターネットを使う方法です。

端末の受け取りやSIMの設定が必要なく、オンラインで申し込むだけで完了するため、とにかく手間をかけたくないという方に適しています。

ただし、1日あたり1,000円を超えることがほとんどなので、数週間滞在する予定の方や費用を安く抑えたいという方には不向きと言えるでしょう。

海外向けレンタルポケット型WiFiの選び方

海外用レンタルポケット型WiFiを選ぶときは、以下の5点をチェックしましょう。

  1. 渡航先に対応しているか確認する
  2. データ容量・速度を決める
  3. レンタル料金を比較する
  4. サポート内容を確認する
  5. 受取方法・返却方法を確認する

STEP1.渡航先に対応しているか確認する

海外用レンタルポケット型WiFiには、「1か国だけで使えるプラン」と「複数国で使えるプラン」の2種類があります。

  • 1か国のみで使えるポケット型WiFi
  • 複数国使える「周遊プラン」のポケット型WiFi

「1か国だけで使えるプラン」は、文字どおり1か国でしか通信できないプランです。海外用ポケット型WiFiはレンタル会社によって対応国が違うため、渡航先に対応しているか確認しましょう。

「複数国で使えるプラン」は、「周遊プラン」とも呼ばれます。アジアやヨーロッパなど複数の国や地域をまたぐ場合は、周遊プランがおすすめです。

周遊プランであれば、1か国づつ契約するよりも安く、国境をわたる時も途切れず通信できます。

STEP2.データ容量・速度を決める

海外用ポケット型WiFiをレンタルするには、「データ容量」と「速度」を決める必要があります。

データ容量とは、ギガ数のことです。多くのレンタルポケット型WiFiでは、300GB・600MB・1GB・無制限といったデータ容量が用意されています。

用途1GBでできることの目安
Webサイトの閲覧約3,300回
LINE通話約55.5時間
Twitter約3〜5時間
Instagram約1〜2時間
YouTube360p:約3時間
480p:約2時間
720p:約1時間
Netflix(標準画質)約1時間
Spotify約250曲

1GBでできることを見てみると、Webサイトの閲覧やLINEでのやり取りは1GBでも十分だとわかります。

そのため、基本的には1GBのプランがおすすめです。InstagramやYouTubeといった動画SNSを見る可能性がある方のみ、無制限プランを選びましょう。

また、海外用レンタルポケット型WiFiには、5G・4G・3Gといった通信速度(通信回線)も選べる場合があります。私たちが普段使っているのは4G回線なので、4G回線を選んでおくと安心です。

STEP3.レンタル料金を比較する

プランがある程度決まってきたら、海外用レンタルポケット型WiFiの料金を比較していきます。

レンタル会社によっては、早めに申し込むと「早割」で料金が安くなる場合もあります。同じデータ容量・国で比較し、どの会社が1番安いか比較しましょう。

また、各社レンタル料金とは別に有料オプションも用意しています。オプションがない方が安くレンタルできますが、渡航国の治安が悪い場合やサポートが必要な場合はオプションも見ておきましょう。

STEP4.サポート内容を確認する

海外用レンタルポケット型WiFiでは、各社問い合わせ窓口を用意しています。

WiFiルーターの設定や接続から、渡航中の盗難やトラブルの問い合わせまで受け付けています。どのレンタル会社も最低限電話窓口は設置していますが、24時間対応の会社とそうでない会社があります。

トラブルに遭った場合、24時間受付でないと困った時に問い合わせできません。また、電話の他にもメールやLINE、Skypeでもサポート対応をしているレンタル会社もあります。

料金プランを比較した上で、なるべくサポートの窓口が多く、対応時間が長いレンタル会社を選びましょう。

STEP5.受取方法・返却方法を確認する

STEP1〜STEP4である程度レンタル会社が決まったら、最終確認としてポケット型WiFiの受取方法・返却方法を見ていきます。

  • 国内の空港
  • 現地の空港や駅など(韓国・ハワイ)
  • 宅配
  • コンビニ(セブン-イレブン)

