【2024年】WiMAXルーターを全機種比較!5G対応おすすめ端末はこれ

※当記事はPRを含みます。
※カシモWiMAXは株式会社マーケットエンタープライズの関連会社、株式会社MEモバイルが運営しています。

WiMAXで販売されているルーターは、見た目も性能も同じように見えます。

そのため、いざWiMAXを契約しようという時に、どれを選べばいいか悩んでしまうのではないでしょうか。

そこで本記事では、WiMAXで販売されている機種の中からどれを選べばいいかを徹底調査します!

家でも外でもルーターを使いたい方、一人暮らし用のWiMAXルーターを探している方も必見です。

1分でわかる!記事の内容
  • WiMAXルーターは「モバイルルーター」と「ホームルーター」の2種類
  • モバイルルーターのおすすめはSpeed Wi-Fi 5G X12
  • ホームルーターのおすすめはHOME 5G L13

WiMAXルーターは大きく分けて2種類

WiMAXの回線を使用するルーターには、「モバイルルーター」と「ホームルーター」の2種類があります。それぞれの特徴や、どんな人に適しているのかチェックしましょう。

(1)モバイルルーター

モバイルルーターは、持ち運びできるWiFiルーターです。「ルーター=家で使うもの」というイメージがありますが、モバイルルーターは家でも外でも使えます。

こんな人におすすめ!
  • 家でも外でもWiFiを使いたい方
  • スマホのデータ使用量を節約したい方
  • 1~2人でWiFiを使用する方

WiMAXのモバイルルーターは自由に持ち運べるため、自宅だけでなく外出先でもWiFiを手軽に使えるのが魅力です。

外出先でスマホをWiMAXルーターに接続すれば、スマホのデータ使用量を節約できます。WiMAXは実質無制限に使えるプランなので、速度制限を気にせず外でもネットが使えます。

もちろん、充電が切れるとWiFiも使えなくなるので、外で使う場合はバッテリー残量に注意しましょう。

ルーターの使用人数という観点では、1人〜2人での利用がおすすめです。

ホームルーターは10台以上接続しても安定した通信速度ですが、モバイルルーターは接続台数が増えると不安定になる可能性があります。

>> おすすめのモバイルルーターはこちら

モバイルルーターは遅い?

据え置き型のホームルーターに比べ、モバイルルーターは速度や安定性が劣るのでは?と思われる方もいるでしょう。


実は、モバイルルーターとホームルーターは、速度も安定性もほとんど変わりません


数十台接続する場合はホームルーターの方が安定しやすい傾向にありますが、1〜2名で使う分にはどちらも同じくらい快適に使えます。

(2)ホームルーター

ホームルーターは、部屋に置いて使うタイプのWiFiルーターです。常にコンセントを接続した状態で使用します。以下の項目に当てはまる方には、ホームルーターが向いています。

こんな人におすすめ!
  • 自宅でのみWiFiを使えれば問題ない方
  • 通信を安定させたい方
  • 3人以上でWiFiを使いたい方

WiMAXのホームルーターは登録している住所以外では使えません。そのため、自宅でしかWiFiを使わない方に適しています。

メリットは、モバイルルーターよりも安定したWiFi通信ができることです。同時にWiFi接続できる台数が多く、3人以上でWiFiを繋ぐ場合にも快適に使えます。

さらに、WiMAXホームルーターにはLANポートが付いているため、有線接続が可能です。PCやゲーム機とLANケーブルで接続すれば、さらにWiFiの安定性が高まります。

家族でWiFiを使用したい方や、できるだけ通信回線を安定させたい方は、WiMAXホームルーターの導入を検討してみてください。

>> おすすめのホームルーターはこちら

WiMAXルーターの選び方・比較ポイント

WiMAXルーターを選ぶ際のポイントを解説します。着目すべきポイントは、以下の3つです。

  1. 最大通信速度
  2. バッテリー持ち(モバイルルーターのみ)
  3. 本体の重さ

それぞれの項目について、詳しく解説します。

(1)最大通信速度

通信速度は、WiMAXルーターを選ぶ際に重要なポイントです。インターネットの通信速度には下り・上りの2種類の要素があるので、両方チェックしましょう。

それぞれの意味や利用目的は、以下の通りです。

  • 下り通信速度:データのダウンロード速度(Webページの表示・動画再生など)
  • 上り通信速度:データのアップロード速度(メール送信・SNSへの投稿など)

