WiFiを外で使う方法とおすすめWiFiを解説!利用時の注意点も

※当記事はPRを含みます。
※カシモWiMAXは株式会社マーケットエンタープライズの関連会社、株式会社MEモバイルが運営しています。

外出先でも大きいデータをやりとりしたり、PCやタブレットを利用するのにWiFiを使いたい時がありますよね。

この記事ではWiFiを外で使う方法や、接続できるWiFiの種類、利用時の注意点について徹底解説していきます。

外で使う時におすすめのWiFiについても紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

WiFiを外で使う4つの方法

WiFiを外で使う際、主に4つの方法があります。

  • フリーWiFiを利用する
  • 有料のWiFiスポットを利用する
  • スマホのテザリング機能を使用する
  • ポケット型WiFiを使用する

それぞれの特徴などについては以下の表にまとめました。

種類 通信速度 安全性 データ容量 利用料金
フリーWiFi 遅い 制限がある場合あり 無料
WiFiスポット 速い 制限なし 有料
テザリング 速い スマホのプランに準拠 無料
ポケット型WiFi 速い 多い 有料

それぞれのメリット・デメリットについても見ていきましょう。

(1)フリーWiFiを利用する

フリーWiFiは、カフェ、駅、商業施設、コンビニなどで利用できる無料のWiFiです。

スポット数が多く無料で利用できるので、急いでいる時や急にWiFiが必要になった時に便利です。

一方、接続している人数も多いので通信が遅い点や、誰でも接続できてしまうので安全性が低いといったデメリットがあります。

データ通信の大きい動画のやりとりや、機密情報を含んでいる会社のPCなどを接続するのは控えたほうが良いでしょう。

メリット

無料で使える

スポットが多い

デメリット

接続人数が多いと遅い

安全性は高くない

(2)有料のWiFiスポットを利用する

携帯キャリア、プロバイダなどもWiFiスポットを提供しています。申し込めば無料で使えたり、有料のオプションに加入していたりすると、WiFiスポットを利用できます。

大手キャリアの提供しているWiFiスポットは以下の通りです。

スポット名 スポット数 条件 月額料金 申し込み
au Wi-Fiスポット 200,000箇所以上
(UQモバイルユーザーも利用可能)
LTEダブル定額 for Tab/for Tab(i) 513円/月(税込) 不要
その他のauプラン 無料 不要
スマホ以外の端末の利用 330円/月(税込) 必要
ドコモ d Wi-Fi 200,000箇所以上 dポイントクラブに会員登録 無料 不要
ソフトバンクWi-Fiスポット 460,000箇所以上 フラット型データ定額サービス・プラン 無料 不要
それ以外のプラン 513.7円/月(税込)
(加入から2年間無料)
不要

基本的に契約している回線のスポットWiFiは無料で利用できますが、プランやサービスによっては月額料金が発生します。事前の申し込みが必要となる場合もあるので、使用前に確認しましょう。

キャリア以外のプロバイダを利用している場合、UQモバイルはauのWiFiスポットが利用できます。それ以外はドコモのWiFiスポットがdポイントクラブ会員であれば無料で利用できるのでおすすめです。

プロバイダによって利用できるスポット数に差があり、一番スポット数が多いのはソフトバンクとなっています。

メリット

スポットが多い

暗号化されていて安全

デメリット

料金が発生する場合がある

プロバイダによってスポット数が異なる

(3)スマホのテザリング機能を使用する

スマホのテザリング機能は、スマホをルーター端末代わりとして利用し、スマホのデータ容量をPCやタブレットなどの他端末と分け合える技術です。

スマホのデータ容量を使用しているので、契約しているプランのデータ容量が少なければ大きいデータのやりとりはできません。また、プロバイダによってはテザリングを使用するために事前に申し込みが必要です。

テザリングを利用すれば、新規で回線契約をする必要がないので簡単に使えるのはメリットと言えます。少ないデータ容量を短時間利用する場合はテザリングも検討してみましょう。

メリット

新規の回線契約が不要

デメリット

使えるデータ容量が少ない

事前に手続きが必要な場合もある

iOSでのテザリング利用方法

iOSでのテザリング利用の手順は以下の通りです。

  1. 「設定」を開く
  2. 「インターネット共有」を選択
  3. WiFiに接続する際に必要なパスワードを設定
  4. 「インターネット共有」を有効にする

設定したパスワードを接続したい端末に入力することでWiFiを利用できるようになります。

Androidでのテザリング利用方法

iOSでのテザリング利用の手順は以下の通りです。

  1. 「設定」を開く
  2. 「テザリング」を選択
  3. 「WiFiアクセスポイントを設定」
  4. WiFiに接続する際に必要なパスワードを設定
  5. 「WiFiテザリング」のチェックボックスにチェックを入れる

