コーポレート・ガバナンス

ステークホルダーに関わる施策IR Information

株主総会の活性化及び議決権行使の円滑化に向けての取組み状況

補足説明

株主総会招集通知の早期発送 当社は、招集通知に記載する情報の正確性を担保しつつ、株主に対し招集通知の早期発送に努めており、TDnet及び当社ホームページにおいて発送日前開示を行っております。
集中日を回避した株主総会の設定 当社は、株主総会を、株主と直接対話できる好機と考えております。当社の決算期は6月であることから、株主総会集中日を回避した開催日の設定が可能となっておりますが、より多くの株主に参加いただけるよう配慮の上、開催日程、開催時間帯を設定するよう、努めております。
電磁的方法による議決権の行使 当社は、議決権行使に係る株主の利便性向上のために、インターネットによる議決権行使のシステムを導入しております。
議決権電子行使プラットフォームへの参加その他機関投資家の議決権行使環境向上に向けた取組み 株主の利便性向上に向け、今後積極的に検討を進めてまいります。
招集通知(要約)の英文での提供 招集通知につきましては、いわゆる「狭義の招集通知」と解される内容の英訳を実施し、IRサイトに掲出しております。今後につきましては、機関投資家や海外投資家の株式保有比率やその推移を踏まえ、議決権行使プラットフォームの利用や招集通知の英訳を含め、体制の拡充を行ってまいります。
こちらをご覧ください。

IRに関する活動状況

補足説明

ディスクロージャーポリシーの作成・公表 ディスクロージャーポリシーについては、自社ホームページに公表しております。
こちらをご覧ください。
個人投資家向けに定期的説明会を開催 定期的に個人投資家向け説明会を開催し、当社の業績や経営方針について説明いたしております。
アナリスト・機関投資家向けに定期的説明会を開催 本決算や、中間決算に際して、説明会を開催しております。
海外投資家向けに定期的説明会を開催 海外の機関投資家との個別取材や電話会議を実施しております。
IR資料のホームページ掲載 IR専用サイトの日本語版及び英語版のホームページを開設し、決算情報、適時開示情報、決算説明会資料、IRスケジュール等を掲載しております。また、決算説明会については動画配信を実施し、ホームページに掲載しております。
IRに関する部署(担当者)の設置 代表取締役社長直下にIR部門を設置し、専任の担当者を配置しております。

ステークホルダーの立場の尊重に係る取組み状況

補足説明

社内規程等によりステークホルダーの立場の尊重について規定 当社は、全てのステークホルダーに対する行動規範として「リスク・コンプライアンス規程」 を定め、全役職員に周知徹底しております。
環境保全活動、CSR活動等の実施 当社の事業の根幹である「リユース」をより広範囲に広め、循環型社会の形成に資することが、環境保全活動に資すると認識しております。そのため、SDGsに掲げられた全17項目の目標のうち、特に「12 つくる責任つかう責任」を中心に、その他の項目につきましても積極的な取り組みを行っております。なお、詳細につきましては、当社コーポレートサイトをご参照ください。
ステークホルダーに対する情報提供に係る方針等の策定 当社のステークホルダーに対して、適時・適切に企業情報を開示することが上場会社としての責務であると認識しております。この責務を果たすために、適時開示体制の拡充を図り、また、IRサイトを積極的に活用した迅速・公平かつ、正確な会社情報の開示を行ってまいります。
ページの先頭へ