string(3) "483"

法人契約できる工事不要のWiFiとは?選び方やおすすめも紹介

今日、企業では様々な働き方が広がっている。例えば、オフィスでは、フリーアドレスの導入をしていたりテレワークを推進する動きがある。様々な働き方に適応していくために、企業においても通信環境の改善は必要不可欠である。

オフィス移転のことを想定したり、すぐに利用を開始したい要望などから、工事不要で利用を開始できるWiFiの需要が高まっている。

この記事では、工事不要のWiFiとはどういうモノなのか、法人向け工事不要で利用できるWiFiの選び方などを解説する。

工事がいらないWiFiとは?光回線との違い

工事不要のWiFiとは?

工事不要のWiFiはその名の通り、工事をせずにWiFiの利用を開始できるWiFiです。属に「据え置き型WiFi」「ホームルーター」「置くだけWiFi」などと称されています。工事が不要なので、契約し、端末が到着したらコンセントに挿し、置くだけで接続を完了できます。(※工事不要WiFi、以下「据え置き型WiFi」と記します。)

光回線との違い

では、据え置き型WiFi(ホームルーター)と工事が必要な光回線とは何が異なるのでしょうか?

据え置き型WiFi(ホームルーター)と光回線の比較

表でもわかるように、据え置き型WiFi(ホームルーター)のほうが、メリットも多くおすすめです。詳しく見てみましょう。

月額料金

光回線は月々5,000円程度~、据え置き型WiFi(ホームルーター)は月々4,000円程度~利用できます。
この料金は目安ですが、各社が出しているプランによって、料金も変わってきます。

初期費用

工事不要ですと、工事費もかかりません。そのため、初期費用を大幅に抑えることができます。

利用開始までにかかる時間

光回線は工事が必要です。工事によって、利用開始までには1~2ヶ月かかることがあります。時期によっては工事の予約が立て込んでいて、さらに時間がかかる場合もあります。一方で据え置き型WiFi(ホームルーター)は工事が必要ありませんので、最短契約の翌日から利用を開始できます。

法人向け据え置き型WiFi(ホームルーター)の選び方

法人契約できる据え置き型WiFiは、いくつかあります。
ここからは、法人利用契約できる据え置き型WiFi(ホームルーター)の選び方や比較のポイントについて説明していきます。

01 価格

まずは、価格です。もちろん、会社の経費を考えても、少しでも安く済ませられるに越したことはないでしょう。月々の料金だけでなく、入会金や解約料金など、別途料金もWiFiによって異なるので、チェックしておきましょう。

02 料金形態

価格だけでなく、料金形態も重要です。料金形態は、経費計算のしやすさや、予算のたてやすさに影響します。例えば、キャンペーンやオプションが発生すると月額が変動しますが、
月額料金が一定であると、固定費の経費管理が楽になるでしょう。

03 支払い方法

支払い方法は、経理の手間を左右します。
法人にとって、最も一般的で都合が良いのは請求書払いでしょう。プロバイダーによっては、請求書払いに対応していないので気をつけましょう。

04 契約方法

契約までの準備が多いと、時間と手間がかかります。
WEB上のみで契約ができる場合と、契約のために、会社情報を細かく提示したり、そのための書類を準備する場合があります。よりスムーズに簡単に契約できる方法を選ぶと良いでしょう。

05 通信容量

通信容量に制限があるWiFiと無制限のWiFiがあります。制限がある場合、オーバーしてしまうと通信速度に制限がかかります。速度制限になってしまうことは、仕事を進める上で致命的です。通信容量を節約しながら仕事をすることも難しいので、法人利用には、通信容量を気にせずに利用できる無制限のWiFiが適していると言えるでしょう。

法人契約におすすめの据え置き型WiFi(ホームルーター)

以上のポイントを踏まえて、おすすめの据え置き型WiFi(ホームルーター)を紹介します。

おすすめはカシモWiMAX

01 シンプルに安い料金プラン

カシモWiMAXは、通信容量無制限、月額料金3,980円(税抜)で利用できる業界最大級のWiFiです。この月額料金は解約するまで、ずっと変わりません。膨大な経費を管理する企業にとって、月額料金が一定であることで手間を1つ省くことができるでしょう。また、端末を分割でご購入の場合、毎月の端末代の支払いが0円、さらに工事費の料金がかからないので初期費用を抑えることができます。

02 請求書払いができる

カシモWiMAXでは、請求書払いが可能です。
請求書払いでしたら、同月で追加の契約をしたとしても、支払い作業が一度で済むので、経費管理の効率化にも繋がるでしょう。

03 WEBで簡単契約

カシモWiMAXは、WEB上のみで契約が完了します。企業に関する情報など、書類の提出は一切必要ありません。面倒な手続きがなく、簡単に契約できるので、利用開始までがスピーディーです。

04 安心で実績のある人気プロバイダー

カシモWiMAXは、株式会社カカクコムが運営する「価格.com」内の「モバイル回線プロバイダ 人気ランキング2022年」において、モバイルルーター部門・ホームルーター部門で共に年間1位となり、総合ランキング1位を獲得しています。評価が高く実績のあるプロバイダーなので、安心です。

カシモWiMAXには、法人様向け専用ページがあります。
お申し込みはWEB上で2分で完了!
必要な書類の提出はなく、最短翌日に届いて利用を開始できます。

法人様向けのプラン内容の紹介と自動見積フォームも用意しており、
社内の確認もスムーズに行えます。
見積もりは、PDFダウンロード・印刷も可能です。

法人がカシモWiMAXを契約する前に注意すること

カシモWiMAXを契約する上で2つの注意点があります。確認しておきましょう。

01 有線で繋げる台数に限りがある

カシモWiMAXは、有線の接続も可能ですが、有線で繋げる台数には限りがあります。ただ、有線を使いながら無線のWiFiを繋ぐこともできるので、無線も含めて複数台の同時接続は問題なくできます。

02 端末代がかかる

カシモWiMAXでは端末はレンタルではなく購入いただいているため月額料金とは別に端末料金がかかります。
カシモWiMAXは初月に端末を一括で購入する方法と、端末を36回分割で購入する方法の2種類があります。
端末を分割で購入の場合、端末料金と同額の割引が適用されるため月々の端末料金の支払いが0円になるためおすすめです。

例えば…

12ヶ月後に解約の場合の端末料金お支払額
一括で購入:初月に21,780円
分割で購入:月々の端末代の支払い0円
実際にお支払いいただく端末料金:21,780円-605円×12ヶ月=14,520円

よって、端末を分割で購入すると7,260円お得になります。

まとめ

ここまで、法人契約できる据え置き型WiFi(ホームルーター)について紹介していきました。

法人向けには、様々なネット回線やプロバイダーの種類があります。自社のニーズを踏まえて、複数のプロバイダーを検討すると良いでしょう。

月額料金が変わらず、WEBで簡単に申し込みができ、すぐに利用できるカシモWiMAXがおすすめです。

カシモWiMAXなら、シンプルにずーっとお得!
工事不要で、申し込みは書類不要

関連記事

サービスや提携など、マーケットエンタープライズにご相談ください

株式会社マーケットエンタープライズは東証プライム上場企業です。「持続可能な社会を実現する最適化商社」をビジョンに掲げ、ネット型リユース事業を中心に、メディア事業、モバイル通信事業を展開しています。

記事を書いた人

Journal編集部

SNSをフォローする
採用サイト
関連情報

他にこんな記事も読まれています

SNSをフォローする

SHARE

Group Company