string(2) "18"
2023.03.31

オフィス増床に伴い、一拠点に集結!本社×京橋ブランチ合同オープニングセレモニー

  • MEジャーナル
  • Culture
  • オフィス増床に伴い、一拠点に集結!本社×京橋ブランチ合同オープニングセレモニー

マーケットエンタープライズは組織の拡大に伴い本社オフィスを増床した。これにより、同じエリアにある京橋ブランチのメンバーも2023年5月に本社へ集結する。

今回は本社増床を記念してオープニングセレモニーを開催。当日は75名が参加した。本社と京橋ブランチメンバーの横のつながりを強化する目的で行われた今回のセレモニーについて、本記事では当日の様子を紹介する。

マーケットエンタープライズでは
一緒に働く仲間を募集しています!

オープニングセレモニーの目的と背景

MEでは会社全体の情報を共有したり、組織の横断的なつながりを作る目的で、拠点や部署ごとにキックオフなどの社内イベントを定期的に開催しています。今回は本社オフィスの増床に伴い、本社と京橋ブランチに在籍するメンバーを対象としたオープニングセレモニーを実施しました。

2拠点の距離は数十メートル。普段から行き来するメンバーがいるほどの近さですが、コロナの影響でオフラインでのイベントを開催できず、リモートワークが推奨されていたこともあって、コミュニケーションを図る機会が生まれづらい状況でした。

そこで今回は、オフィスを共にして働くメンバー同志の『ヨコの繋がり』を強化するべく、コミュニケーションの活性化を目的とした社内イベントを開催しました。本記事では、当日の様子を振り返ります。

宴のセッティングがスタート

これまではオフラインでの社内イベントも開催していましたが、コロナにより約3年ぶりとなるオフラインのイベントとなりました。

総務と秘書メンバーが夕方から準備を進めます。机のセッティングやモニターの設置や音声確認、飲食の手配など、準備をしてくれる人たちがいるからこそ、安心してイベントに参加できるのは言わずもがなです。

ケータリングはおいしそうなオードブルが!サーモン、野菜、エビフライなど14種類のメニューが並び、彩り豊かです。食事は食べやすいワンカップサイズだったため、立食でも食べやすくメンバーからも好評でした。

お酒やソフトドリンクはビニールプールでキンキンに冷やします。大量のドリンクを冷やすとなると、冷蔵庫やクーラーボックスには収まりきらず、そこで用意されたのがこちらのビニールプールです!

さあ準備万端。いよいよセレモニーがスタートします。

本社5F、オープニングセレモニーがスタート!

普段は同じエリアで働くものの、これまではコロナ禍により業務以外でコミュニケーションを図る機会が作りづらかった3年間でした。

・社内報やチャットを通じて名前は知っているものの、直接話したことがない
・業務で一度は関わったことがあるが、それ以外でコミュニケーションを取るきっかけがない
・コロナ禍に入社し、皆マスクをしているので他部署の人の顔がよくわからない

そんな不安をもったメンバーもいたことでしょう。続々と会場に人が集まる中、緊張や不安そうな表情をしていたメンバーがいたことも事実です。

しかし開始時間になると、広々としたスペースが一気に賑わい始めます。そんな中、オープンセレモニーがいよいよ開幕!司会は当社ブログ「ME Journal」編集長が担当します。

開会の挨拶ということで代表の小林より挨拶がありました。久々のオフラインでの社内イベントであることや、今回のセレモニーを開催することになった背景などが伝えられました。

そしていよいよ乾杯!本社5Fの増床を記念したオープニングセレモニーがスタートしました。

各部門による発表&メンバーの紹介

今回のイベントの目的はオフィスを共にして働くメンバー同士の「ヨコの繋がり」を強化すること。まずはお互いのことを知ろう、ということで部門ごとの発表を行いました。

部門ごとに資料を用意し、モニターに映しながら発表。各部門がどのような役割を担い、普段どのような業務をしているのか紹介しました。

中には所属メンバーそれぞれの自己紹介をする部門も。メンバーの意外な一面を知る機会にもなりました。

発表方法は各部署にお任せ。真面目な発表もあれば、個性溢れる発表もあり、終始盛り上がりを見せていました。

発表の中には、クイズ形式で事業紹介をする部署や今期の決意表明もありました。

当日誕生日のメンバーがいたので、サプライズでお祝いをする場面も。

各部署のPRを含めた、創意工夫が垣間見える時間となりました。

自然とコミュニケーションが生まれる時間

最初は緊張感のある空気でしたが、プールをみんなで囲んで飲み物を譲り合うなど、コミュニケーションが生まれるきっかけになっていました。

並べられたオードブルも種類が豊富なので、どれを取ろうか悩んでいる人がいれば、「これが美味しかったです」と自然とコミュニケーションが生まれていました。

始めは同じ部署、拠点間で固まっていたメンバーも、この頃には分け隔て拠点関係なくコミュニケーションを取る人たちで溢れていました。仕事の話はもちろん、プライベートな話や部署発表の話など、それぞれが交流を図る機会になったのではないでしょうか。

セレモニーも佳境に差し掛かり、終始笑い声に包まれる空間もそろそろお開きです。

最後は、いま話題のあのポーズで

最後はMEの社内イベント恒例の集合写真。話題の「ペッパーミルポーズ」で集合写真を撮影しました。皆の笑顔が凝縮されたカットになったのではないでしょうか。

まとめ

部署や拠点の垣根を越え、関係性の深まりが加速していったイベントになりました。参加者からは「普段は業務上接点のないメンバーとも話しができる良い機会となり、参加して良かった」「コロナ前に毎年実施していたオフラインのキックオフを思い出した。良い文化なのでこういった機会は大切にしていきたい」などの声が届いております。

1人では、多くの人とコミュニケーションを取れる機会に限界がありますが、MEではこのようなイベントが定期的に開催されるので、あとはそれぞれが主体的に一歩踏み出す勇気を出せば、たくさんの道が拓けると実感したイベントでした。

関連記事

\一緒に働く仲間を募集しています/

会社の拡大期を共に創り上げる仲間を探しています。 新卒・中途・アルバイト各種採用を通年で実施しています。

記事を書いた人

Journal編集部

SNSをフォローする
採用サイト

他にこんな記事も読まれています

SNSをフォローする

SHARE

Group Company