海外用のレンタルポケット型WiFiのため、多くの会社は空港での受け渡しに対応しています。

羽田・成田空港はほとんどの会社が対応していますが、他の空港で受け取りたい方は対応しているか確認しましょう。

国内の空港ではカウンターだけでなく、受取用ロッカーや返却BOXが利用できる場合もあります。

宅配を利用する場合は、送料がかかる場合があるので注意しましょう。コンビニでは受け取りのみに対応しています。

海外向けおすすめレンタルポケット型WiFi比較

人気渡航先である韓国とアメリカ本土の料金を元に、おすすめの海外向けレンタルポケット型WiFiを比較します。

サービス名 韓国
無制限/日
料金(税込)
アメリカ本土
無制限/日
料金(税込)
対応国・地域 サポート 公式サイト
フォートラベル
GLOBAL WiFi

769円

801円

200以上

電話
LINE

詳細
グローバルWiFi
790円

840円

200以上

電話
メール
LINE
Skype

詳細
ZEUS WiFi
for Global

800円

850円

135以上

チャット
メール

詳細
HISモバイルWi-Fi
990円

1,090円

150以上

電話
メール

詳細
JAL ABC
1,150円

1,250円

170以上

電話
メール

詳細
イモトのWiFi
1,860円

2,360円

200以上

電話

詳細
jetfi
2,070円

2,670円

100以上

電話
メール

詳細
楽天トラベル
グローバルWiFi

2,070円

2,370円

200以上

電話
メール

詳細

フォートラベル GLOBAL WiFi

フォートラベル GLOBAL WiFi

フォートラベル GLOBAL WiFiは、非常に料金が安いWiFiレンタルサービスです。多数の国・地域に対応しており、データ容量を4種類から選べます。

(税込) フォートラベル GLOBAL WiFi
対応国
地域の数
200以上
韓国(4G) 300MB:275円/日
600MB:409円/日
1.1GB:587円/日
無制限:769円/日
アメリカ本土
(4G)
300MB:357円/日
600MB:501円/日
1.1GB:559円/日
無制限:801円/日
対応速度 4G・3G
サポート 電話(24時間受付)
LINE(24時間受付)
受取
返却場所
空港
宅配
現地(韓国・ハワイ)
補償サービス 安心補償パック
(220~550円/日)

韓国への渡航の場合は4Gのみ利用できます。渡航先によっては3Gも利用でき、4Gよりも安くレンタルが可能です。

周遊プランにはアジア・ヨーロッパのほかに、世界周遊のプランもあります。

国内の空港であれば、19空港で受け取り・返却12空港でロッカー受け取りができます。宅配の場合は、別途550円(税込)がかかるので注意しましょう。

安心補償パックに加入すると、端末の修理や再調達の代金が80%または100%補償されます。携行品の紛失や盗難などの際、最大10万円補償付きなので、いざという時に安心です。

GLOBAL WiFi(グローバルWiFi)

グローバルWiFi

GLOBAL WiFiはサポートや受け取り方法、オプションの種類が豊富なWiFiレンタルサービスです。サービスの概要をチェックしましょう。

(税込) GLOBAL WiFi
対応国
地域の数
200以上
韓国(4G) 300MB:490円/日
600MB:540円/日
1.1GB:630円/日
無制限:790円/日
アメリカ本土
(4G)
300MB:598円/日
600MB:608円/日
1.1GB:653円/日
無制限:840円/日
対応速度 4G・3G
サポート 電話(24時間受付)
LINE(24時間受付)
Skype(24時間受付)
メール
受取
返却場所
国内17空港
宅配
セブン-イレブン(受取のみ)
現地(韓国・ハワイ)
補償サービス 安心補償パック
(220円/日〜)

GLOBAL WiFiでは、当サイト経由の申し込みにより限定価格でレンタルできるほか、通常550円(税込)の受取手数料が無料になります。

サポート体制が充実しているのも魅力の1つで、LINEやSkypeで気軽に問い合わせができます。コンビニでの受け取りに対応しているのも便利ですね。

安心補償パックは、機器の弁償代が80~100%免除されるサービスです。1日550円(税込)の「安心補償パック MAX」なら、空港で預けた手荷物の遅延補償や傷害死亡保険も付帯されます。

ZEUS WiFi for Global

ZEUS WiFi for Globalは業界最安値級の料金設定が魅力の、海外専用WiFiレンタルサービスです。

(税込) ZEUS WiFi for Global
対応国
地域の数
135以上
韓国(4G) 500MB:380円/日
1GB:620円/日
無制限:800円/日
アメリカ本土
(4G)
500MB:380円/日
1GB:610円/日
無制限:850円/日
対応速度 4G
サポート チャット
メール
受取
返却場所
宅配のみ
補償サービス
(レンタル品の修理代金
・再調達代金)
端末サポート/ワイド:330円/日
(100%補償)
端末サポート/ミニ:220円/日
(50%補償)

