WiMAXの初期費用を徹底解説!いくらかかる?内訳は?

※当記事はPRを含みます。
※カシモWiMAXは株式会社マーケットエンタープライズの関連会社、株式会社MEモバイルが運営しています。

WiMAXに乗り換えを検討しているけれど、初期費用がどれくらいかかるか不安という人は多いのではないでしょうか。

この記事ではWiMAXの初期費用について徹底解説しています。初期費用の内訳や、各プロバイダの比較の方法、おすすめのWiMAXプロバイダも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

【結論】WiMAXの初期費用は高い?

結論から言うと、WiMAXの初期費用は他と比べて安いです

初期費用の総額は、契約するプロバイダやプランによって変わりますが、「端末代金」「事務手数料」「その他手数料」を合算して計算します。そこに初月分の月額料金が加わります。

端末代金を
一括で払う場合
端末代金を
分割で払う場合
端末代金 約3万円 約1,000円
事務手数料 約3,000円 約3,000円
その他手数料 約0~300円 約0~300円
初月の月額料金 約2,000円~3,000円 約2,000円~3,000円
初期費用の合計 約3万7,000円 約7,000円

端末代金を一括で支払う場合は、初期費用として3万7,000円ほどが必要です。

しかし、ほとんどのプロバイダが端末代金の分割払いに対応しています。分割払いの場合の初期費用は7,000円ほどです。

さらに初期費用を抑えるのであれば、カシモWiMAX」では端末代金が実質0円になるキャンペーンを実施しているので活用しましょう。

ホームルーターの場合、端末代金が3~7万円と振れ幅があります。また、月額料金の設定がWiMAXより高い傾向にあるため、端末代金を分割にしたとしても、1万円程度の初期費用を見積もりましょう。

光回線の場合は開通工事があり、工事費用がかさむことも多いです。集合住宅と戸建てで金額に差はありますが、2~5万円程度の初期費用となっています。

WiMAXはホームルーターや光回線に比べて、初期費用を抑えてインターネット環境を整えられるためおすすめです。

WiMAXの初期費用には何が含まれている?

WiMAXの初期費用に含まれているのは以下の通りです。

  • 端末代金
  • 事務手数料
  • その他手数料

1.端末代金

まずは端末代金です。多くのプロバイダの端末代金は3万円程度です

一括で支払いをすると初期費用がかさんでしまいますが、多くのプロバイダが分割払いに対応しています。分割での支払いは月々1,000円程度です。

プロバイダによっては、分割支払いを行うと端末代金が実質0円になるキャンペーンを行っています。初期費用を抑えたい場合は、そういったキャンペーンも有効活用しましょう。

2.事務手数料

ほぼすべてのプロバイダで、新規契約の際に事務手数料が発生します

「事務手数料」や「申し込み手数料」などプロバイダによって呼び方はさまざまですが、3,300円(税込)に設定しているところが多いです。

3.その他手数料

上記の事務手数料以外にも手数料がかかる場合があります。その他手数料の代表的なものとして、口座振替の手数料などが挙げられるでしょう。

月額料金の支払いを口座振替にしていると、手数料として220円(税込)が発生します。

クレジットカード支払いの場合は特に手数料などは発生しないため、こだわりがない場合はクレジットカードで支払うようにしましょう。

初期費用以外の比較ポイント

WiMAXプロバイダを選ぶ際の、初期費用以外の比較ポイントについて解説していきます。

  • 月額料金
  • 契約期間
  • キャンペーン
  • サポート対応

月額料金

比較ポイントの1つ目は月額料金です。月額料金はプロバイダやサービスによって、変動するものと、ずっと料金が変わらないものがあります。

変動制の料金のメリットは、乗り換え時期によっては総額を安くできる点です。変動しない料金のメリットは、長期的に利用しても料金が上昇しないので安心できるという点です。