インターネットを利用するときはダウンロードの頻度が高いため、特に下り通信速度の確認が大切です。

現在販売されているWiMAXルーターの速度は、光回線と同等の最大1Gbps以上となっています。そのため現行モデルであれば、どのWiMAXルーターを選んでも問題ありません。

一方、中古のWiMAXルーターを使用する場合や、古い機種を使い続けている場合は注意が必要です。

check!

・WiMAXルーターは「下り通信速度」が重要
・販売中のルーターならどれを選んでも速度は十分

(2)バッテリー持ち【モバイルのみ】

モバイルルーターは、通信速度よりもバッテリー持ちが利便性を左右します。そこで、バッテリー容量や、1回の充電で何時間通信できるかをチェックしましょう。

現在販売されているWiMAXモバイルルーターの連続通信時間は、10~15時間程度です。

稼働時間が短いWiMAX端末では、長時間の外出に対応できない可能性があるので注意してください。

なお、通信していないときでも、電源が入っていればバッテリーを消費します。待受の状態でWiMAXルーターのバッテリーが何時間持つかも確認しておくと安心です。

check!

・WiMAXモバイルルーターのバッテリー持ちは10〜15時間が目安
・比較する際は「連続通信時間」が長い機種を選ぶ

(3)本体の重さ

モバイルルーターは、様々な場所に持ち運んで使用します。そのため、重さも使いやすさに影響する要素です。

またWiMAXのホームルーターは、登録住所以外でもコンセントがあれば利用可能です(※)
※ ドコモ home 5G・ソフトバンクエアー・auホームルーター・Rakuten Turboは登録住所以外での利用不可

出張や旅行の宿泊先などでも使えるため、持ち運んで移動する際に負担にならないか、事前にスペック表を確認し、重さやサイズ感を把握しておきましょう。

ちなみに、モバイルルーターの最新機種は約174gの重さで、iPhone 14やiPhone 14 Plusと同程度です。

ホームルーターの最新機種は約635gで、モバイルルーターよりも重量はありますが、大人なら片手でも簡単に持ち上げられます。

サイズ感は500mlのペットボトルの高さとほぼ変わりません。横幅と奥行きはありますが、A4サイズのトートバックでも収まる大きさです。

check!

