経営方針・体制

中長期経営戦略IR Information

当社グループを取り巻くリユース市場、電子商取引(EC)市場はともに拡大基調にあります。当社はその市場において確固たる経営基盤を構築し、中長期的に持続的な成長を遂げるべく、前期(2017年6月期)、当期(2018年)6月期の2期間を、中長期的な飛躍に向けた戦略的投資期間と位置づけておりました。これらの投資によって生み出された新たな収益基盤が徐々に収益に貢献し始めるに至っております。

弊社は事業領域を、基盤事業であるネット型リユース、専門商材、それ以外の新規事業と分けて動いております。

1. ネット型リユース

2018年6月期に西東京と札幌の2ヶ所にリユースセンターの開設を行いました。これにより北海道から九州までの出張買取拠点の拡充はほぼ完了しました。今後は自社内システム開発、社内組織体制の強化に注力し、生産性をより高めることによる安定成長を図ってまいります。

2. 専門商材

現在農機具、建機、医療機器という専門知識が必要なため個人間取引の参入が難しく、海外への展開が可能な商材の買取販売を行っております。この分野は専門性をさらに深耕させつつ、弊社の特徴である買取専門サイトで集客し、お客様のところに出張して対面買取を行うITとリアルを融合させたビジネスモデルの強みを生かして事業展開をしていきます。

3. 新規事業

家電を中心としたレンタル、Webメディア運営、Wimaxを中心とした回線販売を行っております。

今後の展開イメージ

弊社はリユースを中心としたコングロマリットグループになることを志向しており、そのために下記の方針で戦略投資を行ってまいります。

まず事業区分を「新規イノベーション」と「持続的イノベーション」に分け、この中でさらに「拡大投資」と「支援投資」の計4つに分けることにより、それぞれの区分の戦略や戦術が明確化されました。これにより新しいイノベーションは「支援投資」「拡大投資」を受け、持続的イノベーションへと変わる事を促進させ、また既存事業についてもこれらの投資を受け更なる持続的な拡大が期待されます。

これらの事により収益基盤の多様化及び既存事業の持続的拡大を推進してまいります。

なお、戦略投資にあたっては資本コストを意識し、成長性とリスクを勘案した投資を行ってまいります。

展開イメージ

ページの先頭へ