一人暮らしのインターネットはどうすればいい?選び方やおすすめの回線

※当記事はPRを含みます。
※カシモWiMAXは株式会社マーケットエンタープライズの関連会社、株式会社MEモバイルが運営しています。

一人暮らしを始めるけど、インターネットをどうすれば良いのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

この記事では、一人暮らしで使えるインターネットの種類やそれぞれの特徴、メリット・デメリットまで徹底解説しています。

種類別のおすすめプロバイダも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

1分でわかる!記事の内容
  • 一人暮らしで使えるインターネットは光回線・ホームルーター・ポケット型WiFiの3種類
  • ホームルーター・ポケット型WiFiなら「カシモWiMAX」がおすすめ
  • 光回線なら「ソフトバンク光」がおすすめ

おすすめのインターネットはこれ!
カシモWiMAX
無制限の5Gプランがお得!
カシモWiMAX

カシモWiMAXでは、無制限の5Gプランをお得な価格で利用できます。

初月は1,408円(税込)。翌月以降はずっと4,818円(税込)と、シンプルでわかりやすい料金体系が魅力です。

端末は、工事不要で使えるホームルーターもしくはポケット型WiFiから選べます。

最短即日発送なので、すぐにWiFiを使いたい方や、引っ越し先で手軽に快適なWiFi環境を整えたいという方にピッタリです。

今なら当サイト経由でAmazonギフト券10,000円が必ずもらえます!

WEBで完結!最短即日発送

一人暮らしにインターネット環境は必要か?

結論、一人暮らしで快適な生活を送るためには、インターネット環境が必要不可欠です。

スマホ・パソコン・タブレットだけでなく、ゲーム機やスマート家電なども、使用する際はインターネットに接続する必要があります。

自宅で動画視聴やオンラインゲームを楽しみたい方や、テレワークやオンライン授業でパソコンを使う方は、インターネット環境がないと不便に感じるでしょう。

スマホやパソコン、ゲーム機などをほぼ使用しないという方は、スマホのテザリングでも足りるかもしれません。

ただし、テザリングはスマホのバッテリー消耗が激しい、使える容量に制限がある、速度や接続が安定しないなどのデメリットがあります。

一時的にインターネットが必要な場合はテザリングで事足りますが、日常的に使う場合はインターネットの契約を検討しましょう。

一人暮らしで使うインターネットの選び方

一人暮らしで使うインターネットの選び方にはいくつかのポイントがあります。

  • 外出先でもWiFiを使うか
  • いつから使い始めたいか
  • オンラインゲームをするか
  • 開通工事はできるか

(1)外出先でもWiFiを使うか

外出先でもWiFiを使うかどうかで、WiFiの選び方が変わります

普段から外出先でWiFiを利用するけど、セキュリティが気になるという人はポケット型WiFiを選ぶのがおすすめです。

カフェなどで作業をする際に大きいデータ通信を行うため、スマホのデータ容量では足りないという人もポケット型WiFiを選ぶと良いでしょう。

ただし、ポケット型WiFiは光回線やホームルーターと比べると安定せず、ゲームなどには向きません。外であまり作業をせず、スマホのデータ容量で充分という人は、ホームルーターか光回線を選びましょう