持ち運びを想定している場合は「本体の重さ」も比較する

WiMAXモバイルルーター15機種を比較

WiMAXモバイルルーターのスペックを比較します。最新機種と旧モデルがどのように違うかチェックしましょう。

 
Speed Wi-Fi 5G X12 Speed Wi-Fi 5G X11 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
SCR01
Speed Wi-Fi NEXT WX06 Speed Wi-Fi NEXT W06 Speed Wi-Fi NEXT WX05 Speed Wi-Fi NEXT W05 Speed Wi-Fi NEXT WX04 Speed Wi-Fi NEXT W04 Speed Wi-Fi NEXT WX03 Speed Wi-Fi NEXT W03 Speed Wi-Fi NEXT WX02 Speed Wi-Fi NEXT W02 Speed Wi-Fi NEXT WX01 Speed Wi-Fi NEXT W01 Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15
機種名
発売日 2023年6月1日2021年10月15日 2021年4月8日 2020年1月30日 2019年1月25日 2018年11月8日 2018年1月19日 2017年11月1日 2017年2月17日 2016年12月2日 2016年6月4日 2016年11月20日 2016年2月19日 2015年3月5日 2015年1月30日 2014年7月31日
販売中
or 終了
販売中 終了 終了 終了 終了 終了 終了 終了 終了 終了 終了 終了 終了 終了 終了 終了
下り最大
通信速度
3.9Gbps 2.7Gbps 2.2Gbps 440Mbps 1.2Gbps 440Mbps 758Mbps 440Mbps 758Mbps 440Mbps 370Mbps 220Mbps 220Mbps 220Mbps 220Mbps 110Mbps
上り最大
通信速度
183Mbps 183Mbps 183Mbps 75Mbps 75Mbps 75Mbps 112.5Mbps 75Mbps 37.5Mbps 30Mbps 25Mbps 10Mbps 10Mbps 10Mbps 25Mbps 25Mbps
WiMAX2+利用
5G利用 × × × × × × × × × × × × ×
4G LTE利用 × × ×
バッテリー
容量
4,000mAh 4,000mAh 5,000mAh 3,200mAh 3,000mAh 3,200mAh 2,750mAh 3,200mAh 2,750mAh 2,890mAh 3,000mAh 2,500mAh 2,300mAh 2,500mAh 2,300mAh 3,000mAh
連続通信時間 約9時間 約8.2時間 約16.7時間 約11.5時間 約9時間 約11.5時間 約9時間 約11.5時間 約9時間 約10時間 約10.2時間 約8.2時間 約7時間 約8.7時間 約8時間 約9.5時間
連続待受時間 約420時間 約400時間 約790時間 約700時間 約800時間 約700時間 約850時間 約700時間 約850時間 約1,100時間 約1,040時間 約650時間 約760時間 約650時間 約730時間 約950時間
重量 約174g 約174g 約203g 約127g 約125g 約128g 約131g 約128g 約140g 約110g 約127g 約95g 約119g 約97g 約113g 約140g
最大同時
接続台数
16台 16台 11台 16台 16台 10台 10台 10台 10台 10台 10台 10台 10台 10台 10台 10台

現在販売されているWiMAXのモバイルルーターは2種類です。どちらのWiMAXルーターも5Gに対応しており、最大通信速度が大幅に向上していることがわかります。

「Speed Wi-Fi 5G X12」はWiMAXモバイルルーターで最も通信速度が速く、多くの端末を同時にWiFi接続できる機種です。

モバイルルーターなら「Speed Wi-Fi 5G X12」

Speed WiFi NEXT 5G X12
  • 下り最大3.9Gbpsの超高速通信
  • 外出時も約9時間使える
  • 約174gの軽量設計も魅力

WiMAXモバイルルーターで1番おすすめなのは、Speed Wi-Fi 5G X12です。

WiMAXの最新機種で、下り最大3.9Gbpsの高速通信が強み。専用のクレードルと組み合わせれば、高速通信と安定性を両立できます。

機種名 Speed Wi-Fi 5G X12
下り最大通信速度 3.9Gbps
上り最大通信速度 183Mbps
WiMAX2+利用
5G利用
4G LTE利用
バッテリー容量 4,000mAh
連続通信時間 約9時間
連続待受時間 約420時間
重量 約174g
最大同時接続台数 17台

特徴(1)最大3.9Gbpsの高速5Gルーター

WiMAX最新機種の「Speed Wi-Fi 5G X12」は、最大速度3.9Gbpsの高速通信に対応している5G対応ルーターです。

    
サービス名機種名 5G対応 下り最大速度 下り平均速度
カシモWiMAX
au
Speed Wi-Fi
5G X12
3.9Gbps 95.69Mbps
ドコモ WiFi STATION
4.2Gbps
4.2Gbps 82.55Mbps
ソフトバンク Pocket WiFi
5G A004ZT
3.0Gbps
ワイモバイル Pocket WiFi 5G
A102ZT
2.4Gbps 71.85Mbps
楽天モバイル Rakuten
WiFi Pocket 2C
× 150Mbps 37.01Mbps
モンスター
モバイル
Macaroon SE × 150Mbps 26.57Mbps
クラウドWiFi U2s/U3 × 150Mbps 2.82Mbps

他社ポケット型WiFiを比較すると、最大速度はドコモに次ぐ2番目、平均速度は最も速いことがわかります。

通信速度の最大速度は環境が整った状態で出る最大の速度(理論値)、平均速度は利用者のデータを平均した速度(実測値)です。そのため、比較する際には平均速度の方が重要になります。