AndroidもiOSと同じく、設定したパスワードを入力することで、他端末でWiFiが利用できるようになります。

(4)ポケット型WiFiを使用する

外出先でのWiFiの利用頻度が高かったり、大きいデータのやりとりが頻繁にあるようであれば、ポケット型WiFiを契約するのも検討してみましょう。

別途回線を契約するので、5,000円程度の月額料金はかかりますが、プロバイダによってはデータ容量無制限でどこでもWiFiが利用できるようになります

また、ポケット型WiFiの場合は自分だけがWiFiに接続できるので、安全性も高いです。仕事で利用しているPCなども安心して接続できます。

メリット

通信の安全性が高い

通信環境が安定している

デメリット

別途回線契約が必要

月額料金が発生する

ポケット型WiFiはどこで買えるのか知りたい方は、こちらもあわせてご一読ください。

WiFiを外で使うときの注意点

WiFiを外で使う時に、いくつか注意点があります。各種類の接続方法と注意点をまとめました。

  • フリーWiFi
    正規のWiFiスポットか確認する
    暗号化されたWiFiか確認する
  • テザリング
    事前契約が必要な場合がある
    スマホのデータ容量を消費する
  • ポケット型WiFi
    充電する必要がある
    速度制限にかかることがある

それぞれについて詳しく解説していきます。

フリーWiFi|正規のWiFiスポットか確認する

フリーWiFiを利用する時は、接続先が正規のWiFiスポットか必ず確認しましょう。

フリーWiFiの近くには、よく似た名前に設定されているアクセスポイントがある場合もあります。これは店舗などが提供しているフリーWiFiではありません。

正規ではない、よく似たフリーWiFiは、悪意をもって設定されている可能性が高いです。間違って接続してしまうと、情報を抜かれたり、端末を乗っ取られたりする危険性があります

フリーWiFiを利用する際は、必ず掲示されている正規のWiFiスポットに接続するようにしてください。

フリーWiFi|暗号化されたWiFiか確認する

WiFiで通信を行う際に、暗号化されていれば通信内容の傍受などを防げます

フリーWiFiの中には、暗号化されているものと、されていないもの両方があります。もし使いたいフリーWiFiが暗号化されていない場合は、安全性が低いので接続を控えましょう。

WiFiが暗号化されているかどうかは、WiFiのネットワーク名の横に鍵のマークがついているかどうかでわかります。

鍵マークがついていれば暗号化されているので、フリーWiFiの中でも比較的安心して使えます。

テザリング|事前契約が必要な場合がある

テザリングは自身のスマホを利用するので手軽で簡単にWiFiを利用できる手段です。

ただし、プロバイダやサービスによってはテザリングの利用に事前契約が必要な場合があります

以下に主要なプロバイダのテザリング利用状況をまとめたので、参考にしてみてください。

テザリング利用 事前申し込み 速度制限 価格(税込)
au 必要 あり 無料
ドコモ 不要 なし 無料
ソフトバンク 必要 あり 一部プラン有料
月額550円
UQモバイル 不要 あり 無料
povo 不要 あり 無料
ahamo 不要 あり 無料
ワイモバイル 不要 あり 無料
LINEMO 不要 あり 無料

テザリング|スマホのデータ容量を消費する

テザリングはスマホのデータ容量を使用します。

スマホを契約していうプランが無制限・大容量プランであれば、データ容量を心配する必要はあまりありません。

しかし、小容量プランの場合は、テザリングでデータ容量を使ってしまうと、スマホが通信制限にかかってしまいます

小容量プランの人はテザリングの頻度や時間を短くして対応しましょう。テザリングの機会が多いようであれば、スマホの契約を無制限・大容量プランに変更することも検討してみてください。

スマホが通信制限になるとどうなるのか把握したい方は、こちらの記事をあわせてご一読ください。

ポケット型WiFi|充電する必要がある

ポケット型WiFiは、充電式のルーター端末です。そのため、充電がなくなるとWiFiが使えなくなります

端末にもよりますが、フル充電であっても連続で使用できるのは9~12時間程度です。1日中使うことはできません。

モバイルバッテリーなどがあれば、ポケット型WiFiを充電できます。長時間の連続使用を考えている人は別途用意しましょう。

ポケット型WiFi|速度制限にかかることがある

ポケット型WiFiは速度制限にかかる場合があります。

主な原因としては「データ容量の制限を超えた場合」と、「短期間に大量のデータ通信を行った場合」の2つに分けられます。

「データ容量の制限を超えた場合」は、ポケット型WiFiの契約プランが基準です。

プランで定められているデータ容量を超えてしまった時に速度制限にかかってしまうので、データ容量の残りを客員しましょう。速度制は翌月まで解除されないので注意が必要です。

