目次

入社を決めたきっかけ

ユーザーのニーズを満たすデザイン組織を作りたい

これまで勤めていたデザイン制作会社では、日々多くのクライアントワークをこなし納品して完了、といった環境でした。そうした環境から、「自分の制作物に対してエンドユーザーからの評価が見える環境」へとステップアップしたいと思っていたときに出会ったのが、当社でした。私が入社した当時は東証マザーズに上場したばかりで、専門知識を持ったデザイナーがいない状態でした。会社の「内製化されたデザイン組織を作っていきたい」という思いと、私の「ユーザーのニーズを捉えるデザイン組織を作っていきたい」という思いが重なり、入社を決めました。

仕事内容

デザインを通してさまざまな課題解決を行う

グループ各社の事業で抱えているさまざまな課題に対して、デザインでソリューションを提供するのが主な仕事です。媒体は、Webサイト、チラシやポスターなど多岐にわたります。日々多くの課題が積み重なるなかで、どの課題にフォーカスを当てるのかが非常に重要で「ただ見た目をよくする」だけでは事業の成長、売上には結びつきません。「その課題を解決することで何が改善するのか」「どんなインパクトがあるのか」をチーム、事業責任者と話しながら優先順位を決めて日々業務に励んでいます。リリースした後も、効果はどうだったのか、よくなかったら次はどうするか、といった次のアクションを各チームや各事業部門と協力しながら実行しています。

キャリア

1人から組織へ、会社の成長とともにデザインを生み出す

紙媒体メインのグラフィックデザイナーとしてキャリアをスタートしました。ここ十数年はWeb媒体も並行して経験し、当社においては新規事業のロゴデザイン、Webサイトのデザイン、ポスターや社内報など、デザインに関わる業務全般を担当してきました。所属するシステムデザイン本部では開発担当のメンバーと連携することも多く、WebサービスのUI/UX改善にも関わっています。
元々デザイナーは私一人でしたが、今では三人体制のデザインチームへと変わり、より価値のあるデザイン業務の実現へ向け日々チームメンバーと切磋琢磨しています。

これからのビジョン

デザインで世の中を良くしたい

キャリアをスタートさせたときから変わらないものは、「デザインで世の中を良くしたい」という思いです。ただ見た目を良くするデザインを作るのではなく、なぜデザインが必要なのか、デザインが変わるとどんな良いことがあるのか、この課題を解決するために本当に必要なデザインは何なのかといった、より深いデザイン思考を持ち、事業にコミットしたアウトプットをすることを心掛けています。デザインを外注するのではなく、自社内にデザイナーがいたから当社が成長できた、と思ってもらえるような人材になっていきます。

入社を考えている人へメッセージ

自ら主体的に行動できる会社

ビジネスの課題に対して自分は何ができるのかを考え、それを実施できる環境がマーケットエンタープライズにはあります。そういった環境があるからこそ、誰に言われるわけでもなく自然と一つひとつの業務を自分ごととして捉え、考え、行動しているのだと思います。
「主体者集団」という企業理念にもある通り、マーケットエンタープライズのメンバーは誰もが主体性を持っていて、お互いに助け合い、刺激し合い日々業務に励んでいます。
自分の仕事で世の中を少しでも良くしたい。そんな願いが叶えられる会社だと思います。

井桁さんと一緒に働くチームメンバーより

井桁さんとは、これまで5年以上一緒に仕事をしてきました。難しい依頼をすることもありましたが、それに対して落とし所を設定し、きっちりとプロとして仕上げてくれる仕事ぶりには何度も助けられました。
デザインというジャンルは、定量的に成果を測ることが難しいため常に暗中模索の日々だと思います。そんな中でも井桁さんは、心折れずに様々なアイデアから成果に結びつけるバイタリティによって、日々結果を出し続けてくれています。
マーケットエンタープライズという会社自体が成長していく中、デザインに求められる要素も変化していきます。井桁さんはその変化へも柔軟に対応し、企業としてのブランド力を高めていく一翼を担う心強い仲間です。

関連する職種の募集要項