Try WiMAXとは?お試し時の注意点・申し込みから返却の手順

※当記事はPRを含みます。
※カシモWiMAXは株式会社マーケットエンタープライズの関連会社、株式会社MEモバイルが運営しています。

Try WiMAX」というサービスを知っていますか?WiMAXを15日間無料で試せるサービスですが、使ってみたいけどどのようにしたら使えるのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

この記事では、Try WiMAXについて徹底解説。確認しておくべき事柄や注意点、申し込みの手順についても解説しているので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

UQ WiMAXの「Try WiMAX」とは?

Try WiMAXとは、WiMAXを15日間無料で試して使えるサービスです

実際に使用するルーター端末を用いて、実際の速度や接続台数などを事前に確かめられるので、WiMAXを使ったことがなく、接続に不安がある人にもぴったりです。

お試しするWiFiルーターは、ホームルーターとポケット型WiFiの2種類から選べます。申し込み方法もWebから簡単にできるので、ぜひ一度WiMAXを試してみましょう。

ただし、Try WiMAXの利用にはいくつかの確認事項や注意点があります。この後詳しく解説していきます。

Try WiMAXを申し込む前の確認事項

Try WiMAXを申し込む前に確認しておくべき点は以下の4点です。

  • 申し込み条件を確認する
  • 対応エリア内か確認する
  • お試ししたい機種を決める
  • 申し込みに必要なものを用意する

(1)申し込み条件を確認する

Try WiMAXの申し込みには条件があります。

1つ目の条件は、「申し込み者本人の名義のクレジットカードを登録する」ことです。 Try WiMAXでは、クレジットカードのみの対応となっているので注意が必要です。

また2つ目の条件として、「過去180日間以内にサービス利用履歴がない」ことがあります。過去180日間以内に、Try WiMAXを利用したことがない人のみ、申し込みが可能です。

その他にも、日本国内に在住していることや、過去に端末の未返却がないこと、利用規約に同意することなどが条件として規定されています。契約する前にWiMAXの公式サイトで確認をしましょう。

(2)対応エリア内か確認する

WiMAXには対応エリアがあります。そのため、事前に自分がWiMAXを利用したい場所が対応エリア内か確認しましょう

もちろん、対応エリア外ではWiMAXを使用できません。WiMAXの対応エリアは、WiMAX公式サイトの「対応サービスエリア」内、「エリアマップ」から確認できるので、チェックしてみてください。

エリアマップは3色にわけられています。赤と濃いオレンジの範囲は5Gに対応しています。薄い黄色の部分は4Gのみの対応です。

(3)お試ししたい機種を決める

次にお試ししたい機種を選びましょう。

貸し出し機種は「ホームルーター」と「ポケット型WiFi」の2つのタイプがあります。

ホームルーターは、5G SAサービス対応の「Speed Wi-Fi HOME 5G L13」、非対応の「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」の2種類から選択可能です。

ポケット型WiFiは、5G SAサービス対応の「Speed Wi-Fi 5G X12」と、非対応の「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」から選べます。

2024年3月現在、「Speed Wi-Fi HOME 5G L13」の在庫は少なくなってきているので、この機種を試したい人は早めに申し込みをしましょう。

(4)申し込みに必要なものを用意する

最後に、申し込みに必要なものを用意しましょう。

必要なものは、「クレジットカード」「連絡先メールアドレス」「SMS対応の電話番号、またはキャリアメールアドレス」の3つです。

複雑な書類等は必要ないので、簡単に申し込めます。

Try WiMAXの申し込み・利用手順

Try WiMAXの申し込み・利用手順について解説していきます。主な流れは以下の通りです。

  1. 仮登録をする
  2. 本登録をしてTry WiMAXに申し込む
  3. 端末を受け取る
  4. 初期設定・接続設定を行う
  5. 端末を返却する

手順1|仮登録をする

まずは仮登録をしましょう。仮登録は、重要事項説明に同意すると行えます。

重要事項説明への同意は、「利用規約」と「重要事項説明」の2つの書類を開いて読む必要があります。内容の確認ができたら、「確認した」のチェックボックスにチェックを入れて準備完了です。

次に、認証URL・認証コード送信用のメールアドレスを入力します。連絡先のメールアドレスと、SMSまたはキャリアメールの2つが必要になるので、あらかじめ準備しておきましょう。

連絡先のメールアドレスに、「仮登録完了メール」が届くので、そこに記載されている認証URLを開きます。SMSもしくはキャリアメールに届く認証コードを入力すると、仮登録の完了です。