(2)いつから使い始めたいか

いつから使い始めたいか、というのもインターネットを選ぶ上で重要です。

とくに光回線を利用したいと考えている人は、WiFiの開通までに時間がかかるので注意しましょう。

光回線を開通までには、平均で1ヵ月ほどかかります。また、建物の状況や契約が重なる時期などはさらに時間がかかり、2~3ヵ月後となることも珍しくありません。

すぐに使い始めたい場合は、ホームルーターかポケット型WiFiを契約しましょう。

どうしても光回線にこだわる場合は、開通までWiFiをレンタルしてくれるサービスもあるので、活用してみてください。

(3)オンラインゲームをするか

オンラインゲームを趣味としており、よくプレイする、快適にプレイしたいという人は光回線を選びましょう。

ホームルーターやポケット型WiFiは工事不要で利用できて便利ですが、反応速度であるPing値が高く、ゲームをプレイする場合はラグなどの原因になります。

そのため、日常的にオンラインゲームをプレイする機会があり、快適にゲームをしたい人は光回線がおすすめです。

▼こちらの記事では、オンラインゲームにおすすめの光回線を紹介しています。ゲームのためにネット環境を構築したいという方は、ぜひ参考にしてください。

(4)開通工事はできるか

開通工事ができるかどうかで、選べるインターネットが変わります。

光回線を利用したい場合は、開通工事が必要となるので、工事ができるかどうかが重要です。

物件を探している段階であれば、物件情報に記載がある場合もあります。入居済みでも、大家や管理会社に確認をするのも手段の一つです。

また、契約しようと考えている、もしくは現在契約している光回線のプロバイダで確認することも可能です

工事ができない場合は、工事が不要なホームルーターやポケット型WiFiを選びましょう

一人暮らしにおすすめは「ホームルーター」

一人暮らしにおすすめのWiFiは「ホームルーター」です。

ホームルーターは工事不要で、電源に繋ぐだけで利用できます。大学生などはとくに、数年で引っ越しをする可能性があるため、引っ越しの際も手続きが簡単なホームルーターがおすすめです。

工事不要なWiFiとして、ポケット型WiFiも挙げられます。しかし、ポケット型WiFiはホームルーターと比べると通信が安定しません

外出先でも利用できるのはポケット型WiFiの魅力ですが、近年は学校や職場、カフェや公共施設もWiFiが整備されているところも多くあります。

メインで使うWiFiとしては、やはり安定性が高いもののほうが良いため、ポケット型WiFiよりもホームルーターがおすすめという結論になります。

一人暮らしのインターネット料金相場

一人暮らしのインターネットの料金相場は、インターネットの種類や契約するプロバイダ、プランによって異なります。

ホームルーターは4,000円~5,000円

ホームルーターの場合、月額料金の目安は4,000円~5,000円程度です。

多くのホームルーターは5,000円前後ですが、月額料金割引を実施しているプロバイダでは、4,000円前後で使える場合があります。

ホームルーターを契約すると、月額料金以外に事務手数料・端末代金が発生します。事務手数料は3,000円程度で、端末代金は30,000円~70,000円程度です。

端末代金を分割にすると、月額料金にプラスで700円~2,000円ほど支払うことになります。

端末代金が実質無料になるプロバイダも多くあるので、初期費用や月々の支払いを安く抑えたい方は、キャンペーン情報をチェックしてから申し込みましょう。

ポケット型WiFiは2,000円~5,000円

ポケット型WiFiの月額料金は、契約するデータ容量やプランによって大きく異なります

20GB~50GBの中容量プランは2,000円~3,000円、100GBの大容量プランは3,000円~4,000円、無制限プランは4,000円~5,000円程度と考えてください。

ポケット型WiFiもホームルーターと同様に3,000円程度の事務手数料がかかります。

端末代金は、無料レンタルと購入の2パターンがあります。購入の場合は30,000円前後かかりますが、プロバイダによっては実質無料にすることが可能です。

光回線は4,000円~6,000円

光回線の月額料金は、マンションタイプと戸建てタイプで異なります。マンションタイプの料金相場は4,000円~5,000円戸建てタイプは5,000円~6,000円程度です。

光回線のルーターは基本無料レンタルもしくはプレゼントなので、端末代金はかかりません。

ただし、月額料金とは別に開通工事費がかかります。工事費は回線の導入状況や、工事の内容によって決められます。

無派遣工事の場合は3,000円程度ですが、派遣工事の場合は30,000円~40,000円ほどかかることを覚えておきましょう。分割にする場合は、月額料金に1,000円前後プラスされます。

ホームルーターのメリット・デメリット

ホームルーターは、ルーター端末を電源に繋ぐだけでWiFiを利用できます。

工事不要で届いたらすぐ使えるので、煩雑な設置がなく簡単です。通信も安定しており、複数の端末を接続可能なので、パソコンやスマホ、ゲーム機など多くの端末を繋ぎたい人にもぴったりです。

ホームルーターは光回線よりも速度が若干遅い傾向にあります。また、他の電波の干渉を受けやすいため、間取りによっては設置場所を工夫するなど、対策が必要となる点がデメリットでしょう。

