WiMAXの速度を比較!他社ポケット型WiFiよりも速いか実測値を検証!

※当記事はPRを含みます。
※カシモWiMAXは株式会社マーケットエンタープライズの関連会社、株式会社MEモバイルが運営しています。

すぐに使えて、持ち運びできるポケット型WiFiとして人気の「WiMAX」。

実際にどれくらいの速度が出るのか、快適に通信できるのか気になりますよね。

本記事では、他社ポケット型WiFiとWiMAXを比較し、WiMAXの速度は速いのかを解説していきます。

WiMAXプロバイダ同士で速度に違いがあるのか知りたい方も必見です。

1分でわかる!記事の内容
  • WiMAXの速度はどのプロバイダもほとんど同じ
  • WiMAXは快適な通信目安以上の速度が出ている
  • おすすめのWiMAXプロバイダカシモWiMAX

【結論】WiMAXの速度は速い?

WiMAXの実際の速度を計測した結果、WiMAXは十分な速度が出ていることがわかりました。

快適な通信には、下り30Mbps以上・上り10Mbps以上の速度が出ていることが目安です。WiMAXは平均して、下り50Mbps以上、上り10Mbps以上出ており、快適な速度であるとわかりました。

また、各WiMAXプロバイダの実測値を比較したところ、どのWiMAXもほとんど同じ速度でした。WiMAXプロバイダはUQ WiMAXから回線を借りているため、あまり速度の違いはないようです。

カシモWiMAX

WiMAXを契約するなら、WiMAXプロバイダの中で最安級のカシモWiMAXがおすすめです。

カシモWiMAXはシンプルでわかりやすい月額料金に、必ずもらえるキャッシュバックが魅力です。

WiMAXプロバイダの速度比較や実測値が知りたい方は、ぜひこのまま記事を読み進めてみてください。

インターネットの快適な速度の目安は?

快適にインターネットを利用するために必要な、通信速度の目安を解説していきます。

ストレスなく通信するにはどの程度速度があればいいのか、速度の単位や種類を把握しておきましょう。

通信速度は下り30・上り10Mbpsが目安

通信速度には、「上り」と「下り」の2種類があります。上りはアップロードや送信時の速度、下りはダウンロードや受信時の速度です。

インターネットでストレスなく通信できる速度は、下り30Mbps以上、上り10Mbps以上が目安になります。

なお、わたしたちが日常で使っている速度のほとんどは下り速度です。速度を見る際は、下り速度が目安以上出ているかどうかを確認しましょう。

また、通信速度とは別にタイムラグの大きさを表す「応答速度(ping値)」もあります。応答速度(ping値)の目安は、50ms以下です。

応答速度は数字が小さいほどタイムラグが少なく、スムーズに通信できることを表します。

下り30・上り10Mbps以上、ping値50ms以下が目安だワン


通信速度・応答速度を測定する方法

インターネットの速度は、速度測定用の専用サイトやアプリで測定できます。様々な速度測定ツールがあり、無料で速度測定が可能です。

例えば、Googleのスピードテストサービスでは、ブラウザ上で測定ボタンを押すだけで速度がわかります。30秒以内に測定結果が表示され、簡単に速度をチェックできるのでおすすめです。

速度を測定できるアプリとしては、「ドコモスピードテスト」や「Speed Test Master」などがあります。いずれも手軽に使えるので、利用中の回線の速度をチェックしてみましょう。

WiMAXプロバイダの速度を徹底比較!

WiMAXの通信速度をプロバイダ別・機種別に比較します。WiMAXプロバイダや機種を選ぶ参考にしてください。

WiMAXプロバイダ別の速度比較

WiMAXの人気プロバイダの通信速度・応答速度を比較しました。

プロバイダ 下り速度 上り速度 ping値
UQ WiMAX 179.73Mbps 26.9Mbps 44.03ms
カシモWiMAX 122.27Mbps 26.1Mbps 42.19ms
Broad WiMAX 106.15Mbps 21.34Mbps 48.49ms
BIC WiMAX 20.09Mbps 18.92Mbps 52.4ms
YAMADA
Air Mobile
39.14Mbps 8.47Mbps 51.45ms
Vision WiMAX 473.84Mbps 38.14Mbps 47.3ms
KT WiMAX 205.82Mbps 21.84Mbps 33.8ms
引用:みんなのネット回線速度

比較した結果、WiMAXプロバイダによって通信速度・応答速度が異なりますが、これはレビュー件数の違いと考えられます。

レビュー件数の多いUQ WiMAX・Broad WiMAX・カシモWiMAXは、ほとんど同じ通信速度・応答速度です。下り100Mbps・上り20Mbps以上ping値40〜50ms前後です。

一方、他4つのWiMAXプロバイダは件数が少なく、実測値にブレがあります。

測定場所によって速度に多少差が出る可能性はありますが、WiMAXプロバイダは同じ通信回線を使っているため、大体の速度は同じと考えて問題ありません。


check!