快適に使える通信速度の目安は30Mbps以上と言われていますが、「Speed Wi-Fi 5G X12」の平均速度は目安の3倍以上の速度です。

高画質動画の視聴や大容量ファイルのダウンロードもサクサク行えるので、速度重視の方は「Speed Wi-Fi 5G X12」を選びましょう。

特徴(2)最大9時間使えて軽量

バッテリーには4,000mAhの容量を備えており、最長で約9時間の連続通信が可能です。

出張や旅行中のネット接続も、気軽に行えるでしょう。また、本体重量が約174gと軽量なのも魅力的です。

100g程度のルーターも登場していますが、Speed Wi-Fi 5G X12は性能やバッテリー容量のメリットを兼ね備えています。手軽に持ち出しやすい機種といえるでしょう。

▼実際の速度や使用感が気になる方は、Speed Wi-Fi 5G X12を実機レビューしているこちらの記事を参考にしてください。

WiMAXホームルーター7機種を比較

次に、WiMAXホームルーター7機種のスペックを比較します。比較表は以下の通りです。

Speed Wi-Fi HOME 5G L13 Speed Wi-Fi HOME 5G L12 Speed Wi-Fi HOME 5G L11 WiMAX HOME 02 Speed Wi-Fi HOME L02 WiMAX HOME 01 Speed Wi-Fi HOME L01s Speed Wi-Fi HOME L01
機種名
発売日 2023年6月1日 2021年11月5日 2021年6月4日 2020年1月30日 2019年1月25日 2018年12月7日 2018年1月19日 2017年2月17日
販売中
or 終了
販売中 終了 終了 終了 終了 終了 終了 終了
下り最大
通信速度
4.2Gbps 2.7Gbps 2.7Gbps 440Mbps 1.0Gbps 440Mbps 440Mbps 440Mbps
上り最大
通信速度
286Mbps 183Mbps 183Mbps 75Mbps 75Mbps 75Mbps 75Mbps 75Mbps
WiMAX2+利用
5G利用 × × × × ×
4G LTE利用
重量 約635g 約446g 約599g 約218g 約436g 約338g 約450g 約493g
最大同時
接続台数
34台 40台 30台 20台 40台 22台 42台 42台

現在販売されているWiMAXホームルーターは、「Speed Wi-Fi HOME 5G L13」で下り・上りともに高速な通信速度を強みとしています。

ホームルーターなら「Speed Wi-Fi HOME 5G L13」

WiMAX HOME 5G L13
  • スマホアプリで楽に接続できる
  • 最大同時接続台数が多い
  • 通信速度が速い

「Speed Wi-Fi HOME 5G L13」は、マットなホワイトを基調としており、インテリアに馴染みやすい外観のホームルーターです。

SIMカードを装着し、端末を起動するとすぐに使えます。WPSだけでなく、専用のスマホアプリをインストールし、QRコードを読み取る方法でも接続が可能です。

また、本体の裏に2つのLANポートが付いており、有線接続を合わせると合計34台まで接続できます。

機種名HOME 5G L13
下り最大通信速度4.2Gbps
上り最大通信速度286Mbps
WiMAX2+利用
5G利用
4G LTE利用
重量約635g
最大同時接続台数34台

特徴(1)最大34台まで接続できる

「Speed Wi-Fi HOME 5G L13」は、最大同時接続台数が多いのが大きな特徴です。2.4GHzと5GHzの周波数帯に対応しており、最大34台まで同時接続できます。

無線でも合計32台まで同時にWiFi接続できるので、多くの端末を同時に使いたい方におすすめです。

家族の人数が多い家庭で、それぞれが複数の端末を使う場合も不自由しません。

また、安定感抜群の有線接続が利用できるのもメリットです。2つのLANポートが搭載されており、2台の端末を有線で接続できます。

特徴(2)最大4.2Gbpsの5G SA対応ルーター

「Speed Wi-Fi HOME 5G L13」は、最大速度4.2Gbpsと光回線並みの高速通信に対応しています。

サービス名 機種 5G SA 下り最大速度 下り平均速度
WiMAX Speed Wi-Fi
HOME 5G L13
4.2Gbps 161.65Mbps
ドコモ home 5G home 5G HR02 × 4.2Gbps 181.84Mbps
ソフトバンクエアー Airターミナル5 2.1Gbps 93.45Mbps
Rakuten Turbo Rakuten
Turbo 5G
× 2.14Gbps 84.26Mbps