ホームルーターが向いているのは以下のような人です。

  • 光回線の工事は行えないけど安定した通信が必要
  • すぐに使えるWiFiがほしい
  • 家でしかWiFiを利用しない

ホームルーターの2つのメリット

ホームルーターのメリットは以下の通りです。

メリット

・設置が工事不要で簡単

・通信も安定している

ホームルーターは工事不要で届いたらすぐに使えます。物件などの条件により、光回線の工事を行えなかった人でも、ホームルーターなら安定した通信を行えます

ホームルーターの端末によっては、簡単なオンラインゲームなどもプレイできる速度が出るものもあります。安定した通信でインターネットを楽しみたい人にもおすすめです。

工事が不要なので、端末が届いたらすぐに使えるのもホームルーターの魅力となっています。申し込み後3日~1週間程度で端末が届くので、すぐに使えるWiFiがほしい人にもぴったりです。

また、ホームルーターは家に据え置いて使うタイプのWiFiです。家でしかWiFiを使わないという人もホームルーターをチェックしてみてください。

>>ホームルーターのおすすめはこちら<<

ホームルーターの2つのデメリット・注意点

ホームルーターの2つのデメリット・注意点は以下の通りです。

デメリット

・光回線より速度は遅い傾向

・間取りによっては設置場所に工夫が必要

ホームルーターと光回線は、通信技術が違います。そのため、光回線に比べるとホームルーターのほうが通信速度が遅い傾向にあります。

オンラインゲームを快適にプレイすることが目的の場合など、高度な通信環境を求めている人にはホームルーターはおすすめできません。

また、ホームルーターは設置場所に工夫が必要な場合があります。ホームルーターは端末が基地局からの電波を受信してWiFiに変換しています。

電波が受信しにくい家の奥や、背の高い家具のそば、電波に干渉しやすい電子レンジなどの家電の近くなどにルーター端末を設置すると、通信が上手くいかない場合があります。

直射日光の当たらない窓辺や高い場所に置くことで解消できるので、試してみてください。

一人暮らしにおすすめのホームルーター

一人暮らしにおすすめのホームルーターは以下の3つです。

ホームルーター 月額料金
端末代金 通信速度 対応エリア目安 キャンペーン 公式サイト

(HOME 5G L13)
4,818円 実質無料
(27,720円)
上り:286Mbps
下り:4.2Gbps
ほぼ全国
(全国人口カバー1億人達成)
Amazonギフト券
10,000円分

詳細
4,950円 実質無料
(71,280円)
上り:218Mbps
下り:4.2Gbps
全国 WEB申し込みで
15,000pt還元

詳細

(Airターミナル5)
5,368円 実質無料
(71,280円)
上り:非公開
下り:2.1Gbps
一部不可 ・月額料金割引
・17,000円
キャッシュバック

詳細

カシモWiMAX

カシモWiMAX
(税込) カシモWiMAX
データ容量 実質無制限
月額料金
(縛りなしプラン)
契約初月:1,408円
翌月〜:4,818円
初月の料金 1,408円
(日割りなし)
スマホセット割引 au:最大1,100円/台
UQモバイル:最大1,100円/台
端末代金 実質0円
(770円/月を36ヵ月割引)
事務手数料 3,300円
キャッシュバック Amazonギフト券10,000円
3年間の合計料金
ーキャッシュバック
160,038円
実質月額料金 4,446円
違約金 0円
支払い方法 クレジットカード
契約期間の縛り なし
5G対応
▼実質月額料金の計算はこちら
月額料金(税込) カシモWiMAX
初月 1,408円
1~36ヵ月目 4,818円
機種代金 0円
キャッシュバック -10,000円
合計 160,038円
実質月額料金 4,446円

カシモWiMAXはシンプルでわかりやすい料金プランが魅力のプロバイダです。

月額料金は初月1,408円(税込)で、その後4,818円(税込)から変動しません。はじめてのネット契約でも複雑な料金プランではないので安心です。

また、端末分割サポートを利用すると端末代金が実質0円になります。

最短で即日発送となるので、引っ越し等で急ぎインターネットを利用したいという人にもおすすめです。

さらに、au、UQモバイルのユーザーはセット割でスマホ代が1,100円(税込)割引きとなるので、ぜひチェックしてみてください。

ドコモ home 5G

ドコモ home 5G
(税込) ドコモ home 5G
月額料金 4,950円
端末代金 71,280円
月々サポート
(36回)
-1,980円/月
利用料金 4,950円