・WiMAXプロバイダはほぼ同じ速度

・実測で目安以上の速度が出ている

WiMAX機種別の速度比較

次に、WiMAXの機種別に速度を比較します。ポケット型WiFiとホームルーターでどの程度速度に差があるか、見ていきましょう。

WiMAXのポケット型WiFi「Speed WiFi 5G X12」の通信速度です。

時間帯 下り速度 上り速度 ping値
162.58Mbps 35.74Mbps 39.99ms
63.15Mbps 16.65Mbps 45.39ms
夕方 84.04Mbps 21.23Mbps 59.32ms
95.65Mbps 19.2Mbps 45.83ms
深夜 133.22Mbps 28.38Mbps 42.7ms

下り60〜90Mbps前後の十分な通信速度に加え、朝は160Mbps以上の通信速度が出ています。上り速度も平均して15Mbps以上、応答速度45ms前後と、必要な速度目安を上回った数字です。

WiMAXホームルーター「Speed Wi-Fi HOME 5G L13」の速度です。

時間帯 下り速度 上り速度 ping値
230.21Mbps 30.62Mbps 39.34ms
134.48Mbps 20.31Mbps 42.91ms
夕方 149.96Mbps 19.86Mbps 44.76ms
151.41Mbps 22.04Mbps 41.76ms
深夜 217.11Mbps 21.84Mbps 39.9ms

ポケット型WiFiに比べ、ホームルーターの方が平均して通信速度・応答速度が速いとわかります。

常に下り130Mbps以上の速度が出ており、オンラインゲームも安心してプレイできるくらいの速度です。

ポケット型WiFiも目安以上の速度が出ていましたが、速度を重視する方にはWiMAXのホームルーターをおすすめします。


check!

・ポケット型WiFi・ホームルーターどちらも目安以上の速度

ホームルーターは特に速度が速い


WiMAXとインターネット回線の速度比較

WiMAXと他社インターネット回線を比較し、WiMAXの速度は速いのか遅いのか解説していきます。

WiMAXと光回線の速度を比較

回線 下り速度 上り速度 ping値
カシモWiMAX 89.94Mbps 31.04Mbps 41.55ms
ドコモ光 275.24Mbps 233.07Mbps 20.55ms
auひかり 464.39Mbps 437.87Mbps 17.87ms
ソフトバンク光 326.96Mbps 254.31Mbps 16.61ms

人気の光回線とWiMAXを比較した結果、光回線の方がはるかに速度が速いことがわかります。

WiMAXが下り60Mbps前後なのに対し、光回線は200〜400Mbps前後の速度が出ています。上り速度においても、光回線はWiMAXの10倍以上の速度です。

日常のインターネット利用であれば、WiMAXも光回線も十分な速度です。

一方、オンラインゲームでの対戦や大会など、通信速度やタイムラグが勝敗を決める場合は光回線の方が向いています。

WiMAXよりも光回線の方が速いワン


WiMAXとADSLの速度を比較

ADSLはアナログ電話回線を利用する通信方法です。

ADSLの多くは既にサービスを終了しており、現在利用できるのは「Yahoo! BB ADSL」のみです(2024年3月末終了予定)

回線 下り
速度
上り
速度
ping値
WiMAX 60.54Mbps 20.81Mbps 55.74ms
ADSL 6.48Mbps 2.12Mbps 59.7ms

ADSLとWiMAXを比較したところ、WiMAXの方が圧倒的に速いことがわかります。WiMAXが下り60Mbps前後、ADSLが下り6Mbps前後のため、10倍近くの速度です。

現在ADSLを契約中で速度が気になる方は、WiMAXに乗り換えると格段に速度の違いを感じられるでしょう。

ADSLよりもWiMAXの方が圧倒的に速いワン


WiMAXとソフトバンクエアーの速度を比較

ソフトバンクエアーは、WiMAXと同じくコンセントに挿すだけでネットが使えるホームルーターです。

回線 下り
速度
上り
速度
ping値
WiMAX(※1) 112.19Mbps 18.12Mbps 45.01ms
ソフトバンクエアー 73.68Mbps 8.16Mbps 43.94ms
(※1)Speed Wi-Fi HOME 5G L12

WiMAXホームルーターとソフトバンクエアーを比較したところ、下り・上り共にWiMAXの方が速い結果になりました。

ソフトバンクエアーが下り80Mbps前後なのに対し、WiMAXは100Mbps以上の速度が出ています。

数値上はWiMAXの方が速いですが、WiMAX全体としての平均速度は60Mbps前後です。そのため、ソフトバンクエアーもWiMAXも同程度の速度だと考えられます。