ホームルーター各社と比較しても、最大速度・平均速度ともに速いことがわかります。

WiMAXの最新機種から5G SA対応になり、「高速・大容量通信」でWEB会議やオンラインゲームなどがスムーズに行えるようになりました。

また、「低遅延」により混み合う時間帯も遅くなりにくく、「多接続」により家族みんなで同時に使っても快適に利用できます。

なお、5G SA対応のホームルーターは「HOME 5G L13」と「Airターミナル5」の2つでした。速度が速い5G SA対応ルーターを利用したい方は「HOME 5G L13」を選びましょう。

▼こちらの記事では、Speed Wi-Fi HOME 5G L13の実機を使って速度などをレビューしています。購入を検討している方は、あわせてご一読ください。

WiMAXルーターはどこで購入できる?

WiMAXルーターは、「インターネット」「携帯キャリアショップ」「家電量販店」などで購入できます。

  1. WiMAXプロバイダ公式サイト
  2. 楽天市場やAmazon
  3. UQスポット・auショップ
  4. 家電量販店

ここでは、各販売店の特徴やどんな人におすすめか解説します。

1.WiMAXプロバイダ公式サイト

WiMAXプロバイダ公式サイトでは、基本的にプラン契約とルーター購入のセット販売になっています。

プロバイダの公式サイトで申し込みをすれば、端末が届いたその日から利用可能です。即日発送に対応しているプロバイダも多く、最短翌日から使えます。

また、WiMAXはさまざまなプロバイダでサービス提供しており、各プロバイダごとにキャンペーンを実施している点も魅力です。

カシモWiMAXなど一部のプロバイダでは、端末代金が実質無料になる割引サポートなどもありますので、しっかり比較しましょう。

▼おすすめのWiMAXプロバイダの比較した記事はこちらから確認できます。

24時間いつでも好きなタイミングで申し込みできて、キャンペーンも豊富
プランとセットになってるから手間をかけずお得に契約したい人におすすめだワン

2.楽天市場やAmazon

手元にSIMがあるのであれば、楽天市場やAmazonに出店している中古販売店などで購入する方法があります。

WiMAXルーターの型落ちモデルなど中古端末を、定価よりも安く購入できる点が魅力です。

ただし、どのWiMAXルーターでも使えるわけではありません。SIMカードに対応しているWiMAXルーターを購入する必要があります。

手持ちのSIMに対応していないWiMAXルーターを購入してしまうと、正常に動作しない可能性があるため注意してください。

型落ち・中古のWiMAXルーターを安く購入できる
手元にSIMがあって端末だけ購入したい人におすすめだワン

3.UQスポット・auショップ

WiMAXルーターは、UQスポット・auショップで購入する方法もあります。

店舗で購入する場合は営業時間内に足を運ばなければいけませんが、全国のショップで契約の相談などもできる点が魅力です。

店舗に在庫があれば、端末+プランのセットで契約して即日利用することもできます。在庫状況は店舗によって異なるため、来店予約と併せて在庫を確認しておくとよいでしょう。

ただし、店舗で購入する場合、オンライン限定のキャンペーンが適用されない可能性がありますので注意が必要です。

全国のショップで直接契約・購入できる
在庫があればそのまま持ち帰れるから、即日利用したい人におすすめだワン

4.家電量販店

WiMAXルーターは、ヤマダ電機やビックカメラなどの家電量販店で購入できます。主な取扱店は以下の通りです。

  • ヤマダ電機
  • ビックカメラ
  • ヨドバシカメラ
  • エディオン
  • ケーズデンキ
  • PC DEPOT

家電量販店では、基本的にプランと端末のセット販売をしています。不明点があれば店員さんに相談でき、端末の在庫があれば当日持ち帰り可能です。

家電量販店では不定期で独自のポイント還元や端末割引キャンペーンを実施しているので、タイミングがあえばお得に契約できます。

キャンペーンは土日に実施されるケースが多いですが、休日は店舗が混雑して契約に時間がかかるようです。

また、他のサービスを売り込まれたり、オプションの加入を進められたりすることがある点には注意しましょう。

全国に店舗があり、在庫があればそのまま持ち帰りできる
キャンペーン実施中に申し込める人におすすめだワン

WiMAXルーターがお得なプロバイダ3選

サービス名 月額料金(税込) 端末代金(税込) スマホセット割 キャンペーン 公式サイト
カシモWiMAX 初月のみ:1,408円
翌月以降:4,818円
27,720円
実質無料
au・UQモバイル
最大1,100円割引
Amazonギフト券
10,000円分
キャッシュバック