各国での1日あたりの利用料金は以下の表を参考にしてください。

料金プラン(1日あたり)
500MB 1GB 無制限
アメリカ 380円 610円 850円
韓国 380円 620円 800円
中国 630円 780円 880円
台湾 290円 610円 740円
タイ 380円 610円 850円
▼もっと見る
ベトナム 380円 610円 630円
シンガポール 480円 680円 830円
フィリピン 480円 680円 880円
スペイン 530円 760円 880円
香港 380円 610円 740円
グアム 570円 780円 1,050円
ハワイ 380円 610円 850円
イギリス 480円 760円 770円
フランス 350円 740円 770円
ドイツ 350円 860円 1,120円
アジア周遊 580円 830円 1,100円
ヨーロッパ周遊 670円 880円 970円

人気の旅行先の国や地域でも、場所によっては無制限でも1日1,000円以下でWiFiを利用できます

料金に関しては、公式サイトから簡単にシミュレーションができるので、旅程に合わせた金額を確認してください。

通常、端末は出発日の3日前までに届けてくれます。心配な人は有料オプションにはなりますが、最大8日前に届く「事前配送オプション」を利用してください。

他の有料オプションとして、「トランジットオプション」もあります。対象の国と地域であれば、経由地でもWiFiが利用できます。

現在ZEUS WiFi for Globalでは、送料無料キャンペーンを実施中です。自宅で端末を受け取りたい方は、キャンペーンを利用してお得にWiFiを使いましょう!

HISモバイルWiFi

HISモバイルWiFi

HISモバイルWiFiは、旅行会社として有名なHISが提供するレンタルサービスです。以下の表でサービスの概要をチェックしましょう。

(税込) HISモバイルWi-Fi
対応国
地域の数
150以上
韓国(4G) 500MB:590円/日
無制限:990円/日
アメリカ本土
(4G)
500MB:690円/日
無制限:1,090円/日
対応速度 4G
サポート 電話
メール
受取
返却場所
空港
宅配
補償サービス あんしん保証
※無料

HISモバイルWi-Fiは周遊プランの安さが特徴です。

アジアとヨーロッパの周遊プランがあり、無制限プランの場合、アジア周遊は1,500円/日、ヨーロッパ周遊は1,800円/日となっています。

受け取り・返却ができる空港は3つのみなので、他の空港を利用する場合は宅配受け取りを利用しましょう。なお、宅配での受け取り・返却には送料の支払いが必要です。

補償サービスはプラン料金に含まれています。ポケット型WiFiやオプションでレンタルした機器について、盗難や破損時の弁償代が100%補償されるため安心です。

JAL ABC

JAL ABC

JAL ABCは航空会社のJALが提供しており、旅行に役立つ機器のレンタルを行っています。WiFiレンタルサービスの概要は以下の通りです。

(税込) JAL ABC
対応国
地域の数
170以上
韓国(4G) 無制限:1,150円/日
アメリカ本土
(4G)
無制限:1,250円/日
対応速度 4G
サポート 電話
メール
受取
返却場所
空港
宅配
補償サービス 安心補償
(210円/日)

JAL ABCのポケット型WiFiは多数の渡航先に対応しています。周遊プランはヨーロッパ・世界56か国・177か国の3種類です。

受け取りや返却は、国内3空港または宅配により行います。

宅配の場合は、受け取りの際に763円(税込)の送料がかかるので、覚えておきましょう。宅配を利用する場合は電話予約をしてください。

安心補償は、機器の弁償代が最大70%補償されるサービスです。安い料金で万が一の事態に備えられます。

ポケット型WiFiのレンタルによりJALのマイルが貯まるのも魅力です。1台につき200マイルを獲得できるため、マイルを貯めている方にもおすすめです。

イモトのWiFi

イモトのWiFi

イモトのWiFiは、芸能人のイモトアヤコさんも利用している海外用ポケット型WiFiです。

データ容量は、500MB・1GB・無制限の3つから選べます。渡航国によっては安い3G回線のプランが選べるようですが、基本的にはどの国も4G回線のプランのみです。

(税込) イモトのWiFi
対応国
地域の数
記載なし
韓国(4G) 500MB:640円/日
1GB:1,160円/日
無制限:1,860円/日
アメリカ本土
(4G)
500MB:1,560円/日
1GB:1,860円/日
無制限:2,360円/日
対応速度 5G・4G・3G
サポート 電話(24時間受付)
受取
返却場所
空港
宅配
東京本社
補償サービス 安心補償パック
(220円/日〜)