「短期間に大量のデータ通信を行った場合」は、無制限プランでも発生します。

データ容量の残りが問題なくても、短期間に大量のデータ通信を行うと通信品質を維持するために速度制限がかかります

詳しい基準や制限の期間は公開されていませんが、速度制限は一時的なものなので数時間から数日の間に解除されることがほとんどです。

外で使うおすすめのWiFiはWiMAX

外で使えるWiFiは様々な種類がありましたが、ポケット型WiFiを契約するのがセキュリティ面でもおすすめです。

ポケット型WiFiも種類がありますが、外で使うおすすめのWiFiはWiMAXです。おすすめの理由は4つあります。

  • 通信速度が速く安定している
  • au・UQモバイルとのセット割引がある
  • 違約金負担キャンペーンがある
  • 安心のセキュリティ対策

それぞれ詳しく解説していきます。

理由1|通信速度が速く安定している

WiMAXをおすすめする理由の1つとして、通信速度が速く安定していることが挙げられます。

WiMAXは独自の通信規格なので、通信速度が速く安定しているのが特徴です。WiMAXの実測値は以下の通りです。

平均下り速度 平均上り速度 平均ng値
111.36Mbps 22.1Mbps 42.5ms
出典:みんなのネット回線速度
機種:Speed Wi-Fi 5G X12 ※直近3ヵ月の平均値

下り速度が70Mbps以上出ています。これはゲームなどを行っても問題ないような速度です。

WebサイトやSNSの閲覧はもちろん、動画なども快適に視聴できます。

必要下り速度の目安は次の通りなので、参考にしてみてください。

用途 必要下り速度目安
Webサイト閲覧 1Mbps
LINE(トーク) 1Mbps
LINE(ビデオ通話) 0.5Mbps〜1.5Mbps
Twitter閲覧 2Mbps〜3Mbps
YouTube視聴 0.7Mbps〜5Mbps
オンラインゲーム 30Mbps〜100Mbps

理由2|au・UQモバイルとのセット割引がある

auもしくはUQモバイルでスマホを契約しているユーザーは、WiMAXを契約する際にプロバイダによってはセット割引があります。

WiMAXのポケット型WiFiを契約すると、au・UQモバイルで契約しているのスマホ代から月額最大1,100円(税込)の割引きとなります。

au・UQモバイルユーザーはお得にWiMAXが利用できるのでおすすめです。

理由3|違約金負担キャンペーンがある

WiMAXはプロバイダによってキャンペーンの内容が違います。

プロバイダの中には、違約金負担キャンペーンを行っているところもあり、解約の負担を軽減してくれます

すでに別のプロバイダでポケット型WiFiの契約をしていて、違約金がかかる場合は、乗り換え先に違約金負担キャンペーンがあるWiMAXプロバイダを選びましょう。

理由4|安心のセキュリティ対策

高いセキュリティ対策がされているのも、WiMAXをおすすめする理由の一つです。

WiMAXでは契約者を認証して通信サービスを提供しており、WiFiを利用した無線通信もAESという非常に安全性の高い暗号化技術を採用しているので、安心してWiFiを利用できます。

また、プロバイダによってはセキュリティをさらに強化できるオプションサービスを提供しているところもあります。ビジネスでの利用が多いなど、高いセキュリティが求められる場合はあわせて検討してみましょう。

外で使うおすすめのWiMAXプロバイダ3選

WiMAXは利用している回線が同じなので、どのプロバイダを選んでも通信品質やデータ容量に違いはありません。

料金やキャンペーンはプロバイダによって変化します。ここでは外で使うおすすめのWiMAXプロバイダを3つ紹介します。

カシモWiMAX │ 端末代金実質0円

カシモWiMAX
(税込) カシモWiMAX
データ容量 実質無制限
月額料金
(縛りなしプラン)
契約初月:1,408円
翌月〜:4,818円
初月の料金 1,408円
(日割りなし)
スマホセット割引 au:最大1,100円/台
UQモバイル:最大1,100円/台
端末代金 実質0円
(770円/月を36ヵ月割引)
事務手数料 3,300円
キャッシュバック Amazonギフト券10,000円
3年間の合計料金
ーキャッシュバック
160,038円
実質月額料金 4,446円
違約金 0円
支払い方法 クレジットカード
契約期間の縛り なし
5G対応
▼実質月額料金の計算はこちら
月額料金(税込) カシモWiMAX
初月 1,408円
1~36ヵ月目 4,818円
機種代金 0円
キャッシュバック -10,000円
合計 160,038円
実質月額料金 4,446円

カシモWiMAXは弊社の関連会社であるMEモバイルが運営する、シンプルな料金プランが特徴のWiMAXプロバイダです。

月額料金が、初月は1,408円(税込)で、その後はずっと月額4,818円(税込)となります。利用しているうちに割引きの適用期間が終了して、通信費が跳ね上がることもないので安心です。

