2022年1月〜3月中古スマホ取引数ランキング ~iPhone 12人気の裏に新型コロナウイルス 主要4市場より抽出された中古スマホ相場データより分析~|PRESS RELEASE|ニュース|Market Enterprise
All
YEAR YEAR
2022.04.26

2022年1月〜3月中古スマホ取引数ランキング ~iPhone 12人気の裏に新型コロナウイルス 主要4市場より抽出された中古スマホ相場データより分析~

株式会社マーケットエンタープライズ

株式会社マーケットエンタープライズ(東京都中央区、代表取締役社長:小林 泰士、東証プライム・証券コード3135)は、当社が運営するウェブメディア「iPhone 格安SIM 通信」(https://www.kashi-mo.com/media/)にて提供している、フリマアプリやインターネットオークション等主要4市場を総括した中古スマートフォン相場比較サービスより抽出した中古スマホ取引データの分析を行いましたので発表します。
調査の詳細はこちら:https://www.kashi-mo.com/media/133627/

■分析結果概要
1. 早くもiPhone 12がランク入り ここにも新型コロナウイルスの影響が・・・
2. 1位は変わらずiPad Air2 iPad(第5世代)・iPad(第6世代)の取引増加
3. 1万円以下で購入可能なXperiaシリーズが人気
【総評】長引く新型コロナウイルスの影響で高まるiPhone 12人気

1.早くもiPhone 12がランク入り ここにも新型コロナウイルスの影響が・・・

前回の調査では10位までの半数を占め、2位にランクインするなど大躍進したiPhone SEでしたが、今回の調査では勢いが落ち着き、再びiPhone 8が上位3位を独占しました。
発売から4年以上経過しているiPhone 7とiPhone 8ですが、1万円弱〜1万5,000円程度という安価で入手できるのにも関わらず、充分なスペックを備えていることから、人気が衰えずに継続して取引されています。
また、iPhone 12 64GBの取引量が増加し、初のトップ10入りとなりました。
流通しているほとんどが、新品・未使用のSIMロック解除済みの端末です。
一部の家電量販店では、MNPによる他社からの乗り換えで一括10円や9,800円というキャリア版iPhoneセールが実施され、取引数が一気に増加したと見ています。
さらに、3月に公開されたiOSアップデートにより、iPhone 12以降の端末で、マスクを着用したままFace IDが使用可能となりました。これが、iPhone 12の人気向上につながっていると言っても過言ではないでしょう。

2. 1位は変わらずiPad Air2 iPad(第5世代)・iPad(第6世代)の取引増加

iPad全体の取引数は、前回の調査(2021年10月~12月)と比べ19.3%減少となりました。
トップは15,000円前後という価格が人気のiPad Air 2 16GBで、取引数は前回の調査とほぼ変わらず。
一方で、iPad(第5世代)や iPad(第6世代)の取引数が増加しました。

3. 1万円以下で購入可能なXperiaシリーズが人気

Androidに関する詳しい解説は、こちらをご覧ください。
https://www.kashi-mo.com/media/133627/


■分析:中古モバイル市場アナリスト 菅野 辰則
現在、昨年9月のiPhone 13、3月のiPhone SEなどの新機種発売により、新機種への乗り換え需要が高まっています。
iPhone 13シリーズの実質1円キャンペーンや、家電量販店のキャリア版iPhoneセールにより、市場全体の取引量が増加している為、中古市場への影響も少なくないと見ています。
また、今回の調査では、iPhone SEやiPhone 11ではなく、発売から日が浅いiPhone 12の取引量が増加しました。
3月のiOSアップデートで可能になったマスク着用時の顔認証は、iPhone 12以降が対象で、iPhone SEやiPhone 11は対象とはなりませんでした。
新型コロナウイルスの感染拡大の終わりが見えない中、日常生活でのマスク着用が求められる現在、「マスク着用したままで画面ロックが解除できる」という点は、生活者にとって大きな魅力となり、取引数増加に繋がったと言えるでしょう。
さらに、3月に新型iPhone SE(第3世代)が発売になり、iPhoneの買い替え需要が高まっています。
今後の取引数増加にどのくらい影響を及ぼすのか、注視していきたいと思います。
一方のiPadですが、昨年から続く半導体不足による在庫が足りない状況が、機種によっては現在でも起こっているものの、中古市場での影響はあまり出ていません。
iPad Air(第5世代)の発売により、買い替え需要の高まりも予想されますが、iPhoneと比較すると取引数の増加は大きくないでしょう。                                   
調査の詳細はこちら:https://www.kashi-mo.com/media/133627/

株式会社マーケットエンタープライズ
デジタルマーケティング事業本部
執行役員 菅野 辰則

ソフトウェア開発会社にて、開発業務からスタートし、新会社設立時のWebマーケティング全般の業務を担った後、2010年にマーケットエンタープライズに入社。 当社でWebマーケティングの責任者や経営企画を担当後、現在は、メディア・プラットフォーム事業の責任者に従事する。自社のメディア「iPhone格安SIM通信」や「SIMチェンジ」に集まる膨大なデータの分析・管理能力を活かして、中古モバイル市場の動向を分析するアナリストも兼任する。

■調査概要
調査方法:株式会社マーケットエンタープライズが運営するウェブメディア「iPhone格安SIM通信」で提供している中古スマートフォン相場比較サービスを通じて集積されたデータベースより抽出した中古スマートフォンの取引数・価格を集計
調査対象期間:2022年1月1日から2022年3月31日
調査対象市場:ヤフオク!、ムスビー、メルカリ、ラクマ

■運営メディア
iPhone・Wi-Fi・WiMAXの情報をわかりやすく解説
・iPhone 格安SIM通信:https://www.kashi-mo.com/media/
ガジェット・通信ニュース情報をわかりやすく解説
・iPhone 格安SIM通信YouTubeチャンネル: https://www.youtube.com/channel/UCakZHegYrdh-Y3EasvGf7bw
格安SIM・スマホの通信速度や選び方を解説
・SIMチェンジ: https://simchange.jp/

■株式会社マーケットエンタープライズ
マーケットエンタープライズは、ネット型リユース事業を中心に、メディア事業、モバイル通信事業などを展開しています。「持続可能な社会を実現する最適化商社」をビジョンに掲げ、2006年の設立以来、成長を続けています。2015年6月には東証マザーズに上場。2021年2月に東証一部へ市場変更の後、2022年4月にはプライム市場へ上場しております。ネット型リユース事業では、「高く売れるドットコム」のほか、日本最大級のリユースプラットフォーム「おいくら」や、80か国以上への中古農機具の輸出などで事業拡大を続けており、ネット型リユース事業のサービス利用者は延べ550万人を達成しました。
ウェブサイト:https://www.marketenterprise.co.jp/

【報道関係者からのお問合せ先】
株式会社マーケットエンタープライズ 広報
担当:立花、柏木  
Tel:03-6675-3923 Mail:pr■marketenterprise.co.jp
(■には@が入ります)

SHARE