ドコモ home 5Gは5G通信に対応しており、高速通信が可能なホームルーターです。

専用端末の下り最大速度は4.2Gbpsと、ホームルーターの中では安定した通信を実現しています。

端末代金が71,280円(税込)と、他社のホームルーター端末と比べると高額ですが、端末を36回の分割払いに設定すると、端末代金が実質0円となります。

また、ドコモスマホユーザーは、セット割引が適用可能です。月々のスマホ料金から毎月最大1,100円(税込)の割引きとなります。

高速通信が可能なホームルーターを探しているには、ドコモ home 5Gおすすめです。

モバレコエアー

モバレコエアー
(税込) 1ヵ月目 2~12ヵ月目 13~36ヵ月目
基本料金 5,368円
端末代金 71,280円
月月割
(36回)
-1,980円/月
モバレコエアー
特別ハッピープライス
キャンペーン(36回)
-4,048円 -2,288円 -1,188円
利用料金 1,320円 3,080円 4,180円
※37ヵ月目以降は、5,368円(税込)/月です。

モバレコエアーは、ソフトバンクとワイモバイルのスマホユーザーにおすすめのホームルーターです。

モバレコエアーを利用するとセット割が適用され、ソフトバンクユーザーは最大1,100円(税込)、ワイモバイルユーザーは最大1,188円(税込)が毎月のスマホ料金から割引きとなります。

他社からの乗り換えの場合は、違約金・撤去工事費が還元されるキャンペーンもあります。積極的に活用していきましょう。

ソフトバンクとワイモバイルのスマホユーザーはモバレコエアーも検討してみてください。

▼比較してからじっくり決めたいという方は、おすすめホームルーター5社を比較している以下の記事を参考にしてください。

ポケット型WiFiのメリット・デメリット

ポケット型WiFiは、工事不要のWiFiという点ではホームルーターと同じですが、ルーター端末が手のひらサイズと小型なので、外出先に携帯できるのがメリットです。

家でも外でもWiFi環境を整えられるので、外出先やカフェなどで作業することが多い人はポケット型WiFiがおすすめです。

ポケット型WiFiは多くの端末を同時に接続すると、通信が不安定になりやすくなっています。また、充電式なので、充電がなくなるとWiFiも使えなくなる点がデメリットと言えます。

ポケット型WiFiが向いている人は以下のような人です。

  • 外出先でもWiFiを使う機会が多い
  • 家でも外でも同じようなWiFi環境を使いたい

ポケット型WiFiの2つのメリット

ポケット型WiFiのメリットは次の通りです。

メリット

・小型なので携帯して外出先でもWiFiを利用できる

・工事不要で使えるWiFi

ポケット型WiFiは持ち出して外でも使えるのが魅力です。外出先でもWiFiを使う機会が多い人にぴったりの端末となっています。

近年はカフェや公共施設などでもWiFiが整備されていることもありますが、フリーWiFiはどうしてもセキュリティ面が不安な設定になっていることがほとんどです。

ポケット型WiFiは自分だけが利用できるWiFiなので、仕事など、セキュリティを重視したい作業を外出先で行いたい場合はにおすすめとなっています。

また、ポケット型WiFiは小型のルーター端末の電源を入れるだけでWiFiを利用できます。工事などは不要なので、手軽にWiFiを利用したい人にもぴったりです。

>>ポケット型WiFiのおすすめはこちら<<

ポケット型WiFiの2つのデメリット・注意点

ポケット型WiFiの2つのデメリット・注意点は以下の通りです。

デメリット

・多くの端末は繋げない

・充電がなくなるとWiFiも使えなくなる

ポケット型WiFiは、ルーター端末自体が小型のため、性能にも制限があります。また、外出先で使うことを想定しているので、多くの端末を接続することは想定されていません