新型コロナウイルスの関係で空港カウンターでの営業を停止していましたが、2022年10月から順次再開しています。

成田空港や羽田空港をはじめ、イモトのWiFiカウンターがある全空港でポケット型WiFiの受け取り・返却が可能です。

安心補償パックはMINI・FULL・MAXの3種類です。MINIでは80%、FULLでは100%の弁償金が免除されます。

MAXは弁償金の100%免除のほか、携行品や手荷物遅延の補償、傷害死亡保険も付帯されるサービスです。モバイルバッテリーと補償がセットになったオプションもあります。

海外向けレンタルポケット型WiFiの注意点

海外向けレンタルポケット型WiFiを利用する際の注意点は、以下の通りです。

(1)返却期日の超過に注意

WiFiをレンタルする場合、返却の期限が設定されます。借りている端末は返却の期限を超えないようにしましょう。返却の期限は、サービスによって違います

例えば、ZEUS WiFiは「帰国日の翌日の消印」が有効、フォートラベル GLOBAL WiFiは「帰国日中にカウンターに返却」、HISモバイルWiFiは「帰国予定日を含む3日以内の消印」が有効です。

自分が借りているサービスの返却期限がいつまで有効なのか確認しておきましょう。返却期限を超過してしまうと、返却されるまで料金が請求されます

利用していないのに料金が請求されるのはもったいないので、期限に間に合うように忘れずに返却の手配を行ってください。

(2)ルーターの紛失・故障に注意

ポケット型WiFiのルーター端末は手のひらサイズの小型なものです。そのため、荷物に紛れてしまったり紛失しやすいので注意が必要です。

また、持ち出して使う機会が多いため、水濡れなどで故障を起こす可能性も高くなっています。ルーター端末の扱いにはくれぐれも注意しましょう。

また、端末と一緒に貸し出されている充電コードなども紛失・故障がないように管理する必要があります。

紛失や故障が不安という人は、補償オプションをつけるのがおすすめです。

(3)申し込みの国・地域以外では接続しない

海外用のレンタルWiFiは、レンタルするときに申し込んだ国や地域でしか接続できません。

トランジットや国境を越えての遠出で申し込みの国や地域以外に行く場合、その場ではWiFiが利用できなくなります

トランジット先で滞在時間が長い場合は、トランジット先でも使えるオプションがあるサービスを選ぶのがおすすめです。

また、他の国・地域に行く予定があったり、何ヵ国も旅する予定がある人は周遊プランを選ぶと良いでしょう。

(4)無制限プランでも速度制限にかかることがある

無制限プランを契約していたとしても、速度制限にかかる場合があります。

速度制限にかかる基準は、サービスによって違いますが、主に大きなデータ通信を短期間に繰り返すと通信制限となります

普通のWeb閲覧やSNSの更新などで通信制限にかかる通信になることはまずありませんが、動画のダウンロードや重たいファイルをやりとりする場合は気を付けましょう。

海外向けレンタルポケット型WiFiの申込~返却の流れ

海外向けレンタルポケット型WiFiの申込~返却の流れは大きく分けると以下の通りです。

  1. レンタルサイトから申し込む
  2. 端末を受け取る
  3. 貸出品の内容を確認する
  4. 端末一式を返却する

ここからは、申し込みから返却までの流れについて一つずつ説明していきます。

レンタルサイトから申し込む

海外向けポケット型WiFiのレンタル申し込み時に選択する項目は、主に以下のような内容です。

  • 渡航期間・利用するエリア
  • 受取・返却方法
  • データ容量・速度
  • 補償・オプション

レンタル期間は渡航期間ではなく、端末を借りる期間を入力します。利用するエリアは、国だけではなく都市まで確認しましょう。

受取方法は直接受取と宅配受取があるので、都合がいい方法を選択します。深夜便で空港受取を利用する場合は、カウンターの営業時間に注意してください。

なお、サービスによっては、容量や速度(4G対応・5G対応)なども選べる場合があるので、自分に必要なプランを選んでください。

レンタル機器の紛失や故障が不安な場合は、安心補償の加入がおすすめです。そのほか、必要なオプションがあれば追加しておきましょう。

端末を受け取る

申し込み時に選択した方法で端末を受け取ります。

  • 直接受取
    空港カウンターでの受け取り
    レンタルショップの店舗での受け取り
  • 宅配受取
    自宅での受け取り
    ホテルの受付での受け取り