詳細
GMO WiMAX 初月のみ:1,375円
翌月以降:4,807円
27,720円
実質無料
au・UQモバイル
最大1,100円割引
23,000円
キャッシュバック

詳細
5G CONNECT 5,250円 0円 なし なし
詳細
UQ WiMAX 1〜13ヵ月目:4,268円
14ヵ月目以降:4,950円
27,720円
→7,920円
au・UQモバイル
最大1,100円割引
対象機種を
219,800円割引

詳細
BIGLOBE WiMAX 初月のみ:0円
1〜24ヵ月目:3,773円
25ヵ月目以降:4,928円
27,720円 au・UQモバイル
最大1,100円割引
20,000円
キャッシュバック

詳細

カシモWiMAX|最新端末が実質無料

カシモWiMAX
(税込) カシモWiMAX
データ容量 実質無制限
月額料金
(縛りなしプラン)
契約初月:1,408円
翌月〜:4,818円
初月の料金 1,408円
(日割りなし)
スマホセット割引 au:最大1,100円/台
UQモバイル:最大1,100円/台
端末代金 実質0円
(770円/月を36ヵ月割引)
事務手数料 3,300円
キャッシュバック Amazonギフト券10,000円
3年間の合計料金
ーキャッシュバック
160,038円
実質月額料金 4,446円
違約金 0円
支払い方法 クレジットカード
契約期間の縛り なし
5G対応
▼実質月額料金の計算はこちら
月額料金(税込) カシモWiMAX
初月 1,408円
1~36ヵ月目 4,818円
機種代金 0円
キャッシュバック -10,000円
合計 160,038円
実質月額料金 4,446円

カシモWiMAXは、シンプルでわかりやすい料金プランが魅力のWiMAXプロバイダです。

カシモWiMAXは初月1,408円(税込)、その後は4,818円(税込)で一定です。料金がずっと変わらないため毎月の支出を一定にでき、料金が高くなる心配もありません。

端末代金は「分割払いサポート(36回)」で実質無料になるので、毎月の支払いは月額料金のみで済みます。

現在、当サイトからカシモWiMAXを契約するとAmazonギフト券10,000円が必ずもらえるキャンペーンを実施中です。受け取り手続きやオプションの加入は必要ありません。

WiMAXを手間をかけずお得に契約したい方は、ぜひこの機会にカシモWiMAXの導入を検討してみてください。

GMOとくとくBB WiMAX|高額キャッシュバックでお得

(税込) GMOとくとくBB WiMAX
データ容量 実質無制限
月額料金 契約初月:1,375円
翌月以降:4,807円
初月の料金 日割りなし
スマホセット割引 au:最大1,100円/台
UQモバイル:最大1,100円/台
端末代金 実質0円
(770円/月を36ヵ月割引)
事務手数料 3,300円
キャッシュバック 23,000円
3年間の料金
ーキャッシュバック
146,620円
実質月額料金 4,073円
違約金
支払い方法 クレジットカード
契約期間の縛り 2年
(実質縛りなし)
5G対応
▼実質月額料金の計算はこちら
月額料金(税込) GMO WiMAX
初月 1,375円
1~36ヵ月目 4,807円
機種代金 0円
キャッシュバック 23,000円
合計 146,620円
実質月額料金 4,073円

GMOとくとくBB WiMAXもカシモWiMAX同様、料金プランが定額制であるほか、「端末購入サポート(36回)」の適用で端末代金が実質無料になります。

しかし、キャッシュバックに関してはGMOとくとくBB WiMAXのほうが高く、23,000円と業界最大級の金額です。他社からの乗り換えで違約金が発生する場合でも、最大40,000円分まで負担してくれます