そのため、同時接続可能台数なども少なめの設定となっています。多くの端末を繋ぎたい人にはおすすめできませんん。多くの端末を繋ぐと、通信が遅くなってしまう原因にもなります。

ポケット型WiFiのルーター端末は充電式で、常に電源に接続していなくてもWiFiを利用できます。しかし、ルーター端末の充電がなくなってしまうとWiFiが利用できなくなってしまうので注意が必要です。

一人暮らしにおすすめのポケット型WiFi

一人暮らしにおすすめのポケット型WiFiは次の通りです。

ポケット型WiFi 月額料金
端末代金 通信速度 対応エリア目安 キャンペーン 公式サイト
カシモWiMAX 4,818円 実質無料
(27,720円)
上り:286Mbps
下り:3.9Gbps
ほぼ全国
(全国人口カバー1億人達成)
Amazonギフト券
10,000円分

詳細
楽天モバイル 1,078円~
3,278円
1円 上り:50Mbps
下り:150Gbps
全国 端末代金が1円
詳細
2,948円
(100GB)
0円
(レンタル)
上り:50Mbps
下り:150Gbps
全国 ・月額料金割引
・14日間お試し

詳細

カシモWiMAX

カシモWiMAX
(税込) カシモWiMAX
データ容量 実質無制限
月額料金
(縛りなしプラン)
契約初月:1,408円
翌月〜:4,818円
初月の料金 1,408円
(日割りなし)
スマホセット割引 au:最大1,100円/台
UQモバイル:最大1,100円/台
端末代金 実質0円
(770円/月を36ヵ月割引)
事務手数料 3,300円
キャッシュバック Amazonギフト券10,000円
3年間の合計料金
ーキャッシュバック
160,038円
実質月額料金 4,446円
違約金 0円
支払い方法 クレジットカード
契約期間の縛り なし
5G対応
▼実質月額料金の計算はこちら
月額料金(税込) カシモWiMAX
初月 1,408円
1~36ヵ月目 4,818円
機種代金 0円
キャッシュバック -10,000円
合計 160,038円
実質月額料金 4,446円

カシモWiMAXは初期費用を抑えてポケット型WiFiを利用したい人におすすめです。

カシモWiMAXでは、端末代金を分割払いに設定すると、分割サポートが利用できます。分割サポートを使うことで、通常27,720円(税込)の端末代金が実質0円となります。

また、カシモWiMAXはシンプルでわかりやすい料金プランも魅力の1つです。初月1,408円(税込)で、その後4,818円(税込)から価格が変動しないので、複雑なことがなく一人暮らしの契約でも安心です。

さらに、au・UQモバイルのユーザーはセット割が適用されます。セット割を利用すると、月々のスマホ代から最大1,100円(税込)の割引きとなります。

端末を最短で即日発送してくれるので、インターネットの利用を急いでる人にもおすすめです。

初期費用を抑えたコスパの良いプロバイダを探している人は、カシモWiMAXをチェックしてみてください。

Rakuten WiFi Pocket

画像_Rakuten WiFi Pocket(楽天)
(税込) Rakuten WiFi Pocket
データ容量 3GB〜無制限
〜3GB 1,078円
3GB〜20GB 2,178円
20GB〜 3,278円
端末代金 7,980円
実質1円

Rakuten WiFi Pocketは、楽天モバイルと同じ料金プランが適用されます。

そのためデータ使用量によって料金が3段階で変動し、月20GB以上の利用はデータ容量無制限で3,278円(税込)で定額となります。

20GB以下の場合、3GBまで1,078円(税込)、20GBまで2,178円(税込)となるので、データの使用量にばらつきがある時でも安心です。

また、通常7,980円(税込)の端末代金が、一括払いを選択すると「プランセット値引き」7,979円(税込)値引きが適用され、端末代金が1円となります。

無制限に利用できるポケット型WiFiを探している人は、Rakuten WiFi Pocketも検討してみてください。

モンスターモバイル

(税込) モンスターモバイル
MONSTER MOBILE
データ容量 100GB
月額料金 2,948円
初月の料金 2,948円
(日割りなし)
スマホセット割引
端末代金 0円
事務手数料 3,300円
キャッシュバック 最大5,000円
3年間の合計料金
ーキャンペーン
106,128円
実質月額料金 2,948円
違約金 2,948円
2年契約プラン100GBの場合
支払い方法 クレジットカード
契約期間の縛り 2年契約
(縛りなしプランもあり)
5G対応 ×