ソフトバンクエアーもWiMAXも同じくらいの速度だワン


WiMAXとドコモhome 5Gの速度を比較

ドコモhome 5Gはドコモのホームルーターです。ソフトバンクエアーと同じく、コンセントに挿すだけでネットが使えます。

回線 下り
速度
上り
速度
ping値
WiMAX(※1) 112.19Mbps 18.12Mbps 45.01ms
ドコモhome 5G 177.63Mbps 19.52Mbps 50.31ms
(※1)Speed Wi-Fi HOME 5G L12

WiMAXとドコモhome 5Gを比較したところ、上り速度とping値には大きな違いがありませんでした。しかし、下りの速度はドコモhome 5Gが圧倒的に速いです。

ドコモhome 5Gは下り200Mbps近い速度と、光回線並の通信速度が出ています。

WiMAXはどのプロバイダ×機種を契約すべき?

WiMAXはどの会社を契約しても速度に大きな違いはありませんが、料金には明確な差があります

WiMAXプロバイダ20社を比較したところ、同じ通信品質でありながら4,000円〜5,500円前後まで価格差がありました。

WiMAXを比較した結果、コストパフォーマンスに優れたプロバイダは「カシモWiMAX」です。

(税込)縛りなしSAプラン
月額料金初月:1,408円
1ヵ月目~:4,818円
データ容量実質無制限
契約事務手数料3,300円
契約期間なし
端末代金実質無料

月額料金の安さだけでなく端末を実質無料で使えるのも魅力です。端末代金は36回の分割で請求されますが、契約している間はひと月の支払い分と同じ金額が割引されます。

WiMAXのおすすめ機種・ルーターは、ポケット型WiFiなら「Speed Wi-Fi 5G X12」がおすすめです。ホームルーターでは、「Speed Wi-Fi HOME 5G L13」が高いスペックを備えています。

機種名 Speed Wi-Fi
5G X12
Speed Wi-Fi
HOME 5G L13
下り最大
通信速度
3.9Gbps 4.2Gbps
上り最大
通信速度
183Mbps 286Mbps
対応回線 5G
4G LTE
WiMAX2+
5G
4G LTE
WiMAX2+
バッテリー
容量
4,000mAh
連続
通信時間
約9時間
連続
待受時間
約420時間
重量 約174g 約635g
最大同時
接続台数
16台 32台

どちらも下り最大速度が3Gbps以上と超高速です。Speed Wi-Fi HOME 5G L13では、同時に最大32台の端末を接続できます。

▼もう少しWiMAXを比較してから契約したいという方は、WiMAXプロバイダを比較してどこがおすすめかを紹介しているこちらの記事をあわせてご一読ください。

WiMAXの速度に関するよくある質問

WiMAXの速度についてのよくある質問に回答していきます。

WiMAXの4Gと5Gはどれくらい速度が違う?

WiMAXの5G回線は、4G回線に比べて1.5倍以上の速度が出る場合があります。

WiMAX公式サイトでは、4Gと5Gでどれくらいの速度差があるのか明示されているわけではありません。

そのため、実際の計測を元に速度差を計算する方法になります。WiMAXの4G回線は、下り30〜60Mbps前後の速度が出ます。

一方WiMAXの5G回線は、下り100Mbps以上の速度が出たという口コミが複数ありました。そのため、タイミングによっては1.5倍〜2倍近くの速度が出る可能性があるようです。

WiMAXはプロバイダでどれくらい速度が違う?

WiMAXプロバイダは同じ通信回線を使っているため、理論上は速度に違いはありません。

ですが、実際に計測した速度を比較してみると、プロバイダによって下り20〜30Mbps程度の差がありました。

計測データの母数や計測方法による速度差の可能性もありますが、プロバイダによってこれくらいの速度差があると考えておいた方が良いでしょう。

WiMAX+5GとWiMAX2+の違いは何?

WiMAX+5GとWiMAX2+の違いは、対応回線と料金プランの2つです。

WiMAX2+は4G回線のみですが、WiMAX+5Gでは4G回線に加えて5G回線も使えるようになりました。

また、WiMAX2+は3日間で10GB以上使うと速度制限にかかりますが、WiMAX+5Gではデータ容量の上限が撤廃されています。

なお、WiMAX2+は新規受付を停止しており、現在契約できるのはWiMAX+5Gのみです。

WiMAXの速度は他社回線と比べて速いの?

WiMAXは光回線には劣るものの、ADSLやソフトバンクエアーよりも速度が速いです。

通信回線を引き込む光回線ほどの速度は出ないものの、快適なネット利用に必要な速度は出ています。

また、契約から2〜3日で利用できる手軽さを踏まえると、他社回線よりも速度・利便性の面でも優れたサービスです。