キャッシュバックと違約金負担は併用できるため、合計60,000円以上もお得になる計算です。

  • 全員対象:23,000円キャッシュバック
  • 他社違約金:40,000円還元
  • オプション加入でさらに2,000円増額

ただし、キャッシュバック手続きが複雑で、受け取り損ねるリスクがある点には注意が必要です。

受け取り時期も契約から1年後に設定されているため、「手続き不要でキャッシュバックをもらいたい」「なるべく早く受け取りたい」という方はカシモWiMAXの利用も検討してみましょう。

5G CONNECT|最新端末を無料でレンタルできる

5G CONNECT
(税込) 5G CONNECT
データ容量 実質無制限
月額料金
(縛りなしプラン)
5,250円
初月の料金 5,250円
(日割りなし)
スマホセット割引 なし
端末代金 無料レンタル
事務手数料 4,400円
キャッシュバック なし
3年間の合計料金
ーキャッシュバック
189,000円
実質月額料金 5,250円
違約金 4,500円
支払い方法 クレジットカード
契約期間の縛り 3ヵ月
5G対応
▼実質月額料金の計算はこちら
月額料金(税込) 5G CONNECT
初月 5,250円
1~36ヵ月目 5,250円
機種代金 無料レンタル
キャッシュバック なし
合計 189,000円
実質月額料金 5,250円

(税込) 5G CONNECT
データ容量 実質無制限
月額料金
(2年契約プラン)
4,500円
初月の料金 4,500円
(日割りなし)
スマホセット割引 なし
端末代金 実質0円
(1,375円/月×24ヵ月割引)
事務手数料 4,400円
キャッシュバック なし
3年間の合計料金
ーキャッシュバック
162,000円
実質月額料金 4,500円
違約金 4,500円
支払い方法 クレジットカード
契約期間の縛り 2年
5G対応
▼実質月額料金の計算はこちら
月額料金(税込) 5G CONNECT
初月 4,500円
1~36ヵ月目 4,500円
機種代金 実質0円
(1,375円/月×24ヵ月割引)
キャッシュバック なし
合計 162,000円
実質月額料金 4,500円

5G CONNECTは、WiMAXの5Gルーターが無料でレンタルできるサービスです。

料金プランは、月額料金がお得な「2年契約プラン」と3ヵ月以降は違約金がかからない「縛りなしプラン」から選べます。

最新端末を利用する場合は、2年契約プランは端末代金が33,000円(税込)です。2年利用すれば割引サポートで実質無料になりますが、途中で解約すると残債が発生します。

そのため、利用期間が短い方やどれくらい使うかわからない方は、端末をレンタルできる縛りなしプランを選んだ方がよいでしょう。

WiMAXルーターのよくある質問

WiMAXルーターについてのよくある質問に回答します。

WiMAXとポケットWiFiの違いは?

WiMAXとポケットWiFiの違いは、提供している会社です。

WiMAXはUQモバイル、ポケットWiFiはソフトバンクが販売しているモバイルルーターのことをいいます。

販売している会社が違うため、使っている回線・通信速度・ルーターの性能が違います。

どんな違いがあるか知りたい方は、ソフトバンクのポケットWiFiの料金や性能を解説した記事をご覧ください。

WiMAXとポケットWiFiはどっちがいい?

WiMAXとソフトバンクのポケットWiFiなら、WiMAXのほうがおすすめです。

WiMAXとポケットWiFiを比較すると、数字上は性能に違いがあるものの、実際の速度や安定性といった使い勝手は大きく変わりません。

しかし、料金はWiMAXのほうが安いです。WiMAXは月4,000円前後ですが、ポケットWiFiは月5,000円前後が目安の価格帯となっています。

また、WiMAXは端末代金無料の会社もありますが、ソフトバンク・ワイモバイルのポケットWiFiは数千円〜数万円の端末代金を要するケースがほとんどです。

なお、ソフトバンクやワイモバイルユーザーならスマホのセット割で安くなることもあります。しかし、セット割にこだわらないのであれば、性能がよくて月額料金が安いWiMAXがおすすめです。

ホームルーターとモバイルWiFiはどっちがいい?