さらに、端末分割サポートを利用すると、通常27,720円(税込)のルーター端末が実質0円になります。

au・UQモバイルユーザーは、月額1,100円(税込)がスマホ代から割引きになるセット割もあります。

初期費用を抑えてWiMAXを使い始めたい人にはカシモWiMAXがおすすめです。

GMOとくとくBB WiMAX │ コスパ重視の人におすすめ

(税込) GMOとくとくBB WiMAX
データ容量 実質無制限
月額料金 契約初月:1,375円
翌月以降:4,807円
初月の料金 日割りなし
スマホセット割引 au:最大1,100円/台
UQモバイル:最大1,100円/台
端末代金 実質0円
(770円/月を36ヵ月割引)
事務手数料 3,300円
キャッシュバック 23,000円
3年間の料金
ーキャッシュバック
146,620円
実質月額料金 4,073円
違約金
支払い方法 クレジットカード
契約期間の縛り 2年
(実質縛りなし)
5G対応
▼実質月額料金の計算はこちら
月額料金(税込) GMO WiMAX
初月 1,375円
1~36ヵ月目 4,807円
機種代金 0円
キャッシュバック 23,000円
合計 146,620円
実質月額料金 4,073円

コスパの良いWiMAXプロバイダを探している人にはGMOとくとくBB WiMAXがおすすめです。

月額料金が12ヵ月まで4,000円以下と最安級に設定されています。端末代金はかかりますが、キャッシュバックキャンペーンを行っているので、端末代を考慮しても実質料金が安いです。

使っているうちに月額料金が変動する点には注意が必要ですが、とにかく安くWiMAXを利用したい場合はGMOとくとくBB WiMAXを検討してみましょう。

Broad WiMAX │ 違約金負担あり

Broad WiMAX
  
(税込) Broad WiMAX
コスパDXプラン
データ容量 実質無制限
月額料金 初月:1,397円
1~36ヵ月目:3,773円
初月の料金 1,397円
(日割りなし)
スマホセット割引 au:最大1,100円/台
UQモバイル:最大1,100円/台
端末代金 31,680円
事務手数料 3,300円
+
初期費用
20,743円
キャッシュバック
3年間の料金
ーキャッシュバック
165,132円
実質月額料金 4,587円
違約金 4,818円
支払い方法 クレジットカード
口座振替
契約期間の縛り 2年
5G対応
▼実質月額料金の計算はこちら
月額料金(税込) Broad WiMAX
コスパDXプラン
初月 1,397円
1ヵ月目~36ヵ月目 3,773円
機種代金 31,680円
キャッシュバック 0円
合計 165,132円
実質月額料金 4,379円

Broad WiMAXは、違約金負担のキャンペーンがあるプロバイダです。

申し込みフォームから申請すれば、最大19,000円(非課税)の違約金負担キャッシュバックが受けられます。端末代金の負担等はありませんが、解約の費用を抑えて乗り換えが可能です。

すでに別のWiFiを契約していて、違約金を負担をしてくれる乗り換え先を探している人には、Broad WiMAXがおすすめです。

WiFiを外で使う方法まとめ

WiFiを外で使う方法についてまとめました。最後におさらいしましょう。

WiFiを外で使う方法まとめ
  • 外でWiFiを使うには「フリーWiFi」「有料のWiFiスポット」「テザリング」「ポケット型WiFi」の4種類がある
  • 外で利用するポケット型WiFiのおすすめはWiMAX
  • ポケット型WiFiの契約なら「カシモWiMAX」がおすすめ

外でWiFiを使うには「フリーWiFi」「有料のWiFiスポット」「テザリング」「ポケット型WiFi」の4種類がありました。

フリーWiFi」は無料で使えて便利ではありますがセキュリティが高くないため、とくにビジネスで利用している端末を繋ぐのはおすすめしません。「有料のWiFiスポット」は数が多いですが、オプションへの加入などが必要です。

テザリング」はスマホのデータ容量を利用しているので、小容量プランを契約している場合はデータ容量の残りに注意しましょう。

ポケット型WiFi」は高いセキュリティでビジネスシーンでも安心して使えます。充電機器を持っていれば長時間使用もできます。

ポケット型WiFiを契約する場合は、通信が高速で安定しているWiMAXがおすすめです。データ容量も無制限で、セキュリティ対策も万全です。au・UQモバイルユーザーはセット割を適用できます。

おすすめのWiMAXプロバイダは「カシモWiMAX」です。シンプルな料金プランと端末代金が実質0円になるのが魅力です。初期費用を抑えてWiMAXを使い始めたい人はカシモWiMAXを検討してみましょう。