モンスターモバイルは、クラウドSIMを利用しているポケット型WiFiです。

クラウドSIMとは、物理SIMを使わずにクラウド上でSIMカードの情報を管理しデータ通信ができるポケット型WiFiです。

モンスターモバイルは利用できるデータ容量が100GBと上限が設定されていますが、月額料金が2,948円(税込)と最安級となっています。

また、14日間のお試しキャンペーンを実施しています。実際に使って試せるので、はじめてポケット型WiFiを利用する人も安心です。

ポケット型WiFiを試してから契約したい人には、モンスターモバイルがおすすめです。

▼用途別のおすすめポケット型WiFiをもっと知りたいという方は、こちらの記事をあわせてご一読ください。

光回線のメリット・デメリット

光回線は、光ファイバーケーブルを自宅に引き込んでWiFiを利用する通信方法です。

光ファイバーケーブルは他の電波の干渉を受けにくいので、安定した高速通信が可能です。また、モバイル通信よりも大容量の通信が可能なため、データ容量の上限なく、高速通信が楽しめます。

光回線は光ファイバーを自宅内に引き込むという特性上、開通に際して工事が必要になるケースが多いです。光回線に対応していない物件では工事が大規模になってしまいます。

壁への穴あけなどの簡易な工事でも、大家や管理会社の許可を得る必要があり、工事時には立ち会いも必要です。

さらに、春先などは開通工事が多い時期となり、予約が取りづらくなります。そのため、開通まで時間がかかることも少なくありません。使えるようになるまでの手順が煩雑な点が光回線のデメリットとなります。

以下のような人は、光回線が向いています。

  • 映画など長尺の動画を頻繁にダウンロードする
  • オンラインゲームなどをプレイするのに高速通信が必要
  • 在宅で仕事をしたり、オンライン会議などを行う

光回線の3つのメリット

光回線の3つのメリットは次のようなものがあります。

メリット

・他の電波の干渉を受けにくい

・安定した高速通信が楽しめる

・データ容量の上限がない

安定した高速通信を行えることが光回線の最大の魅力です。光ファイバーを経由しているため、他の電波の干渉を受けずに大きいデータ通信を快適に行えます。

そのため、大きいデータ通信を必要とする動画のダウンロードや、オンラインゲームを頻繁に行う人には光回線がおすすめです。

また、データ容量の上限が設定されていないのも光回線の魅力です。在宅で仕事をしたり、オンライン会議等がある人も光回線ならストレスなく通信を行うことが可能です。

>> 光回線のおすすめはこちら <<

光回線の3つのデメリット・注意点

光回線の3つのデメリット・注意点は以下のようなものがあります。

デメリット

・光回線に対応していない物件では工事が大規模に

・壁に穴をあける等の工事がある際は許可が必要

・使えるようになるまで時間がかかる

光回線の最大のデメリットは工事に関することです。光回線に対応していない物件の場合、工事が大規模になってしまいます。

また、光ファイバーを壁まで引き込んで通信するという光回線の特性上、壁に穴をあける工事が必要になることもあります。このような工事がある場合は、大家や管理会社に許可が必要です。

工事を行う場合も、工事を行わない場合も、光回線は利用できるようになるまで時間がかかります。工事不要の場合でも2週間から1ヵ月程度の時間が必要です。

大規模な工事がある場合や、回線の申し込みが多くなる春先などはさらに時間がかかります。すぐにWiFiを利用したいという人は、他のWiFiを利用することも視野にいれましょう。

インターネットの申し込みから開通までの流れ

インターネットの申し込みから開通までの流れについて説明していきます。

ホームルーター・ポケット型WiFiの場合

ホームルーター・ポケット型WiFiの場合、申し込みから開通までの主な流れは以下の通りです。

  1. 契約したいプロバイダの公式サイトから申し込みをする
  2. 端末が発送される
  3. 端末が到着する
  4. 機器の設定をする

ホームルーター・ポケット型WiFiは工事が不要なので、端末が到着し次第、WiFiを利用できます

申し込みから発送までは3日~1週間程度かかる場合が多いです。光回線と比べるとすぐに使えるようになるので、急ぎWiFiが必要な人はホームルーター・ポケット型WiFiがおすすめです。