手順2|本登録をしてTry WiMAXに申し込む

次に、本登録を進めていきます。

フォームに必要事項を入力し、試したい機種や配送時間を選んで申し込みを行います

申し込みが完了すると、「本申込登録完了」メールが届くので確認しましょう。

手順3|端末を受け取る

申し込みが完了したら、端末が配送されます。14:30までに申し込むと、当日発送してくれるので、急いでいる人は時間までに申し込みましょう。

配送された端末を受け取ったら開梱し、付属品などに不備がないか確認します。

手順4|初期設定・接続設定を行う

ルーター端末を電源に繋いだら、初期設定・接続設定を行いましょう

まず初期化を行います。機種の設定画面から「メンテナンス」を選択し、「初期化」を選び、「はい」をタップすると、端末が再起動されます。これで初期化は完了です。

その後、機種の裏面もしくは「設定」の画面から、SSIDパスワードを確認します。スマホやパソコンなど、接続したい機器のWiFi設定画面で確認したパスワードを入力すると、接続されます。

Try WiMAXの設定は以上です。利用を開始して、WiMAXの使い心地を試してみましょう。

手順5|端末を返却する

利用期限までにWiMAXに端末が届くように端末の返却を手配します

まず、付属品に不足がないか確認します。取り扱い説明書やケースなど、忘れやすいものもあるので注意が必要です。

付属品もすべて含めて端末が梱包できたら、運送会社に申し込みをします。配送はヤマト運輸が行ってくれるので、全国の営業所やコンビニなどの窓口に持ち込みが可能です。

また、電話やインターネットで集荷依頼を行うこともできます。持ち込みが難しい場合は活用してみてください。

Try WiMAXでお試しをする注意点

ここからはTry WiMAXでお試しをする注意点について解説していきます。注意点は以下の通りです。

  • 実際に使えるのは10日程度
  • クレジットカードの登録が必要
  • 端末の未返却・破損は違約金が発生する
  • プラスエリアモードは月15GBまで
  • 本契約する場合も端末の返却は必要

(1)実際に使えるのは10日程度

お試し期間は15日間設定されていますが、WiMAX社から自宅に配送されるまでと、自宅からWiMAX社に返送するまでの期間も含まれているので、実際にWiMAXのルーター端末を試せるのは10日程度です。

15日間丸々ルーター端末を試用できるわけではないので、利用期間をしっかり確認しましょう。

とくに、貸し出し期限までにルーター端末を返送しなければならないので、遅延しないように注意が必要です。

(2)クレジットカードの登録が必要

Try WiMAXを利用するには、利用者名義のクレジットカードが必要です。デビットカードは利用できないので注意しましょう。

クレジットカードのみの理由としては、「本人確認」「機器紛失、破損時の請求先」「機器未返却時の請求先」として利用するため、Try WiMAXではクレジットカードのみの受け付けとなっています。

UQ WiMAXの本契約の際には、デビットカードや口座振替に対応しているので、本契約の際には、利用したい支払い方法を選択できます。

(3)端末の未返却・破損は違約金が発生する

端末を返却しなかったり、破損させた場合は違約金が発生します

違約金は、端末代金に相当する金額を請求されるので注意が必要です。

「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」は22,000円(不課税)、「Speed Wi-Fi HOME 5G L13」と「Speed Wi-Fi 5G X12」は27,720円(不課税)の違約金が発生します。

UIMカードのみの場合は、違約金は3,300円(不課税)です。

試用期間中にルーター端末を紛失してしまった、盗難にあってしまった場合も同様の請求があるので、注意しましょう。

(4)プラスエリアモードは月15GBまで

WiMAXにはプラスエリアモードがあります。プラスエリアモードとは、スタンダードモードより広いエリアで高速通信を行えるサービスです。

高速通信が行えるので便利な機能ではありますが、月に使えるデータ容量は15GBまでとなっています。

WiMAXのデータ容量は無制限ですが、プラスエリアモードのデータ容量のみ15GB以上は利用できないのでデータの残量に注意しましょう。

(5)本契約する場合も端末の返却は必要

Try WiMAXのサービスを通して、WiMAXを本契約したいと思った場合でも、借りているルーター端末は一度返却する必要があります。

本契約をするからといって、借りているルーター端末をそのまま使い続けることはできません

本契約の際には新品の端末が送られてくるので、貸し出しのルーター端末は期限内に忘れずに返却してください。

本契約は他のWiMAXプロバイダがおすすめ

WiMAXは、違うプロバイダでも同じ回線を使っているため、通信の質や速度などはまったく同じです。

プロバイダで違うのは、月額料金やキャンペーン内容となっています。そのため、同じWiMAXを契約するのであれば、料金が高いところよりもお得にWiMAXを利用できるプロバイダがおすすめです。