月額料金を比較する際には、料金の総額で比較する必要があります。たとえば、2年・3年などの期間を決めて、かかる月額料金の総額を計算して比較しましょう。

そうすることで、月額料金が変動するタイプの料金プランでも他プロバイダと比較が可能となります。

以下の記事ではおすすめWiMAXプロバイダ20社を徹底比較していますので、料金プランなどより詳しく知りたい方はぜひチェックしてください。

契約期間

契約期間もWiMAXプロバイダの比較ポイントの1つです

プランによっては、契約期間の縛りあり・なしを選ぶことが可能です。その場合、契約期間縛りなしのプランのほうが料金は高く設定されています。

契約期間の縛りがあるものは、期間内に契約を解除すると解約違約金が発生します

まだWiMAXをどのくらいの期間使うかわからないという人は、いつ解約しても良いように契約期間の縛りがないタイプのプランを選ぶようにしましょう。

キャンペーン

WiMAXプロバイダを選ぶポイントの3つ目はキャンペーンの内容です

WiMAXは同じ通信規格のため、通信の品質やデータ容量はどこのプロバイダを選択しても違いはありません。各プロバイダの違いは、月額料金やキャンペーン内容です。

キャンペーン内容として多いのは「端末代金実質無料」「月額料金割引き」「スマホセット割」「キャッシュバック」が挙げられます。

抑えたい初期費用の額や、自分のスマホ利用状況などにあわせてキャンペーン内容を活用しましょう。

以下の記事ではWiMAXプロバイダのお得なキャンペーンについて比較しています。気になる方はぜひチェックしてみてください。

サポート対応

サポート対応もプロバイダ選びで重要なポイントです

どうしても店舗で質問したい場合は、店舗があるプロバイダを選びましょう。近年では、電話やメールでのサポートの他に、チャットサポートを設けているところもあります。

不具合などが発生した時の対処が不安であれば、サポートが充実しているプロバイダを選ぶと安心です。

WiMAXプロバイダの初期費用を徹底比較!

ここからはWiMAXプロバイダの初期費用を徹底比較していきます。今回比較するのは以下の3つの人気プロバイダです。

  • カシモWiMAX
  • GMOとくとくBB WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX

上記プロバイダの各項目の比較は以下の通りです。

(税込) カシモWiMAX GMOとくとくBB WiMAX BIGLOBE WiMAX
月額料金 初月 1,408円 1,089円 3,773円
初月以降 4,818円 1ヵ月目〜12ヵ月まで:3,784円
13〜35ヵ月まで:4,334円
36ヵ月以降〜:4,378円
1ヵ月目~24ヵ月目:3,773円
25ヵ月目~:4,928円
端末代金 27,720円
→分割サポートで実質0円
27,720円 27,720円
事務手数料 3,300円 3,300円 3,300円
その他手数料 なし なし なし
契約期間縛り なし 2年 なし

カシモWiMAX

(税込) カシモWiMAX
データ容量 実質無制限
月額料金
(縛りなしプラン)
契約初月:1,408円
翌月〜:4,818円
初月の料金 1,408円
(日割りなし)
スマホセット割引 au:最大1,100円/台
UQモバイル:最大1,100円/台
端末代金 実質0円
(770円/月を36ヵ月割引)
事務手数料 3,300円
キャッシュバック Amazonギフト券10,000円
3年間の合計料金
– キャンペーン
160,038円
実質月額料金 4,446円
違約金 0円
支払い方法 クレジットカード
契約期間の縛り なし
5G対応

カシモWiMAXはシンプルでわかりやすい料金プランが魅力のWiMAXプロバイダです

月額料金が初月1,408円(税込)、その後は4,818円(税込)から変更がありません。長く利用しているうちに割引きの適用期間が終了し、気づかぬうちに月額料金が上がっていた、ということもないので安心です。

また、通常27,720円(税込)の端末代金が分割サポートを利用すると実質0円となります。

初期費用を抑えて長くWiMAXを使いたい人はカシモWiMAXをチェックしてみてください。

カシモWiMAXの口コミ・評判については以下の記事で詳しく解説しています。気になる方はぜひチェックしてみてください。

GMOとくとくBB WiMAX

(税込) GMOとくとくBB WiMAX
データ容量 実質無制限
月額料金 契約初月:1,089円
翌月〜12ヵ月まで:3,784円
13〜35ヵ月まで:4,334円
36ヵ月以降〜:4,378円
端末代金 27,720円
3年間の料金 148,899円
実質月額料金 4,136円
キャンペーン 25,000円
契約期間の縛り 2年
支払い方法 クレジットカード