直接受取の場合は、空港カウンターやレンタルショップの店舗など指定した場所で受け取ります。

空港カウンターの場所は基本的に出国ゲートの外にあるため、必ず出国審査場を通る前に受け取ってください。出国ゲートを通過するとカウンターがある場所へは戻れなくなります

宅配受け取りの場合は、自宅やホテルなどに届いた端末を受け取るだけです。

ホテル受け取りをする場合は、事前にホテル側で受け取りが可能か確認しておきましょう。

貸出品の内容を確認する

レンタル機器を受け取ったら、貸出品が揃っているか確認してください。

ポケット型WiFiをレンタルする際には、ルーターだけではなく充電ケーブルや変換プラグなどが同梱されているケースが多いです。

また、明細書に端末番号などが記載されている場合は、番号が一致しているかも確認しておきましょう。

なお、故障や不足しているものがあれば、出国する前にサポートセンターへ問い合わせてみてください。

端末一式を返却する

利用後はレンタルした端末一式を返却します。返却する前に、内容物が揃っているか確認しましょう。

返却忘れがあると追加でレンタル料金がかかったり、弁償金がかかったりするため注意してください。

返却方法は基本的に空港カウンターでの返却またはポスト投函で、複数台レンタルする場合は宅配返却となります。

ポスト投函の場合、何時までに返却すれば当日返却扱いになるのか確認しておきましょう。

サービスによっては利用終了日の翌朝までに投函すれば前日までの料金となる場合があります。

長期で使うなら国内外対応ポケット型WiFiもおすすめ

長期で使う場合は、国内外対応ポケット型WiFiもおすすめです。とくにおすすめなのは以下の2つです。

Rakuten WiFi Pocket|海外ローミングは毎月2GBまで無料

画像_Rakuten WiFi Pocket(楽天)
(税込) Rakuten WiFi Pocket
データ容量 3GB〜無制限
〜3GB 1,078円
3GB〜20GB 2,178円
20GB〜 3,278円
端末代金 7,980円
実質1円

Rakuten WiFi Pocket は楽天モバイルが提供するポケット型WiFiサービスです。

楽天モバイルと共通の料金プランである「Rakuten最強プラン」が利用できるのが特徴で、料金はその月に利用した分だけ支払う従量制となっています。

Rakuten WiFi Pocket は海外でも利用が可能です。出国前に「my 楽天モバイル」から海外ローミング設定をオンにしておくと海外でも利用できるようになります。

海外ローミングの際は、毎月2GBまで無料でデータ通信が行えます。2GBを超えてしまった場合、1GB500円からデータ容量を購入可能なので、長い出張などの際も安心です。

AiR-WiFi|SIM差し替え不要!135ヵ国で使える

(税込) データ容量 月額料金
らくらくプラン 100GB 3,245円
サクッとプラン 100GB 3,377円
おてがるプラン 20GB 1,958円
【海外利用】
AiR 01プラン
アジア/ヨーロッパ/アメリカ/
オーストラリアなど
1GB/日 1,200円
(非課税)
【海外利用】
AiR 02プラン
中東/アフリカ/南米など
1GB/日 1,600円
(非課税)
海外利用料金は月額料金とは別途料金です。利用料金は1日単位でカウントされます。

AiR-WiFiは、クラウド上でSIMデータを管理する技術を採用しているクラウドSIM系WiFiです。

国内ではキャリア回線が繋がるエリアで利用できます。海外でも同様に、SIM交換などは必要なくそのまま135の国で現地回線を使えるのが特徴です。

AiR-WiFiの料金プランは20GBで1,958円(税込)〜と安価な料金で利用できます。ただし、海外利用分は含まれず別途料金が発生する点には注意してください。

  • 例1)タイで3日間利用の場合
    1,200円×3日=3,600円(非課税)
  • 例2)ブラジルで3日間利用の場合
    1,600円×3日=4,800円(非課税)

なお、海外利用の際に利用申請は必要なく、電源を入れるだけで手軽に利用できます。高速通信は1日1GBまでで、超過後も通信速度128Kbpsで利用可能です。

海外向けレンタルポケット型WiFiのよくある質問

海外用レンタルポケット型WiFiに関するQ&Aをまとめます。

海外レンタルWiFiとは何?