UQ WiMAXとカシモWiMAXの料金を比べてみました。

(税込) UQ WiMAX カシモWiMAX
月額料金 ~13ヵ月目:4,268円
14ヵ月目~:4,950円
契約初月:1,408円
翌月〜:4,818円
3年間利用した場合の
月額料金の合計
169,334円 170,038円
端末代金 27,720円 27,720円
特典利用で0円
事務手数料 3,300円 3,300円
3年間利用した場合の
合計金額
200,354円 173,338円

おすすめプロバイダは「カシモWiMAX」

カシモWiMAX

カシモWiMAXは初期費用を抑えてWiMAXを使い始めたい人におすすめのプロバイダです

カシモWiMAXでは、端末代金を分割払いに設定すると「端末サポート」を適用できます。「端末サポート」を活用すると、通常27,720円(税込)のルーター端末が実質0円となります。初期費用を抑えたい人にぴったりです。

また、カシモWiMAXの魅力として、シンプルでわかりやすい料金プランが挙げられます。初月は1,408円、その後はずっと4,818円(税込)から変動がありません。

プランも1つだけなので、迷うことがありません。初めてWiMAXを契約するという人も安心です。

さらに、auもしくはUQモバイルのスマホユーザーは、カシモWiMAXを契約すると「セット割」の対象になります。セット割を利用すると、毎月のスマホ代から1,100円(税込)の割引きとなります。

カシモWiMAXの料金からの値引きではありませんが、毎月の通信費全体を抑えられるのでぜひチェックしてみてください。

Amazonギフト券10,000円分もらえる
(税込) カシモWiMAX
データ容量 実質無制限
月額料金
(縛りなしプラン)
契約初月:1,408円
翌月〜:4,818円
初月の料金 1,408円
(日割りなし)
スマホセット割引 au:最大1,100円/台
UQモバイル:最大1,100円/台
端末代金 実質0円
(770円/月を36ヵ月割引)
事務手数料 3,300円
キャッシュバック Amazonギフト券10,000円
3年間の合計料金
ーキャッシュバック
160,038円
実質月額料金 4,446円
違約金 0円
支払い方法 クレジットカード
契約期間の縛り なし
5G対応
▼実質月額料金の計算はこちら
月額料金(税込) カシモWiMAX
初月 1,408円
1~36ヵ月目 4,818円
機種代金 0円
キャッシュバック -10,000円
合計 160,038円
実質月額料金 4,446円

▼カシモWiMAXは安心して使えるサービスなのか気になる方は、カシモWiMAXの評判・口コミを紹介しているこちらの記事を参考にしてください。

Try WiMAX以外にお試しできるWiMAXはある?

Try WiMAX以外にお試しできるWiMAXは「5G CONNECT」と「WiFiレンタルどっとこむ」の2つがあります。

  • 30日間お試しできる「5G CONNECT」
  • 短期利用なら「WiFiレンタルどっとこむ」

30日間お試しできる「5G CONNECT」

(税込) 縛りなしプラン 2年契約プラン
月額料金 4,950円 ~15ヵ月目:4,727円
16~24ヵ月:4,298円
25ヵ月目~:4,950円
データ容量 無制限※2 無制限※2
契約事務
手数料
3,300円 3,300円
端末代金 0円 0円
取り扱い
機種
WiMAX 5G L11 WiMAX 5G L11
契約期間 なし 2年

5G CONNECTでも、WiMAXの5G対応ホームルーターを取り扱っています。

5G CONNECTも30日間のお試し利用ができます。最初の30日間は無料でホームルータを利用できるので、契約前に試したい人におすすめです。

データ容量は無制限ですが、 プラスエリアモードは毎月30GBの制限があり、別途費用1,100円(税込)がかかります。

月額料金のプランは、「2年縛りプラン」と「縛りなしプラン」の2種類からプランから選択可能です。また、「2年契約プラン」を選んだ場合、3ヵ月おまとめ支払いが適用となります。