GMOとくとくBB WiMAXは高額なキャッシュバックが魅力的なWiMAXプロバイダです

すべての人を対象に、最大25,000円(税込)のキャッシュバックがあります。Webページからの申し込み限定なので、契約予定の人は逃さないようにしましょう。

月額料金は変動ですが、最大4,378円(税込)と業界でも最安級となっています。

コスパの良いWiMAXプロバイダを選びたい時はGMOとくとくBB WiMAXがおすすめです。

GMOとくとくBB WiMAXの評判や口コミについては以下の記事で詳しく解説しています。気になる方はぜひチェックしてみてください。

BIGLOBE WiMAX

(税込) BIGLOBE WiMAX
月額料金 1ヵ月目~24ヵ月目:3,773円
25ヵ月目~:4,928円
端末代金 27,720円
3年間の料金 173,635円
実質月額料金 4,823円
キャンペーン
契約期間の縛り なし
支払い方法 クレジットカード
口座振替

BIGLOBE WiMAXは口座振替が可能な数少ないWiMAXプロバイダの1つです

口座振替には手数料がかかりますが、何らかの理由によりクレジットカードでの支払いをしたくない場合は、BIGLOBE WiMAXがおすすめです。

月額料金は最大4,928円(税込)と少し高めに設定されています。しかし、2年間のみの利用であれば月額3,773円(税込)とかなり安いです。

利用期間が短い人はBIGLOBE WiMAXも検討してみてください。

BIGLOBE WiMAXの評判や口コミについては以下の記事で詳しく解説しています。気になる方はぜひチェックしてみてください。

WiMAXの初期費用に関するよくある質問

WiMAXの初期費用に関するよくある質問をまとめました。

WiMAXの初期費用を安くする方法はある?

キャンペーンを有効活用することで初期費用を安くできます

たとえば、「カシモWiMAX」では分割サポートを利用することで端末代金を実質0円にできます。その他にもキャッシュバックキャンペーンを利用すれば、初期費用を相殺可能です。

初期費用を安くするためにも、各プロバイダのキャンペーン内容を確認してみましょう。

Broad WiMAXはなぜ初期費用が高いの?

Broad WiMAXは、初期費用が高額なことで有名なWiMAXプロバイダです。

Broad WiMAXでは、プランの月額料金上昇を抑えるために独自の「初期費用」という手数料20,743円(税込)が別途計上されています

そのため、他のプロバイダに比べて初期費用が高くなっているのです。

Broad WiMAXの初期費用無料キャンペーンとは?

Broad WiMAXでは、通常20,743円(税込)の初期費用が無料になる「Web割」を実施しています。

Web割の条件は以下の通りです。

  • 初期費用0円のWeb割キャンペーン
  • キャンペーン内容:通常20,743円(税込)の初期費用が0円になる
  • 条件:
    1.Webから申し込む
    2.支払い方法はクレジットカードを選択
    3.安心サポートプラス、MyBroadサポートへ初回加入

サポートへの加入など条件はありますが、Web割を利用すると初期費用を抑えられるので積極的に利用していきましょう。

WiMAXの初期費用 まとめ

WiMAXの初期費用についてまとめました。最後におさらいしていきましょう。

WiMAXの初期費用 まとめ
  • WiMAXの初期費用は他と比べて安い
  • 主な初期費用は「端末代金」と「事務手数料」
  • 初期費用以外の比較ポイントは「月額料金」や「キャンペーン内容」など
  • 初期費用を抑えてWiMAXを契約するなら「カシモWiMAX 」がおすすめ

WiMAXの初期費用は、他の回線契約に比べると安いです。端末を分割支払いにすることで、5,000円程度でWiMAXを使い始められます。

初期費用の主な内訳は「端末代金」「事務手数料」「その他手数料」です。WiMAXプロバイダを契約する際の比較ポイントとして、「月額料金」や「キャンペーン内容が」挙げられます。

キャンペーンによっては、初期費用の中で大きなウェイトを占める端末代金を安くできたり、スマホとセットで全体の通信費が割引きになったりと、お得にWiMAXを利用できます。

とくに、初期費用を抑えてWiMAXを使い始めるなら、コスパの良い「カシモWiMAX」がおすすめです。