海外レンタルWiFiとは、海外でも通信できるよう各国の周波数帯に対応したポケット型WiFiのことです。

国内ポケット型WiFiは国内の周波数帯にしか対応していないことが多く、そのまま海外に持って行っても使えません。

なお、クラウドSIMを使った一部のポケット型WiFiは、国内・海外どちらも使えるものもあります。

海外向けレンタルWiFiは何ギガ使える?

海外向けのレンタルWiFiは、レンタル会社によって選べるデータ容量が違います。

よくあるデータ容量は、500MB・1GB・無制限の3種類です。500MBは、1GBの半分のデータ容量になります。

1GBあれば、Webサイトの閲覧が3,000回以上、LINE通話も55時間できる計算なので十分です。

Instagramや動画配信など、渡航先でもインターネットをかなり使う方には無制限プランをおすすめします。

海外でネットに接続できなくなったときの対処法は?

渡航先で突然インターネットに接続できなくなったら、まずはWiFiルーターを再起動してみましょう。

長時間接続していると、ルーターが発熱したり同時接続による電波障害が起きたりすることがあります。これらが原因の場合は再起動するだけで改善するかもしれません。

また、ルーターによっては周波数帯を変更する方法もあります。再起動しても改善しない場合は試してみてください。

それでも繋がらないときは、各社のカスタマーサポートに連絡しましょう。

通信容量を超えてしまった場合はどうなる?

海外用レンタルポケット型WiFiで所定のデータ容量を使い切ると、速度が最大128kbpsに制限されます。

速度制限は日本時間の0時に解除されますが、それまでは快適にネットを利用できなくなるため注意が必要です。

速度制限を避けたいという方は、無制限プランを申し込んでおきましょう。

なお、GLOBAL WiFiではデータ容量をチャージできます。チャージすればすぐに通常の速度で通信が可能です。

ドコモ・au・ソフトバンクのポケット型WiFiは海外でも使える?

ドコモ・ソフトバンクのポケット型WiFiは、海外でも利用可能です。海外で利用したいときは、端末の設定メニューで国際ローミングをONに設定してください。

ドコモとソフトバンクでは、以下の海外利用向けのプランが提供されています。

  • ドコモ:パケットパック海外オプション、海外パケ・ホーダイ
  • ソフトバンク:海外あんしん定額、アメリカ放題

一定時間データ容量無制限で通信できるプランや、データ使用量が上限に達した場合に速度が制限されるプランがあります。アメリカ放題以外は申し込みが必要です。

海外用プランを利用せずに通信すると、請求額が非常に高くなる恐れがあります。そのため、海外渡航の際は海外用プランを契約するのがおすすめです。

auにも海外用プランはありますが、ポケット型WiFiは利用できないため注意してください。

海外向けレンタルポケット型WiFiまとめ

海外のフリーWiFiはセキュリティ面で危険性があり、利用するのはおすすめできません。海外用レンタルポケット型WiFiなら、安心して渡航先でネットを利用できます。

レンタルサービスを選ぶときには、対応している国・地域やデータ容量などをチェックしましょう。料金が安くおすすめのサービスは以下の通りです。

  • フォートラベル GLOBAL WiFi
  • HISモバイルWiFi
  • JAL ABC
  • GLOBAL WiFi
  • 楽天トラベルグローバルWiFi

データ容量に制限があるプランでは、容量を超過すると日本時間の0時まで速度が制限されます。データ使用量を気にせず利用したい方には、容量無制限のプランがおすすめです。

また、1か国のみで使えるポケット型WiFiだけでなく、複数の国で利用可能な周遊プランもあります。渡航計画に合わせて最適なプランを選びましょう。

海外旅行や海外出張の予定がある方は、ぜひ海外用レンタルポケット型WiFiを利用してみてください。

ポケット型WiFiにはレンタルサービスがあり、海外でも通信できるポケット型WiFiもあります。

そこで今回は、おすすめの海外用レンタルポケット型WiFiをまとめました。レンタル前にぜひチェックしてみてください。

1分でわかる!記事の内容
  • 海外でのポケット型WiFiレンタルは、1か国のみのプラン複数国使える周遊プランがある
  • レンタル費用は1GBで最安600円前後。短期利用ならデータ容量1GB程度で十分
  • 最も安く利用できるのは「フォートラベル GLOBAL WiFi