据え置き型の「ホームルーター」と持ち歩ける「モバイルWiFi」なら、モバイルWiFiのほうがおすすめです。

ホームルーターとモバイルWiFiの大きな違いは、同時接続台数持ち運びできるかどうかです。

ホームルーターは自宅に置いたまま使うWiFiルーターで、同時に40台近く接続できます。一方、モバイルWiFiは10〜20台前後です。

ホームルーターの方が同時接続台数は多いのですが、一般家庭で20台以上接続するケースはほとんどありません。

そのため、家でも外でも使えるモバイルWiFiの方が利便性が高く、スマホのデータ使用量も抑えられるためおすすめです。

▼以下の記事では、ホームルーターとモバイルルーターの違いについて詳しく解説しています。

WiMAXのホームルーターの種類は?

現在販売中のWiMAXホームルーターは2種類で、「HOME 5G L12」と「HOME 5G L13」の2機種が発売されています。

2機種の違いは、本体の重さと最大同時接続台数、通信速度です。

最新機種の「HOME 5G L13」は下り最大速度4.2Gbpsとかなり高速なので、性能の高さを求めるなら最新機種がおすすめ。

本体重量は最新機種のほうが重たくなりますが、ホームルーターはほとんど動かす機会がないため性能重視で選んでよいでしょう。

WiMAXルーター最新機種はどれ?

WiMAXルーターの最新機種は、「Speed Wi-Fi 5G X12」と「HOME 5G L13」の2機種です。

  • モバイルルーター:Speed Wi-Fi 5G X12
  • ホームルーター:Speed Wi-Fi HOME 5G L13

5G X12がモバイルWiFiルーター、HOME 5G L13がホームルーターです。どちらのWiMAXルーターも5Gに対応しており、非常に通信品質のよいモデルです。

なお、WiMAXルーターは複数のメーカーから発売されており、最新機種の性能が最もよいとは限りません

モバイルルーターのラインナップのように、最新でない機種の方が使い勝手がよい場合もあります。そのため、各機種のスペックを確認し、自分向きのルーターを選びましょう。

5G対応のWiMAXルーターはどれ?

5G対応のおすすめポケット型WiFi・ホームルーターは、現在発売されている以下の4機種です。

  • Speed Wi-Fi 5G X11
  • Speed Wi-Fi 5G X12
  • Speed Wi-Fi HOME 5G L12
  • Speed Wi-Fi HOME 5G L13

いずれのルーターも、5GだけでなくWiMAX2+や4G LTEでの通信に対応しています。5G対応エリア外では、WiMAX2+または4G LTEの回線を利用しましょう。

WiMAX2+は4G LTEよりも通信速度が速い反面、電波が障害物に遮られやすいのが特徴です。

ルーターとデバイスが壁で隔てられていると、繋がりにくくなる可能性がある点は理解しておきましょう。

WiMAX2+で通信速度が遅いと感じたら、4G LTEに切り替えてみるもの1つの手です。

WiMAXルーターの比較まとめ

WiMAXルーターの比較まとめ
  • モバイルルーターは自由に持ち運びできる
  • ホームルーターは多くの端末を接続でき安定性に優れている
  • WiMAXルーターを選ぶときは通信速度・バッテリー持ち・本体の重さをチェック
  • モバイルルーターのおすすめは「Speed Wi-Fi 5G X12」
  • ホームルーターのおすすめは「Speed Wi-Fi HOME 5G L13」

モバイルルーターは、外出先でも手軽に利用できるのがメリットです。接続台数が多い場合に通信が不安定になる場合があるので、1~2人での利用に適しています。

ホームルーターは安定性に優れており、有線接続もできるのが特徴です。接続台数が多い場合でもWiFiが不安定になりにくいので、3人以上でも快適に使えます。

WiMAXルーターを選ぶときは、通信速度が重要です。モバイルルーターを導入する方は、連続通信時間や重さも確認しましょう。

ぜひ、WiMAXルーターで快適なインターネット環境を手に入れてください。