とくにカシモWiMAXは最短即日発送なので、特に急いでいる人はチェックしてみてください。

光回線の場合

光回線の場合、申し込みから開通までの主な流れは以下の通りです。

  1. 物件の光回線対応状況を確認する
  2. 契約したいプロバイダの公式サイトから申し込みをする
  3. 開通工事の予約をする
  4. 開通工事を行う
  5. ルーターなどの機器の設定をする

光回線を開通するまでの流れで、最も注意が必要な点が開通工事です。

開通工事の際には、大家や管理会社などの工事の許可が必要です。開通の際には立ち合いも必要となるので、予定の調整もしなければなりません。

また、繁忙期である春などは開通工事が混み合っており、工事の予約日がすぐに取れない場合もあります。そのため、開通までの日程に余裕を持たせておくことが重要となります。

一人暮らしのインターネットに関するよくある質問

一人暮らしのインターネットに関するよくある質問についてまとめました。

インターネット無料物件とは?

インターネット無料物件は、大家や管理会社が既にプロバイダ契約を建物ごと済ましてくれている状態です。そのため、入居してすぐに無料でインターネットを利用できます。

ただし、建物全体で契約しているため通信速度が遅い、夜間や休日など利用者が多い時間帯に接続が不安定になりやすい、というデメリットもあります。

安定した通信環境を求めるのであれば、自身で別途インターネットの契約を行うのがおすすめです。

利用開始後に契約期間を変更できる?

基本的には利用開始後に契約期間を変更することは難しいですが、一部プロバイダでは可能です。

たとえば、ソフトバンク光やビッグローブ光では利用開始後に契約期間やプランを変更できます。変更の際には、事務手数料や工事費用が発生するので注意が必要です。

利用開始後に契約期間を変更したい場合は、契約しているプロバイダに問い合わせをしてみましょう。

光回線は引っ越しても使い続けられる?

引っ越し先の物件が光回線に対応していれば使い続けることが可能です

物件探しの段階で光回線に対応しているか確認をするか、引っ越しの住所変更を契約しているプロバイダに伝えると、引っ越し先でも継続利用が可能か調べてくれます。

賃貸でも光回線は導入できる?

賃貸でも光回線は導入できます

賃貸でも光回線に対応している物件は増えています。物件探しの際に光回線対応の物件を選ぶ、光コンセントがあるかどうかを確認することで、賃貸でも光回線を利用可能です。

趣味がオンラインゲームなど、安定した高速通信が必須の人は、光回線が導入可能な物件を選びましょう。

一人暮らしのインターネットまとめ

一人暮らしのインターネットについてまとめました。最後におさらいしていきましょう。

一人暮らしのインターネットまとめ
  • 一人暮らしで使えるインターネットは「ホームルーター」「ポケット型WiFi」「光回線」
  • 「ホームルーター」は工事不要だが家に据え置き
  • 「ポケット型WiFi」は外出先でも利用できるが速度が遅め
  • 「光回線」は高速通信だが工事が煩雑
  • 一人暮らしのインターネットの場合、ホームルーター・ポケット型WiFiなら「カシモWiMAX」、光回線なら「ソフトバンク光」がおすすめ

一人暮らしで使えるインターネットは「ホームルーター」「ポケット型WiFi」「光回線」の3種類があります。

それぞれにメリット・デメリットがありました。「光回線」は高速通信が可能ですが、開通までに工事が必要など煩雑な面があります。

「ホームルーター」は工事不要ですぐに使えますが、家に据え置きなので持ち出せません。「ポケット型WiFi」も工事不要で利用でき、外出先でも利用可能ですが速度は遅めとなっています。

プロバイダを選ぶ際は、通信費用の総額や、通信速度の実測値、サポート体制などで比較して選ぶことが重要です。

一人暮らしのインターネットは、ホームルーターとポケット型WiFiなら「カシモWiMAX」、光回線が「ソフトバンク光」がおすすめです。