3ヵ月分の月額料金を一気に支払う必要がありますが、3ヵ月おきに計5ヵ月分の料金が無料になります。コスパ重視の方におすすめです。

短期利用なら「WiFiレンタルどっとこむ」

WiFiレンタルどっとこむ
(税込) WiFiレンタルどっとこむ
1泊2日 1,052円~
7泊8日 4,208円~
1ヵ月 7,880円~
データ容量 無制限
取り扱い機種 WiMAX 5G L11
WiMAX 5G L12
WiMAX L02
WiMAX HOME02※1
SoftBank WN-CS300FR
送料(片道) 550円

1日単位のホームルーターレンタルにはなりますが、レンタルWiFiのおすすめは「WiFiレンタルどっとこむ」です。

ホームルーターのレンタルサービスの中では最も端末数が多いため、在庫が豊富にあるのが魅力となっています。在庫がなくて、試したい端末を申し込めなかった、という事態がないので安心です。

WiFiレンタルどっとこむではWiMAXのホームルーターを中心に取り扱っており、1泊2日で1,052円(税込)からレンタルできます

レンタル期間が14泊以上になる場合は、1ヵ月のレンタル料金と同額となるので、長期レンタルの場合はお得です。

Try WiMAXでお試しするときによくある質問

Try WiMAXでお試しするときによくある質問について答えていきます。

Try WiMAXに通信制限はある?

Try WiMAXにも通信制限はあります

大きい通信を短期間に繰り返した場合や、通信が集中している時間帯には通信制限がかかる場合があります。

これらの通信制限は一時的なものなので、通信制限にかかってしまったかもしれないと思ったら、時間をおいて再度通信を試してみましょう。

Try WiMAXは2回目以降も利用できる?

Try WiMAXは2回目以降も利用できます

ただし、前回の利用から180日以上の期間があいていることが条件です。短期間で何度もは利用できないので、Try WiMAXを利用する際は計画的に行いましょう。

また、端末などが未返却の場合は再度Try WiMAXを利用できないので、端末の返却は忘れないようにしてください。

Try WiMAXの端末返却が遅れたらどうなる?

Try WiMAXの端末返却が遅れると、違約金が発生します。

期限最終日にWiMAXに必着で返送しなければならないので、運送会社に返送をお願いする際は余裕をもった日程で返送の手続きをしましょう。

ただし、天候や交通事情など、止む終えない場合の遅延には対応してくれるので、そういった場合はUQ WiMAXに問い合わせてみましょう。

Try WiMAXは店頭でも申し込みできる?

Try WiMAXは店頭では受け付けていません。

Try WiMAXの申し込みはWebでの受け付けのみとなっています。公式サイトの「申し込みページ」から手続きを行いましょう。

Try WiMAXでホームルーターもお試しできる?

Try WiMAXでは、ホームルーターもお試しできます

ホームルーターは「Speed Wi-Fi HOME 5G L13」と「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」の2種類から選んでお試しができます。

「Speed Wi-Fi HOME 5G L13」のほうが新しい機器なので、最新機器に興味がある人はこちらの端末を選びましょう。

Try WiMAXのお試しまとめ

Try WiMAXのお試しについてまとめました。最後におさらいしましょう。

Try WiMAXのお試しまとめ
  • Try WiMAXは15日間無料でWiMAXを試せるサービス
  • 申し込み前に、条件や対応エリアを確認すると安心
  • 申し込み手続きはWebから簡単に簡単に行える
  • クレジットカードが必須、端末の返却がある点などに注意
  • 本契約するならコスパが良い「カシモWiMAX」がおすすめ

Try WiMAXは15日間無料でWiMAXを試せるUQ WiMAXのサービスです。ホームルーター2種、ポケット型WiFi2種の合計4種類のルーター端末から選んでお試しができます。

申し込み前に、利用の条件や、自分がWiMAXを利用したい場所が対応エリアかどうかを確認し、申し込みに必要なものを準備しましょう。

Try WiMAXの申し込みはWebから簡単に行えます。フォームに従って情報を入力し、端末の配送を待つだけです。14:30までの申し込みでその日のうちに発送してくれるのもうれしいポイントです。

貸し出しされた端末は、本契約をする場合でもお試し期間内にWiMAXに返送する必要があります。期限を過ぎてしまうと違約金が発生するので、余裕をもった返送を行いましょう。

本契約をする場合は、同じWiMAX回線を利用しており、よりコスパの良い「カシモWiMAX」がおすすめです。